10月15日(土) 第7節 豊田自動織機 27-22 東芝

ws_l3435トップリーグ 第7節
豊田自動織機 VS. 東芝

2016年10月15日(土) 14:00キックオフ グラウンド:ウェーブスタジアム刈谷
豊田自動織機 東芝
27 FULL TIME 22
17 前半
10 後半 17
勝点
4
詳細
(TL公式)
勝点
1

マッチレポート

秋晴れの素晴らしい天候のもと、試合前にはAIGタグラグビーツアーが行われ、元日本代表の大西将太郎氏をはじめタグラグビーのコーチのリードで、小学生27人が元気にタグラグビーを楽しんだ。

ws_l1747

その後、試合は多くの観衆が見守る中、シャトルズのキックオフで開始となった。
序盤はシャトルズが積極的に展開・攻撃するも、ブレイブルーパスが堅いディフェンスで守り、こう着状態が続く。

ここで先制したのは、シャトルズ。
前半11分に連続攻撃から最後はキックパスを使い、拾った⑬エンゲルブレヒドが左隅にトライ(ゴール成功)し、7-0と均衡を破るが、ここからブレイブルーパスが目を覚ます。
前半19分に有利に立つスクラムを押し込んだ後にボールをつなぎ、最後は⑮豊島がトライし、7-5と点差を縮め、さらに攻撃のテンポを上げていく。

ws_l2958

この状況を変えたのは,シャトルズ⑮ジェラードのビッグプレー。
前半22分に相手キックを自陣でキャッチした後、一人で70mほどを走りきり中央にトライ(ゴール成功)、14-5。

その後はブレイブルーパスの猛攻が15分ほど続くが、シャトルズはしつこいディフェンスで得点を許さず、逆に終了間際の前半38分にPGを追加し、17-5とシャトルズのリードで前半終了。

 後半は、風上に立つシャトルズがキックを有効に使い先にペースをつかみ、後半2分にPGを加え、20-5とリードを広げる。
その後もシャトルズは相手陣で優位に攻撃を重ねるも、決定的なチャンスは訪れず、逆に後半13分、ブレイブルーパスは敵ゴール前のスクラムから攻撃を継続し、最後は①三上がトライ(ゴール成功)し、20-12と点差を縮める。
さらに後半27分にPG成功、20-15。

ws_l2685

後半35分にはPKから素早くリスタートし、最後は⑩田村が抜け出して中央にトライ(ゴール成功)し、この試合初めてブレイブルーパスが、20-22とリードを奪う。

このまま試合終了かと思われた終了直前、シャトルズは敵ゴール前で執拗にサイド攻撃を繰り返し、フォーンが鳴り響くなか、サイド攻撃は継続、最後は左に展開して㉓松井が劇的なトライ(ゴール成功)をあげ再逆転に成功、27-22と見事な勝利を挙げた。

ws_l3435

記者会見ダイジェスト

豊田自動織機ブレイブルーパス
丹生監督
ホームということもあり、沢山のファンの方々の声援があり、それが選手の力になり、最後の最後に逆転勝利をつかむことができました。次の試合も小さなことをキッチリと積み重ねて最高のパフォーマンスを出して勝ちを掴み取りたいと思います。

高田キャプテン
6敗しているので、自分たちは相手がどんなチームであろうと関係ない、自分たちは失うものはないと言う気持ちでこの一週間準備をしてきました。とても良い準備ができたのでそのことが結果につながったと思います。

ws_l3636

東芝ブレイブルーパス
富岡監督
負けてはいけない試合、圧倒しなければいけない試合を落としてしまったことは大変悔しいですが、この試合をしっかりと反省し、残りの全ての試合を勝ちきれるようにチームのベクトルを合わせて、準備をしていきたいです。

森田キャプテン
今日の反省を生かして次の試合に取り組むだけです。

ws_l3567

(文責 大林直之 竹腰浩司)

AIGタグツアー

Coming soon.

フォトギャラリー

2016年10月15日(土) 豊田自動織機 対 東芝 撮影:清水良枝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

2月25日(土)
スーパーラグビー第1節
サンウルブズ
13
:
15
秩父宮

メンバー表

ハリケーンズ
3月4日(土)
スーパーラグビー第2節
サンウルブズ
19
:
55
シンガポール

キングス
ページ上部へ戻る