9月19日(土) プレシーズンリーグ 第3節 トヨタ自動車 39−8 Honda

WS_L1572
9月19日(土) プレシーズンリーグ 第3節 トヨタ自動車 VS. Honda

2015年9月19日(土) 19:00キックオフ グラウンド:パロマ瑞穂ラグビー場
レフリー:近藤栄作 (日本協会A1)
アシスタントレフリー:松岡辰也 / 梶原晃久 / 中村圭児
トヨタ自動車
ヴェルブリッツ
Honda
HEAT
39 FULL TIME 8
20 前半 3
19 後半 5
勝点
5
詳細
(TL公式)
勝点
0

◎マッチレポート

 風下のヴェルブリッツのキックオフでゲームが開始された。開始早々、キックオフからのこぼれ球を拾ったヴェルブリッツは、素早く展開しゴール前まで攻め込むが、ミスにより取りきれない。

その後もヴェルブリッツがボールを支配する時間帯が続くが、Honda HEATも必死のディフェンスで得点を許さない。

均衡を破ったのはヴェルブリッツ。前半15分、敵陣ゴール正面で得たペナルティキックを⑩樺島が落ち着いて決め、3-0と先制した。

その後もブレイクダウンで激しくボールに働きかけるヴェルブリッツは、前半22分に中盤でのターンオーバーから素早く仕掛け、最後は⑪城戸が40mを走りきりトライ。ゴールも決まり、10-0とした。

反撃したいHonda HEATは、中盤からのラインアウトをきっかけにチャンスをつくり、前半30分には敵陣10m付近で得たペナルティキックを⑮森田が確実に決め、10-3とした。しかし、ヴェルブリッツは直後の前半33分に②川西がトライ(ゴール成功)、前半40分にはペナルティゴールを決め、20-3とリードを広げ前半が終了した。

 後半、Honda HEATのキックオフによりゲームが再開された。

前半同様ブレイクダウンで優位に立つヴェルブリッツがテンポ良くボールを動かし、敵陣深くに攻め込む。後半12分、ゴール前でのラインアウトからモールで押し込み、最後は⑧タウファが押さえ、後半最初のトライを奪う。その後のゴールも決まり、27-3とリードを広げる。

トライが欲しいHonda HEATは、中盤でペナルティキックを獲得すると、キックでゴール前まで前進しチャンスをつくる。その後、後半20分、ゴール前の連続攻撃でボールを大きく動かし、最後は⑮森田がタッチライン際に飛び込み最初のトライを奪い、27-8とする。

しかし、ヴェルブリッツは直後の後半23分、⑮竹田のキックがきっかけとなり、サポートプレーヤーへの細かなパスから最後は大きく展開し、最後は⑰高橋のトライで追加点をあげる。ゴールも決まり、34-8とする。

さらに、後半31分にも⑧タウファが本日2つ目のトライをあげ、39-8とする。そのままノーサイドとなり、ヴェルブリッツが勝利した。

会見ダイジェスト

Honda HEAT

藤本ヘッドコーチ

 ありがとうございました。東海ダービーということで、公式戦でトヨタ自動車と対戦するのは4期ぶりだったが、球出しのところなどで終始プレッシャーを受け続けてしまった。トーナメントに向けて修正していきたい。

天野キャプテン

 ありがとうございました。ゲーム前に自分たちのやってきたことしっかりとやって挑戦しようと話をして臨んだゲームだったが、トヨタの圧力で受け身になってしまって、こういう結果になってしまった。自分たちのミスもあったので、そこを修正していきたい。

トヨタ自動車ヴェルブリッツ

菅原監督

 今シーズン初めてホームゲームでこういう試合ができて良かった。スクラムやラインアウトなどFWの強みをしっかりと出すことができた。この3試合、トヨタらしいゲームをやろうと戦ってきて、それを積み重ねることができた。

滑川ゲームキャプテン

 まずは、地元で多くの方に応援してもらい、幸せに感じた。東海ダービーということで、ホンダに勝つことができて良かった。こういうゲームをできたことで自信を持つことができた。この自信を過信にすることなく、トーナメントやトップリーグに向けて進化していきたい。

 

(記事:山下岳 写真:清水良枝 広報担当:進藤剛)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程


関西大学春季トーナメント

YoutubeLIVE配信!

7月14日(日)
関西大学春季T
同志社大
35
19
立命館大
天理大学
54
12
京都産業

ページ上部へ戻る