次のステージで活躍できる鍵は「段取り」 〜RugbyWorker 第3回 株式会社クボタ ・ニノ丸友幸〜

次のステージで活躍できる鍵は「段取り」

今回は株式会社クボタの二ノ丸友幸さん。スクラムハーフとしてプレーし、高校日本代表、クボタスピアーズの元トップリーガー。現在、課長として広告宣伝を担当されています。さらに週末は全国各地を飛び回って、日本ラグビー協会のリソースコーチとしても活躍中。
ラグビーでも仕事でも輝ける要因についてお聞きしました。

現在の仕事内容

−−現在のお仕事を教えてください。
二ノ丸 株式会社クボタの社員です。企業ブランディングを担当していて、主にテレビCM制作、CM投稿、新聞、雑誌、看板掲出など媒体を利用した広告宣伝活動を行っています。

−−クボタの名前は相当知れ渡っていますが、なおブランディングなんですね
二ノ丸 名前は知っていても、何をしている会社か具体的に知らない人はまだいらっしゃいます。それにアジア・ヨーロッパなどグローバルな視点でもブランディングをしていく必要があります。

−−すごく大きなお仕事ですが、今の部署は長いのでしょうか
二ノ丸 実は昨年9月からなのでまだ半年も経っていません。それまでは、入社から法務部や法律に関連する部門にいました。社内で起こる法的な問題や制度などを解決する仕事です。

−−難しそうなお仕事です
二ノ丸 大学では商学部だったので、会社に入ってからは常に勉強しています(笑) 知識がないとできない仕事ですし、当時の上司が「ラグビー部の社員であってもしっかり仕事をさせ育てる」と考えてくださって、成長できました。

プレイヤーとしての実績

−−ラグビーはいつからはじめましたか
二ノ丸 小学生の頃は、阪神タイガースの帽子を常に被る野球少年でした。小6の時に受験勉強の息抜きにと、家のすぐ近くの花園ラグビー場で啓光学園が優勝したのを見て「このスポーツしかない」と思い、志望校を啓光学園中学に変更してラグビーを始めました。

−−小学生ながら、すごい決断力です
二ノ丸 ものごごろついた頃から親に「自分で考えて、目標を立て行動しろ」と言われていました。啓光中に入学後は、目標に同志社大学進学が追加。同志社の試合が花園であるときは必ず最前列で、かぶりつきです。よく花園で手すりをくぐって見入っている少年がいますよね。そんな中学生でした(笑)

−−その後は高校JAPNを経験され、夢の同志社大進学ですね。
二ノ丸 指導者に恵まれました。SHとしての適正を見いだされ、自ら考えることを教えられました。高校JAPANはアキレス腱の故障で辞退。同志社大に進学も、1年の数試合と4年時に試合に出ただけで、2年と3年は怪我との戦いでした。

大学卒業後にNZへ短期留学。地元チームのレギューラーとなり新聞で取り上げられた。

大学卒業後にNZへ短期留学。地元チームのレギュラーとなり新聞で取り上げられた。

−−大きなけがを経験されてラグビー人生に影響がでましたか
二ノ丸 大学4年間は記憶から消してしまいたかったです。卒業後はカネカに入社しましたが1年目の途中で廃部。2年目からクボタに移籍して2年間の、計3年。昔を知っている方からは「面影がない」などと言われたりもしましたね。でもその挫折があるから今があります。あのまま順調に階段を上っていたら、仕事もコーチもうまく行っていなかったかもしれません。

−−波瀾万丈の現役時代、あの頃の自分に何か言いたいことはありませんか
二ノ丸 「余裕」と「ゆとり」がなかったように思います。試合に出たいという焦りやストレスばかりが先行していましたね。もう少し、けがに対して予防、体作り、メンテナンスなど自分の体と向き合い、足りないところの強化をするように言いたいです。

ラグビーと仕事

−−ラグビー経験が今の仕事に役立っていることはありますか。
二ノ丸 ラグビーは常に状況が変化し、適した判断が求められます。私はSHなので、見極め、判断する力を養えました。仕事も同じです。でも、自分の判断が正しいかどうかまではわかりませんが(笑)

−−引退後はしばらくラグビーに関わっておられませんでしたよね
二ノ丸 カネカやクボタを選んだのは、仕事もラグビーも期待できる会社だったからです。引退後は仕事で一人前になることを目標にしました。必死に目標を達成するためあえてラグビーを遠ざけていたんです。引退してから目標を作ったのではなく、次の目標があるから引退したので。

−−コーチをはじめたのはいつからでしょうか
二ノ丸 2012年、中竹さん(現日本ラグビー協会コーチングディレクター)に声をかけていただいたのがきっかけです。その後偶然、御所実業高校の当時の1年生を何人か指導したんですが、生徒たちから監督の竹田先生に「二ノ丸さんをチームに呼んでほしい」とリクエストしてくれ、それから本格的にコーチングの勉強をしています。

−−コーチとして、今目標にされていることはなんですか
二ノ丸 まず関わっているチームすべてがレベルアップすることです。昨年(2014年)の夏、高校セブンズでは御所実業高の竹田先生にチームを任せていただき準優勝しました。このチームは全国高校ラグビー大会でも準優勝。このような経験を教え子たちと重ねていきたいですね。

ラグビー選手のセカンドキャリア

−−現役の選手に「やっておいた方がいい」と伝えたいことはありますか
二ノ丸 現役中に引退後の事を考えると「ナンセンス」と考える人も多いですが、ラグビーだけで生活し続けられる人は現実的に一握りです。華々しくトップリーガーになれたとしても、遅かれ早かれ引退の時期を迎えます。その後のことは、自分で考えて行動しなければ、誰も助けてくれませんから。

−−ラグビーを続けながら、引退後の準備は難しくも感じますが
二ノ丸 高校に入れば次は大学、大学の次は社会人。そして引退ですから。現役や引退がということよりも、どんなステージも次へステップアップするためにある。現役時代だけではなくセカンドビジョンを設定することで、常に学びと成長を意識できるんだと思います。その時の役割をまっとうするのは当たり前として。

−−次のステージへ進むために意識すべきことは何だと思いますか
二ノ丸 段取りだと思います。考えて、行動して、準備すること。段取りできている人こそ、次のステージでもまた活躍できると思います。

−−常に次のステージに対する段取りが重要だということですね
人生で起こるさまざまなことを、次へのステップとしてとらえる二ノ丸さんは常に冷静で常にポジティブ。まさに人生という試合をゲームメイクしています。

企業情報
会社名:株式会社クボタ
ホームページ:http://www.kubota.co.jp/

  • これと決めて、学生のうちにしかできないことを 〜RugbyWorker 第5回 ラグビージャーナリスト・村上晃一〜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

98koukou_shinsei_bana_800X482

12月15日(土)
トップリーグ順位決定戦
コカ・コーラ
31
36
豊田自動織機
トップリーグ順位決定戦
日野
34
37
宗像サニックス
トップリーグ順位決定戦
東芝
31
18
キヤノン
トップリーグ順位決定戦
NEC
24
30
Honda
3地域チャレンジマッチ
中部電力
7
59
清水建設
12月16日(日)
大学選手権3回戦
慶應義塾大学
京都産業大学
大学選手権3回戦
立命館大学
明治大学

ページ上部へ戻る