11月14日(土) 第1節 豊田自動織機 24-17 NEC

WS_L0960

11月14日(土) 第1節 豊田自動織機 対 NEC

2015年11月14日(土) 11:40キックオフ グラウンド:名古屋市パロマ瑞穂ラグビー場
レフリー:松岡辰也 (日本協会A)
アシスタントレフリー:加藤真也 / 藤実 / 吉田庸平
豊田自動織機
シャトルズ
NEC
グリーンロケッツ
24 FULL TIME 17
 14 前半 17
10 後半 0
 勝点
4
詳細(TL公式)  勝点
1

マッチサマリー

今にも雨が降り出しそうな曇天の下、シャトルズのキックオフで試合開始。

序盤はお互い硬さが見られ、一進一退の攻防が続く。

先制したのはグリーンロケッツ。前半8分、敵陣深くのラインアウトからモールを組んで、最後は⑦大和田がトライ、ゴール成功し均衡を破る。

その後は、お互いにキックを使い敵陣に攻め込むも、決定的なチャンスをつかむことができないまま時間は過ぎる。

その状態を打ち破ったのは、シャトルズ。

前半25分に連続攻撃からゴールラインに迫るも、インゴールノックオンでスコアできず、チャンスを潰したかに見えたが、その直後のラインアウトモールから⑦高田トライ、ゴールも成功、7-7同点に追いつく。

さらに直後のグリーンロケッツのキックオフミスから得たFKから⑫ヴァカが独走トライをあげ、ゴールも成功し、シャトルズのペースになるかと思われたが、前半32分にグリーンロケッツが⑧スコットの素晴らしい縦突破から、最後は⑬釜池がトライし、ゴール成功により、14-14同点に追いつく。

このまま前半終了と思われた41分、グリーンロケッツがPGを成功させ、14-17のグリーンロケッツリードで前半終了。

 後半は雨が激しくなり、キックが増える展開に。

後半最初にスコアしたのはシャトルズ。後半2分、⑪松井の素晴らしいカウンターアタックから⑥バツベイがトライし、ゴール成功、21-17逆転に成功。

その後は雨でボールが滑り、ハンドリングエラーが増え、両チームともなかなかスコアすることができない。

この状況に終止符を打ったのが後半29分のシャトルズのPG。

3点を加え24-17とし、その後のグリーンロケッツの猛攻をしのいで、シャトルズが開幕戦勝利を挙げた。

マン・オブ・ザ・マッチは豊田自動織機の7番高田裕雅

会見ダイジェスト

NEC相澤総監督

 開幕戦という大切な試合で、ミスが多く形にならず、残念だった。次節に向けて修正をして臨みたい。

瀧澤キャプテン

 ラグビー人気のおかげで、今までで一番多い観客の中で試合ができて幸せだった。敗因は硬さが出たところだと思う。そのためミスが多かった。まだ始まったばかりなので、顔を上げて頑張りたい。

豊田自動織機丹生ヘッドコーチ

 春にグリーンロケッツに負けたところからスタートしたシーズンなので、今日勝てていいスタートが切れた。来週からは強いチームとの対戦が続くので、チャレンジャー精神で頑張りたい。

松岡キャプテン

 多くの応援に感謝したい。今日はシャトルズのラグビーの良さを伝えていこうという目標をもって試合をしたが、それを勝利という形でお返しできたので満足している。これからもチャレンジャー精神を忘れず、全身全霊でトップリーグを盛り上げていきたい。

(文責:大林直之 写真:清水良枝)

フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

1月18日(土)
NEC
17
27
日野
ヤマハ発動機
神戸製鋼
トヨタ自動車
20
40
パナソニック
東芝
39
21
NTTドコモ
1月19日(日)
Honda
クボタ
豊田自動織機
コカ・コーラ

ページ上部へ戻る