12月3日(土) 第10節 サントリー 29-5 NTTコム

yamaguchi-04
トップリーグ 第10節
サントリー VS. NTTコム

2016年12月3日(土) 14:00キックオフ グラウンド:東大阪市花園ラグビー場
サントリー NTTコム
29 FULL TIME 5
22 前半
後半
勝点
詳細
(TL公式)
勝点

マッチレポート

ジャパンラグビートップリーグは、日本代表の2016チャレンジカップ、2016欧州遠征のために10月最終週の第9節を最後に中断されていたが、東大阪ラグビー場に約6,000人の観客を迎え、第10節が再開された。第9節まで全勝の勝ち点42点でヤマハ(43点)に次いで2位と好調のサントリーは日本代表に加わっていたPR畠山健介とFB松島幸太郎の2人はコンディショニングを考えてスターティングメンバーから外れた。対して勝ち点26点で現在6位。一つでも上位を狙いたいNTTコムはなんとか勝ち点を取りたいところ。No8アマナキ・レレイ・マフィとSO小倉順平をスタートから出場させた一戦は、NTTコムSO小倉のキックオフで開始された。

yamaguchi-01

先制したのはサントリー。前半5分ゴール前10m中央のラックからSO10番小野晃征がポスト右にトライ、ゴールもSO小野が決めて7-0とした。ゲームスタートからセットピースで優位に立ったサントリーが、その後も13分に6番ツイ ヘンドリックが左タッチライン際を40m独走し中央にトライ、ゴールをSO小野が決めて14-0。

yamaguchi-10

23分には10mライン中央付近でのNTTのオーバーザトップで得たペナルティをSO小野が確実にPGを決めて17-0とリードを広げた。更に前半終了間際41分にもゴール前スクラムからNo8ジョージ・スミスが持ち込んでトライ。22-0とし前半が終了。

yamaguchi-11

後半に入ってもサントリーの強力FWが着実にボールを支配し、開始3分にゴール前右中間ラックから6番ツイ ヘンドリックが持ち出して中央にトライ、ゴールをSO小野が決めて29-0とした。サントリーは後半から15番有賀剛に代わって23番松島幸太郎が、10分に3番須藤元樹に代わって18番畠山が出場。松島は遠征の疲れも見せずに時折力強い突破を見せてはいたが、チームとして後半残り30分は前半の勢いのあるプレーは見られなかった。

yamaguchi-17

NTTコムは前半からセットピースを支配されNo8アマナキ・レレイ・マフィの突破からのチャンスも生かせず決め手を欠いていたが、後半13分にキャプテン9番友井川拓に代わって入った21番西橋勇人が19分にゴール前サントリーのラインアウトからのタッチキックをチャージし、そのまま押えてトライ29-5としたが、その後は、お互い決め手を欠いて得点を奪えずノーサイド。

yamaguchi-20

サントリーは勝利したものの、残り5試合は後半の30分での集中力の維持が課題である。NTTコムは上位を狙うためには、スクラムの強化とラインアウトの精度を上げることが鍵となる。マン・オブ・ザ・マッチは40m独走トライを含む2トライを挙げた6番FLのツイ ヘンドリックに贈られた。

yamaguchi-26

記者会見ダイジェスト

NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
ロブ・ペニーヘッドコーチ
今回の試合はセットピースを支配され私たちの動きを封じられ上手くゲームを組み立てられなかった。いくつか得点のチャンスはありましたがそこでプレッシャーを与えることができずハーフタイムでゲームが決まってしまった流れのゲームだった。

金正奎キャプテン
今、ロブ・ペニーヘッドコーチが言われたように、前半のとこでセットピースだったりブレークダウンのエリアで支配されたのが大きな勝敗を分けるカギではなかったかなと思う。自分たちはそこに対してしっかり準備してきたけれど、結果としてできなかったところが敗北の原因ではなかったか。また、エナジーのところであったり、試合に対する直向きさがサントリーさんの方が上回っていたのかなと。そこがすごく印象的であったゲームだった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

―ハーフタイムでどのような指示をしたか?(何にフォーカスをあてて後半に臨むか)
ロブ・ペニーヘッドコーチ
戦う姿勢を見せてほしい!!特にスクラムのあたりで戦う姿勢を見せてほしい。後半からまた新しい戦いが始まるという姿勢で戦ってほしい。結果、後半はいい戦いが出来た。

―この試合、何にフォーカスして臨んだか?
金正奎キャプテン
自分自身はエナジーを持ってグランドに入ろうと心がけていた、そのことでいえばセカンドハーフが戦えたことはチームに良い影響を与えられたと思っている。久々の公式戦であったが気負うことなく思い切ったプレーが出来て楽しかった。

―試合中に相手との得点差を意識していたか?
金正奎キャプテン
自分たちがどのようにトライを取るかにフォーカスをあてていたので、ネガティブなイメージは無かった。


サントリーサンゴリアス
沢木敬介監督
50分間は自分たちがコントロールできた、サントリーのラグビーが出来ていたが、後半のあと30分がまだまだ、サントリーの弱さが出た試合であった。チャンピオンになるためには何が必要か、自分たちがハングリーに戦うために、もっともっとレベルアップしていかなければいけないと思っているので、来週一週間かけてそのあたりを修正していきたい。

流大キャプテン
この一か月間は良い準備が出来たので、自信を持って挑んだ試合ではあったが、前半はイメージ通りの展開でトライも取れたしコントロールも出来ていたが、80分を通して考えるとまだまだ足りない部分もたくさんあるので、もう一度トレーニングを積んで後半戦に臨みたい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
―松島選手と畠山選手が後半からの出場に関して
沢木敬介監督
彼たちも身体は疲れていると思うが、面談をしたときはスタートで行きたいと希望はあったが、調子のよいときこそ監督がコントロールしてあげないといけないから、これからのシーズンを含めてのコンディショニングを考慮して我慢してもらった。パフォーマンスに関しては普通です。これからもっともっとパフォーマンスは上がってくると思う。

―残り30分の課題について
流大キャプテン
まず、相手に合せてしまったというのが一番の原因で、それはリアクションも含めてNTTコムの方が自分たちのやりたいラグビーをしようとしていた。前半はサントリーのスタンダードでプレーできていたが後半、NTTコムに合せてしまったことが原因であった。

(記事:灘英世、丸井康充)

フォトギャラリー

■撮影者:KRPU 山口勝一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

10月21日(土)
近鉄
11
:
30
NEC
豊田自動織機
14
:
00
トヨタ自動車
クボタ
14
:
00
ヤマハ発動機
10月22日(日)
NTTドコモ
11
:
30
キヤノン
神戸製鋼
14
:
00
リコー
立命館大
京都産業
関西大学
同志社大学

LINE_800

ページ上部へ戻る