1月24日(日) トップチャレンジ1 三菱重工相模原 43-19 九州電力

DSC_0994

1月24日(日) トップチャレンジ1 三菱重工相模原 対 九州電力

2016年1月24日(日) 12:00キックオフ グラウンド:東大阪市花園ラグビー場
レフリー:河野哲彦 (日本協会A1)
アシスタントレフリー:真継丈友紀 / 立川誠道 / 真鍋翔太
三菱重工相模原
ダイナボアーズ
九州電力
キューデンヴォルテクス
43 FULL TIME 19
31 前半 5
12 後半 14
詳細(TL公式)

マッチサマリー

トップリーグ昇格を目指す各チームによる順位決定リーグ戦トップチャレンジ1も最終節。トップイーストディビジョン1・1位の三菱重工相模原とトップチャレンジ2を勝ち抜いたトップキュウシュウA・2位の九州電力との戦い。共に1勝1敗で勝点5の両チーム、翌週にトップリーグ入替戦を控え、少しでも好位置につけるためには負けられない一戦。冬空の下の東大阪市花園ラグビー場に両チームの応援に駆け付けた1500人を超す観衆の見守る中、九州電力FB荒巻佑輔のキックオフで幕を開けた。

DSC_0454

前半、先手を取ったのは三菱重工。6分にゴール前35m中央付近のラックからBKが左に展開、ライン参加したFB青木和也が回り込み中央にトライ、SHキャプテン西舘健太のゴールも決まり早々に7-0と先制した。さらに13分にはゴール前30m右中間のラックからこれもBKが左にワイドに展開、最後はNo8ミロ デイビッドが左中間に押さえた(ゴール成功14-0)。一方の九電も21分、ゴール前10m左中間付近でのキック処理の争奪戦で右FL小原渉が競い勝ち、フォローしたCTBキャプテン中鶴憲章が左中間に押さえ17-5、反撃を開始するかと思われた。しかしバックロー、TBに強力外国人を配する三菱重工はその後も優位にゲームを支配。36分、42分にもSOハミッシュ・ガード、左FL伊坂健人がトライを挙げ、31-5とリードして前半を終えた。

DSC_0919

後半も先制したのは三菱重工。5分にHL中央付近のラックから出たボールをSOガードがゴール前にキック、上手く拾った左WTBパトリス・オリビエがそのまま左中間にトライ。38-5と九州電力を引き離しにかかる。追いすがる九州電力は19分、10mL中央付近のこぼれ球を左WTB磯田泰成が拾いそのまま中央に押さえるが時すでに遅し。その後、両チームとも1Tずつを挙げるが、三菱重工が前半のリードを守りきり43-19で2位同士の争いを制した。

DSC_1862

勝った三菱重工は勝点を10とし、この時点で首位サニックスに並んだ。強力外国人を中心にパワーで九州電力を圧倒。FW・BK共にキーポジションに破壊力があるだけに入替戦ではどこまでTL勢に通用するか注目される。台風の目として2007-8シーズン以来2度目のTL入りを目指す。敗れた九州電力も三菱重工相模原の疲れの見えた後半には互角に戦うだけの実力と若さがあるだけに、ぜひ立て直して3度目のTL昇格を果たしてほしい。

(記事:石川 悟、丸井康充)

会見ダイジェスト

九州電力キュウデンヴォルテクス 瓜生丈治監督
リコーをターゲットにして、この試合に勝てばより良いポジションで入替戦に臨めるということで準備をしてきた。三菱重工相模原の外人選手を上手く使ったプレッシャーのかかる攻撃に対して良いディフェンスはできていたが、前半、的を絞り切れずに不用意な失点をして波に乗り切れなかった。ただ後半に関しては自分たちのやりたい戦術通りのディフェンスやそこから切り返したアタックができており、後半の出来については次の入替戦に繋がるものだった。

三菱重工相模原ダイナボアーズ 佐藤喬輔監督
しばらくゲームから離れたメンバーが復帰してきたことで、コンビネーションやゲーム勘などに問題があり、イージーミスなどが普段より多かったことを反省して次に臨みたい。トライの形などは良いところもあったので、良い点は伸ばして最後の試合に気持ちを切り替えたい。

(記事:石川 悟、丸井康充)

フォトギャラリー

2016年1月24日(日) 三菱重工相模原対九州電力 ■撮影:山口勝一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

NZU2018

STORES800x600

LINE_800

ページ上部へ戻る