11月14日(土) 第1節 トヨタ自動車 11-18 ヤマハ発動機

WS_L1613

11月14日(土) 第1節 トヨタ自動車 対 ヤマハ発動機

2015年11月14日(土) 14:00キックオフ グラウンド:名古屋市パロマ瑞穂ラグビー場
レフリー:大槻卓 (日本協会A)
アシスタントレフリー:谷口かずひと / 塩崎公寿 / 伊藤大輔
トヨタ自動車
ヴェルブリッツ
ヤマハ発動機
ジュビロ
11 FULL TIME 18
3 前半 15
8 後半 3
 勝点
1
詳細(TL公式)  勝点
4

マッチサマリー

午前6時40分、入場口に最初の観客が並び、開場前待機人数が400人を超え、警備・係員も3倍以上のスタッフと、ワールドカップをきっかけにラグビー人気の高まりを感じるられる瑞穂ラグビー場。

雨天の悪コンディションの中、ヴェルブリッツのキックオフで開始された。

双方がエリア獲得を伺うキック攻防の中、ブレイクダウンで優勢に立ったのはジュビロ。2度のペナルティーを誘うと前半4分、ゴール前に前進、ラインアウトモールで手堅く先制した、0-5。

ヴェルブリッツはリスタートキックも不安定でリズムを作れない。

キックオフ直後の攻防と同様、キックのエリアの攻防では⑮五郎丸を擁するジュビロが優勢を維持する。

すると前半8分、キックカウンターから⑫シアレがビックゲイン、サポートした⑨矢富がポスト中央に飛び込みトライ、コンバージョンも成功し0-12とリードを広げた。

なお、このコンバージョンは⑮五郎丸のトップリーグリーグ戦通算1000得点であった。

さらにジュビロは前半15分にもPGで加点し勢いづく。

対するヴェルブリッツはエリア獲得に集中するものの、相手のフェアーキャッチやロングキッックを許し、どうしても相手陣に進むことができない、

それでも、キックカウンター攻撃で口火が切られてボールが動き始めた前半26分、ヴェルブリッツは自陣ゴール前から果敢に攻撃、⑫タウモエピアウが抜け出し、初めてのチャンスを獲得、PGを⑩文字が決めて3-15で前半が終了した。

 後半開始直後の2分、ジュビロがPGで先制し3-18と一方的な展開も感じさせる。そこからヴェルブリッツは攻勢に転じる。

後半6分、相手陣から得たPKからラインアウトを選択、数回リセットの後、安定したラインアウトモールを形成、そのまま④谷口が押し込み8-18とその差を縮めた。その後のリスタートキックから双方がメンバーを入れ替え、テンポアップを図る。特にヴェルブリッツがタックル、ブレイクダウンといったコンタクトプレーでゲームを優勢に進め始める。後半17分にはPGを成功させ、11-18と1トライ1コンバージョンに迫る。

後半23分はFW攻撃でゴール直前に迫るもジュビロの気迫ある防御に最終ラインを破ることはできない。さらに32分にも相手陣中央でのPKを獲得。ラインアウトを選択しモールを形成、ゴールになだれ込みトライか、という場面であったがTMOで確認できずスクラム。

その後もヴェルリッツの多彩な攻撃にジュビロは落ち着いて対応。

最後は反則を誘い、そのまま18-11でゲームが終了した。

第1節、雨天のコンディションでキッキングゲームとなったが、瑞穂ラグビー場トップリーグ開催史上最大となった8676人の観客はゲームを楽しんでいた。

WS_L0819

マン・オブ・ザ・マッチはヤマハ発動機 13番宮澤正利

会見ダイジェスト

トヨタ自動車 菅原監督のコメント

 日本代表の選手の出場で多くの観衆が集まり、その中で試合ができたということは幸せだった。トヨタにとっては最初の入りで浮き足立った。しかし後半はセットプレーの修正をした結果、やろうとしてきたことが少しはできた。悔しい結果に終わってしまったが、次の試合につなげたい。

滑川キャプテンのコメント

 観衆が多く、良い環境のもとで試合をすることができたので幸せだった。トヨタらしさを出そうと試合に臨んだ。結果は敗れてしまったが、良い点も悪い点も含めてトヨタらしさがすべて出た。今後はトヨタらしさを80分間出し続けられるように、頑張っていきたい。

ヤマハ発動機 清宮監督のコメント

 開幕戦を白星発進することができて、ホッとしている。アタックで2回ゴール前のチャンスを取りきれなかったことが、試合がもつれた原因である。ディフェンスではディシプリンを守ることができていないので修正していきたい。試合の入りが良かったのは、五郎丸のジャージ授与式でのFWに対するコメントが効いたのかもしれない。

三村キャプテンのコメント

 開幕戦白星スタートができてうれしい。勝って出た反省点もプラスにとらえ、以後の試合につなげていきたい。

 この後、トップリーグ通算100キャップと1000得点を達成した五郎丸選手の単独記者会見が行われ、和やかな雰囲気の中で、様々なメディアからの質問に丁寧な応対をしていた。

(文責:大林直之 早坂一成)

フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

98koukou_shinsei_bana_800X482

12月15日(土)
トップリーグ順位決定戦
コカ・コーラ
11
:
30
豊田自動織機
トップリーグ順位決定戦
日野
14
:
00
宗像サニックス
トップリーグ順位決定戦
東芝
11
:
30
キヤノン
トップリーグ順位決定戦
NEC
14
:
00
Honda
3地域チャレンジマッチ
中部電力
13
:
00
清水建設
12月16日(日)
大学選手権3回戦
慶應義塾大学
12
:
05
京都産業大学
大学選手権3回戦
立命館大学
14
:
05
明治大学

ページ上部へ戻る