10月15日(土) 第7節 近鉄 24-31 リコー

  • 2016-10-19

dsc06141トップリーグ 第7節
近鉄 VS. リコー

2016年10月15日(土) 14:00キックオフ グラウンド:東大阪市花園ラグビー場
近鉄 リコー
24 FULL TIME 31
17 前半
後半 24
勝点
1
詳細
(TL公式)
勝点
4

マッチレポート

この試合は共に2勝4敗勝点10で10位の近鉄ライナーズと得失点差で11位のリコーブラックラムズの一戦。実力は拮抗する両チーム、いずれも前節で敗れ連敗から脱したい意地の戦いとなった。秋晴れスタンドの外から秋祭りの太鼓の音が響く中、リコーのキックオフで前半が開始される。

近鉄は前節FBで起用した新人の野口大輔を、先発SOに起用。10分に得点機会を得ると、その野口が37m中央からPGを決め3-0と先制する。

一方リコーは19分ゴール前15m右中間ラインアウトから展開。モールを作り押し込み、最後はNo8松橋周平が中央にトライ。右WTBティム・ナナウイリアムスがGを決め3-7と逆転。

近鉄は23分、右WTB井波健太郎がリコーのキックをハーフウェーでキャッチし、初出場の左WTB島直良とスイッチすると島は快足を活かし右隅にトライ。SO野口が難しい位置のGも決め10-7。
なおも近鉄は35分、ハーフウェーから左展開。左WYB島がラインブレイク、右PR前田龍佑が右隅にトライした。角度のないGをSO野口が決め、若手の活躍で17-7とリードして前半を終えた。

dsc_9033

後半、勢いに乗る近鉄は4分、ゴール直前でハンドの反則でPKを得ると、SH金哲元がクイックスタートからトライ。TMO判定となるがトライが認められ、野口のGも決まり24-7とリードを拡げる。

リコーは12分にキャプテンの馬淵武史を19番ロトアヘアポヒヴァ大和に、ティム・ナナイウィリアムズを22番のアマナキ・ロトアヘアに替えると流れは徐々にリコーに移っていく。
17分リコーは、ゴール前10m右ラインアウトからモールを押し込みHOマウジョシュアがショートサイドを突き右隅にトライ。GもFB高平拓弥が決め24-14に。

22分にもゴール前22m右ラインアウトから、HOマウが右ライン際を走り左FL武者大輔につなぎ右隅にトライ24-19と追いすがる。FB高平のGはクロスバーに当たり惜しくも不成功。リコーはこの後もSHを21番ジェイミー・フッドに、HOを16番森雄基にと入替えて猛追を図る。

33分、ゴール直前右中間でのモールを14人で押し込むもトライを奪えずなかった。迎えた35分に入替え選手の16番森が左中間にトライ。FB高平が逆転Gを決め24-26とついに逆転に成功した。

近鉄は、終盤間際に選手を入替え、再逆転を目指すが成らず。逆にリコーは22番アマナキ・ロトアヘアがタックルからボールを奪いトライを挙げ24-31で勝利を納めた。

dsc_9509

インパクトプレヤーを後半に的確に投入し、勝利を納めたリコー、3勝4敗勝点14で9位に順位を上げる。一方、世代交代が課題の近鉄は連敗し、2勝5敗勝点11で11位と後退してしまった。マン・オブ・ザ・マッチは、逆転Gを決めたリコーFB高平拓弥選手が選ばれた。

dsc_9828

記者会見ダイジェスト

近鉄ライナーズ
坪井章監督
ホーム花園で連敗を止めたかったが、果たせなかった。前半は、予め用意したプラン通りに相手の強力なランナーをマークしてうまくいったのだが、後半は、思った通りに行かなかった。次に向けて修正していきたい。

・豊田大樹キャプテン
勝ちきれないという弱さが出て負けてしまった。より強くなれるようにモチベーションを上げてこれからのシーズンに臨みたい。
kinntetu7
―前半と後半の差はどういうことか?
坪井監督
前半では地面に寝ずに立ち続けるというプレイができていた。しかし、後半になると前半の疲れもあり、そのようなプレイが出来なくなっていった。


リコーブラックラムズ
神鳥裕之監督
先週はこの花園の地で悔しい思いをした。今日の試合、前半はミスで相手にリードされたまま折り返したが、後半では、立て直すことができた。この結果を踏まえて来週に向けて準備して行きたい。

・馬渕武史キャプテン
上位を目指すうえで今日の試合は、大事だと思っていた。前半近鉄のプレッシャーを受けたところもあったが、来週に向けてそのようなことのないよう整備したい。
ricoh7
―前半と後半での違いは?
神鳥監督
後半でインパクトのある選手を用意していて、予定していたより少し早い入れ替えとなってしまったが、期待通りの活躍をしてくれた。

馬渕キャプテン
前半奪われたトライは、リコーが崩されたというよりもこちらのミスで与えたようなものだ。そこで後半は、タックルなど基本となるプレイをしっかりしようと話し合った。

(記事:山林右二、村島博、丸井康充)

フォトギャラリー

2016年10月15日(土) 近鉄 対 リコー 撮影:山口勝一

2016年10月15日(土) 近鉄 対 リコー 撮影:野口美保

2016年10月15日(土) 近鉄 対 リコー 撮影:前田寛文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

2017anzen

4月29日(土)
摂南大学
21
12
摂南大学G

関西学院大学
アジアラグビーCS
日本
80
10
秩父宮

韓国
スーパーラグビー第10節
Highlanders
27
20
FMG
Stadium

サンウルブズ
帝京大学
35
26
長良川
メドウ

大東文化大学
4月30日(日)
京都産業大学
12
:
00
京産大G

龍谷大学
5月6日(土)・7日(日)
 
:
 
一宮市
光明寺公園

5月21日(日)
10
:
00
福知山市
戸田地区

同志社大学
14
:
05
早稲田大学
5月28日(日)
天理大学
13
:
00
早稲田大学
6月10日(土)
立命館大学
14
:
00
天理大学
6月11日(日)
神戸製鋼
サニックス
6月17日(土)
日本
14
:
00
アイルランド
ページ上部へ戻る