10月31日(日) 天理大学 vs 立命館大学

メンバー表 マッチレポート フォトギャラリー

2021ムロオ関西大学Aリーグ 第4節
2021年10月31日 14:00 KO
入場者数:人 天候:
レフリー:杉戸 大樹(関西協会)
アシスタントレフリー:船岡 克広(関西協会) / 田村 智章(関西協会) / 松岡 実(関西協会)
天理大学 立命館大学
42 FULL TIME 14
21 前半 7
21 後半 7
詳細(PDF)
プレイヤー・オブ・ザ・マッチ
▶天理大学 2佐藤康

メンバー表

▶PDFはこちら
 
天理大学
監督小松 節夫
No.Pos.氏名学年身長体重出身中学・スクール→高校
1PR高橋 虎太郎4177110報徳学園中→報徳学園高校
HO佐藤 康417096ニシカンJrRC→天理
3PR松野 楓舞1167100松山聖陵
4LOアシペリ・モアラ4185118トンガカレッジ→日本航空石川
5LO亀沖 泰輝4184100尼崎RS→市立尼崎
6FL鄭 兆毅2185105正徳中→竹園
7FL服部 航大417798小阪中→天理
8NO.8山村 勝悟3178100長瀬中→天理
9SH北條 拓郎217277南信州Jr RS→天理
10SO筒口 允之117080長崎RS→長崎南山
11WTB内村 祐介416575天理中→天理
12CTB高部 勇417083加古川RS→天理
13CTB間森 涼太318190水陽中→神戸市立学技術
14WTBアントニオ・トゥイアキ318798ロトルア
15FB江本 洸志417378大池中→日本航空石川
16Re.谷口 永遠3173103大池中→関大北陽
17Re.富田 凌仁2170100若狭東
18Re.岩室 勇汰4181110巽中→柏原
19Re.ナイバルワガ セタ318898将軍野中→秋田工業
20Re.パトリク・ヴァカタ1189115トンガカレッジ→日本航空石川
21Re.藤原 健之朗116870ノーサイドJrRS→日本航空石川
22Re.佐藤 歓317482ニシカンJrRC→新潟工業
23Re.マナセ・ハビリ2175100トゥポウカレッジ→高知中央
立命館大学
HC鬼束 竜太
No.Pos.氏名学年身長体重出身中学・スクール→高校
1PR百地 龍之介4175103東海大仰星中→東海大仰星
2HO横尾 太一417295交野第一中→東海大仰星
3PR金井 慎太郎4173105佐野日大
4LO阿部 孔哉418198高崎RC→東農第二
5LO宮城 雄真2186100瀬田北中→京都成章
6FL小島 良介418291西陵中→洛北
7FL江木畠 悠加117791中鶴少年RC→大分舞鶴
8NO.8宮下 大輝418198尼崎RS→報徳学園
9SH北村 瞬太郎216873横浜RS→國學院栃木
10SO江良 楓417282枚岡中→大阪桐蔭
11WTB間瀬 陽紀317377熊谷東中→深谷
12CTB森 駿太217185かしいヤングラガーズ→東福岡
CTB木田 晴斗417689関西大倉中→関西大倉
14WTB藤井 健太郎417888洛南中→伏見工業
15FB安井 拓馬317783藤森中→東海大大阪仰星
16Re.安部 薫平217298東海大大阪仰星中→東海大大阪仰星
17Re.前川 和輝216998亀岡中→天理
18Re.藤野 翼3174105横須賀市RS→関東学院六浦
19Re.畠澤 諭4193112開志国際
20Re.中村 壮417890吹田RS→東海大仰星
21Re.諸井 琉哉316674千歳中→流経大柏
22Re.宮嵜 隼人317284明石JRC→報徳学園
23Re.吉本 匠希218383文の里中→常翔学園

マッチレポート

初戦の近畿大学に星を落としたものの、第2節、第3節と徐々に力強さを戻しつつある2勝1敗(勝点10)の天理大学と、初戦の関西学院大学戦では白星だったものの近畿大学、京都産業大学に連敗し、1勝2敗(勝点5)の立命館大学との一戦。天理親里競技場にて、秋晴れの良いコンディションの中で行われた。

風上の立命大のキックオフでスタートした。

序盤しばらくは立命大が風上もいかし、天理大陣内でゲームを進める。だが、あと一歩のところで天理大の堅い守りに跳ね返される。
10分を過ぎて、天理大は本日はじめて敵陣に入ることができる。このチャンスを逃さず、11分、ゴール前5Mラインアウトを押し込みなだれ込むようにHO②佐藤康が左中間に押さえ込む。ゴールはSO⑩筒口允之がきっちり決め先制する。(7-0)

この後、序盤と同じように立命大が天理ゴールに攻めるが、なかなか攻めきれない。
26分、天理大はまた敵陣に入ってからの集中力を発揮、CTB⑬間森涼太が縦へ切り込み、DFライン裏にゴロパントを、FB⑮江本洸志がキャッチしゴールポスト下にトライ(ゴール成功)、効率よくスコアを重ねる。(14-0)
35分にも天理大、自陣10M付近ラインアウトから左へ展開、LO④アシペリ・モアラがラインブレイク、⑮江本からWTB⑪内村祐介とわたり、快足を飛ばして左隅にトライ(ゴール成功)、点差を広げる。(21-0)

このままのスコアで前半が終わってしまうかとも思われたが、41分に立命大はゴール前ラックから出たボールをCTB⑬木田晴斗がゴロパントそのまま拾って左中間に飛び込む。CTB⑫森駿太がゴールを決め一矢報いて前半を終える。(21-7)

後半は風上の天理大のドロップキックでリスタート。開始早々、天理大はここでまた集中力をみせる。
2分、敵陣22Mラックから左へ展開、⑮江本からオフロードパスを④モアラに繫ぎそのままゴールラインを割る(ゴール成功)。(28-7)
17分にも、天理大は5Mラインアウトからモールを押し切り右中間に②佐藤がトライ(ゴール成功)で引き離す。(35-7)

これで勝負ありと思えたが、27分、今度は立命大がゴール前5Mラインアウトからモールから飛び出したNO8⑧宮下大輝が左中間に押さえ込む(ゴール成功)。(35-14)

立命大もスコアを詰めるが、天理大は終了間際の41分、HO⑯谷口永遠がDFラインを突破し、ダメ押しのトライ(ゴール成功)をあげ、ゲーム終了となる。(42-14)

POMには、本日、自身でも2トライし、キャプテンとしてチームを鼓舞し続けたHO②佐藤康が選ばれた。

立命大は前半の風上でゴール前に何度か迫ったが、(トライを)取り切れなかったことが悔やまれる。他方、天理大は本日2トライを奪われたものの、前節に引き続き自陣ゴール前での粘りも戻りつつある。また、ここ一番の集中力もみせてくれた。これからリーグも後半戦に入るが、両校の益々の活躍に期待する。

会見レポート

立命館大学
鬼束竜太ヘッドコーチ
有観客の開催にご尽力いただいた関係者の方々に感謝いたします。試合は、ブレークダウンでプレッシャーを受けると(試合前から)予測していたのですが、やはりそこでプレッシャーを受けてしまったことと、序盤のチャンスをものにできなかった事がうまくいかなかった点です。ここ2試合は後半に突き放されていたのですが、この点は意識して戦えていたと思います。次の試合に向けて更に修正して臨みたいと思います。

木田晴斗キャプテン
アタックでは、(トライを)取れるチャンスが多くありましたがミスでトライに結びつける事ができなかったのが一つの大きな敗因だと思います。試合前から、数少ないチャンスを取り切ることがカギになると思っていましたが、そこがうまく行きませんでした。ディフェンスでは、ミスタックルから簡単に点を取られた場面が多かったので、そこはしっかり修正したいと思います。

Q.ラインアウトで苦戦していたようだが
鬼束HC
スローイングの問題もありますが、プレッシャーを受けているのに必要の無いムーブ等自ら首を絞めているところがあった。もっとシンプルな選択をする等、試合の中で選手がしっかりと判断して対応できるようになれば、もっと(ボール)キープできるようになると思います。


天理大学
小松節夫監督
本日はありがとうございました。関西リーグは1試合も負けられないという状況の中で、前半はしっかり我慢して後半は自分達のラグビーをしようと送り出しました。前半は、ミスが多く風下でもあったので自陣での戦いが多くなったのですが、その中でも良く戦えたと思います。後半は、風上を活かして敵陣に入りながらも、自分達のミスでなかなか得点に結びつけられなかった点は反省材料です。すぐに(11月6日㈯)試合がありますので、修正して臨みたいと思います。

佐藤康キャプテン
前半我慢して3トライを取れたのですが、最後に1トライ取られて、(試合の)流れが悪くなるのを少し心配しました。後半も前半同様にペナルティが多くなり、中でもセットプレーが安定しませんでした。セットプレーの安定とペナルティを少なくするように次の試合に臨みます。

Q.後半、フランカーに入りましたが経験は
佐藤C
高校時代に何回かやったことはありますが、びっくりしました。でも楽しかったです。


フォトギャラリー

KRPU 梶間智
写真の使用を希望される場合は下記のフォームより申請をお願いいたします。
写真使用申請フォーム