9月12日(土) プレシーズンリーグ 第2節 神戸製鋼 19-5 NTTドコモ

神戸今村のランへのタックル
9月12日(土) プレシーズンリーグ 第2節 神戸製鋼 VS. NTTドコモ

2015年9月12日(土) 16:00キックオフ グラウンド:コカ・コーラウエスト広島スタジアム
レフリー:清水塁 (日本協会A1)
アシスタントレフリー:大槻卓 / 四辻順一朗 / 緒方耕
神戸製鋼
コベルコスティーラーズ
NTTドコモ
レッドハリケーンズ
19 FULL TIME 5
5 前半 0
14 後半 5
勝点
4
詳細
(TL公式)
勝点
0

◎マッチレポート

プレシーズンの初戦を白星発進した両チームを、2300人の広島を始めとした中国地方のラグビーファンが迎えた。バックスタンドに陣取った応援団のチームカラーが、開催地広島カープの赤を想像させる。

序盤、両チームとも中盤でのキックを混じえた探り合いが続く。NTTドコモは、仕掛けていくところでは、何度もフェーズを重ねるが、神戸製鋼の固い守りを崩せず、大幅なゲインは難しい。一方、神戸製鋼もバックスの展開から時折、大きくゲインをする場面をつくるが、最後は、ノックオンもあり、得点できない。

試合が動いたのは、前半21分。神戸製鋼がPKから得たゴール前右22mラインアウトからモールを形成。サイドを幾度か攻めたあと、バックス勝負。ラックから素早く左に展開し、⑪今村が左スミにトライした。

その後、序盤と同じような攻防が続く。NTTドコモは、前半終了間際には、相手がシンビンで一人選手を欠くなか、22m内でのアタックを重ねるがゴールラインを切ることができず、前半を終了した。

後半開始早々3分、NTTドコモは、自陣10m付近の左スクラムにおいて、ブラインドから入ってきたゲームキャプテン⑪茂野がうまくスペースをついて大きくゲイン。22mL内に入ったところで、中央ラックから左に展開して、最後は⑥川田が左スミへトライ。試合を振り出しに戻した。

その後15分近く、前半と同じように、中盤での攻防を中心に、お互い敵陣ゴール前まで迫る場面もあるが、やはり最後はミスや反則で得点は動かない。ボールを保持する時間は、NTTドコモの方が比較的長いが、神戸製鋼のディフェンスに隙を見つけることができない。そこで、両チームは選手を入れ替えながら、局面の打開を図る。

選手入れ替え直後の17分、中央でのNTTドコモのスクラムに圧力をかけた神戸製鋼は、こぼれ球を足にかけ、大きくゲインする。そのままボールを拾った⑫南橋が左スミにトライ。続く後半23分、ゴール前でキックをチャージした神戸製鋼が、なだれ込む。入れ替わった⑯山崎が飛び込み、トライ。どちらもゴールが決まり、突き放しにかかる。

だが、NTTドコモは、崩れることなく、中盤でのセットプレーやキックのカウンターから、しつこくフェーズを重ねながら、スペースを探す。しかし、ゴールラインは遠く、ノーサイドとなった。

マンオブザマッチには、献身的なディフェンスを続けた神戸製鋼キャプテン⑥橋本選手が選ばれた。

マンオブザマッチ神戸橋本選手

 

会見ダイジェスト

NTTドコモレッドハリケーンズ

下沖正博監督

勝ちにこだわったが、神戸のディフェンスの前にうまくトライを取れなかった。しかし、選手は、ひとつひとつのプレーに真剣に取り組んだ。指導者として感謝したい。今日の課題を修正し、次に臨みたい。

茂野洸気ゲームキャプテン

課題をやりきることはできたが、しんどくなったときにミスが出た。しかし、ネガティブに捉えるのでなく、次のクボタ戦に対して、しっかり準備したい。

神戸製鋼コベルコスティーラーズ

アリスター・クッツェーヘッドコーチ

今日は、フィジカルな戦いで、どちらのチームも良かった。ディフェンスをしている時間が長く、地域を取られる場面もあったが、我々のディフェンスを誇りに思う。しかし、プレッシャーのないところでのアタックミスはあった。また、セットピースピースを改善する余地がある。しっかり勝つカルチャーを浸透させていきたい。

橋本大輝キャプテン

アタックでのミスが多かった。ディフェンスは良かったが、ミスについては、来週にかけての課題。

-主力選手を欠くなか、セットピースの具体的な改善策は?

プレリーグは、選手層を厚くするための戦い。残っている選手にも、代表と同じレベルを求めている。また、怪我の選手もいるが、それは、トップリーグでもありうること。そのなかで戦っていかねばならない。練習で修正して、上積みしていく余地がある。

(記事:藤田憲弘 写真:吉田貞雄 広報担当:藤田憲弘)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る