11月24日(土) サントリー 33-26 NTTコミュニケーションズ

トップリーグカップ プール戦 第3節 プールA20181124-DSC_0010サントリー VS NTTコミュニケーションズ

2018年11月24日(日) 13:00キックオフ
グラウンド:キンチョウスタジアム
レフリー:
アシスタントレフリー:
サントリー NTTコム
33 FULL TIME 26
16 前半 12
17 後半 14
詳細
(TL公式)

会見レポート

NTTコミュニケーションズ
ロブ・ペニー ヘッドコーチ

先ずはサントリーを称えたい。彼らは素晴らしいチームで良い結果を残した。経験の浅い選手も居る中で我々に学習の機会を与えてくれた。準々決勝に向けて活かして行きたい。とても残念な事はペナルティの多さである。そのうち、前半10分以内に5つものペナルティがあった。これだけペナルティが多ければゲームの流れが変わるのは当然だ。また、ペナルティ以外にミスも多く完璧では無かった。その代償を支払った残念な結果だ。今回の事を学習し次のヤマハ戦に向けては入念な準備をしたい。

金正奎キャプテン
これだけ規律が守れなければ勝てる試合も勝てない。学習させられる事が多かった。規律が守れなければ負けることはチームとしても分かっているはずなので、もっとリーダーがしっかりしなければいけない。この1週間で次のヤマハ戦に準備したい。
 
Q.CUP戦は次のトーナメントに向けてどの様な効果があったか?
ペニー HC

チームの中で役割をローテーションしメンバーに休みを与える事ができた。またそれによりチーム層を厚くする事ができた。3週間CUP戦を戦ってきたがフラストレーションが溜まる事が多かった。特にディフェンス面が甘くもどかしさを感じた。このCUP戦でトップ4に入る事が目標だったが、サントリーの方がその気持ちが強かった。

Q.マフィ選手が復帰したがチームとしてどの様に捉えているか?
ペニー HC

彼はワールドクラスのプレイヤーだ。今日の試合でそれを証明してくれた。練習試合にも出ていなかったが、復帰直後に高いレベルでプレイできるのは素晴らしい。
金 CP
見ての通り素晴らしいプレイヤーだ、自分達が評価するよりも周りの方が見ての通りだ。我々にも良い影響を与えてくれた。

20181124-DSC_1425
サントリー
沢木敬介 監督
今日はNTTコムのベストメンバーに対して自分達は普段トップリーグであまりチャンスの無い選手達がどれだけチャレンジするか、サントリーのプライドを掛けてどれぐらいやりきるかを試してみたかった。来週から始まるゲームに向けて、セレクションの面でも悩めるゲームになった。

飯野晃司 キャプテン
普段試合に出てないメンバーが多かったがその分しっかりワンチームになれた。結果、勝利に繋がった。

Q.リーグ戦とトーナメントの間にCUP戦があると言う変則的な日程だが、難しいスケジュールの中、どの様な収穫があったか?
沢木監督

CUP戦をどう捉えるかだが、CUP戦が決まった時点から若手にチャンスを与える場と捉えていた。普段この期間は練習試合を組んで準備するが、CUP戦をうまく使いながら次のファイナルに向けてのプランをしてきた。

Q.本日、ゲームキャプテンになった感想は?
飯野CP

今日初めてゲームキャプテンをやらせてもらったが、周りの先輩がサポートしてくれたので特に意識はしてなかった。

Q.試合全体を通して良かったところは?
沢木監督

全般プラン通りにボールを動かす事ができた、レフリーの特徴に選手達が対応できた事が良かった。

Q.マフィ選手が復帰したがどの様に感じたか?
沢木監督

彼は一人でチームを変えられるくらいのパフォーマンスを持った選手。個人的にはもっと早くからゲームに出て欲しかった。
20181124-DSC_1441

(文責:大阪府協会 中村弘人)

フォトギャラリー

■撮影者:KRPU 山口勝一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

98koukou_shinsei_bana_800X482

12月15日(土)
トップリーグ順位決定戦
コカ・コーラ
31
36
豊田自動織機
トップリーグ順位決定戦
日野
34
37
宗像サニックス
トップリーグ順位決定戦
東芝
31
18
キヤノン
トップリーグ順位決定戦
NEC
24
30
Honda
3地域チャレンジマッチ
中部電力
7
59
清水建設
12月16日(日)
大学選手権3回戦
慶應義塾大学
京都産業大学
大学選手権3回戦
立命館大学
明治大学

ページ上部へ戻る