2月13日(土) 豊田自動織機 61-28 九州電力 トップチャレンジリーグ

トップチャレンジリーグ2021 第1節
2021年02月13日 13:30 KO
入場者数:0人 天候:晴れ/微風
レフリー:加古⼤樹(関東協会)
アシスタントレフリー:⼩出兼司(関西協会) / ⽊村正彦(関西協会) / 錦賢太(関西協会)
豊田自動織機 九州電力
61 FULL TIME 28
28 前半 14
33 後半 14
詳細
(PDF)

マッチレポート

待望のラグビー公式戦、トップチャレンジ第1節が穏やかな天候のもと、シャトルズのキックオフでスタートした。

直後のシャトルズのフィールディングミスから相手陣に進んだヴォルテクスは前半5分、スクラムからBK展開、さらにしつくこく順目サイドを攻撃し細かく前進。振り返したオフロードパスを主将⑥高井が受け取り、右中間にトライ。コンバージョンも成功し0−7と幸先よく先制する。

対するシャトルズは直後の前半8分、相手陣に進んだゴール前ラインアウトからモールで前進。②佐藤が右中間にトライ、コンバージョンも成功し7−7とすかさず追いつく。
さらに前半11分、ターンオーバーを連取したシャトルズは、空いたスペースへのキック、⑫ピシが貫禄のキャッチで右隅に飛び込みトライ、コンバージョンも成功し14−7と逆転する。
勢いのついたシャトルズは、前半17分、相手陣ゴール前スクラムからペナルティーを得ると⑥トコキオが速攻で左隅にトライ、コンバージョンも成功し、21−7とリードを広げる。スクラムで優位に進めるシャトルズは、中盤でペナルティーを得ると相手陣ゴール前へ前進。ライアウトモールで再度ペナルティーを獲得する。
前半31分、スクラムのつば迫り合いから左に大きく展開、最後は⑪中野が左隅に飛び込みトライ。コンバージョンも成功し、28−7とする。

悪い流れを断ち切りたいヴォルテクスは前半終了間際の41分、相手陣ゴール前からラインアウトモール、シャトルズの防御をかいくぐる我慢の前進、最後は⑧小原が左中間にねじ込みトライ。コンバージョンも成功し、28−14で前半が終了した。

後半、ペナルティーから相手陣に進んだヴォルテクスは、ラインアウトからピールオフでチャンスをつかみかけるが、シャトルズの攻守で地域を押し戻される。

その流れに乗じてシャトルズは、後半10分、相手陣10mラインアウトから中央を突破、巧みな内側へのスペースをついたパスで⑪中野が中央にトライ(コンバージョン成功)。35−14と後半もシャトルズがゲームを支配する。

さらにシャトルズは、ヴォルテクスの防御を崩し中盤の中央突破から前進しペナルティーを得る。相手陣ゴール前でラインアウトから右に展開し、トライかと思われたがヴォルテクスは諦めない防御でトライを防ぐ。

それでもシャトルズは後半22分、スクラムから右に展開し冷静に前進、最後は⑩清水が抜け出し中央にトライ、コンバージョンも成功し42−14と着実にスコアを重ねる。
さらにシャトルズは、防御・ラインアウトの精度が維持できないヴォルテクスに対し、後半28分 ⑯村川のトライ(コンバージョン成功)、後半31分⑪中野のトライ(コンバージョン成功)、後半36分㉓ジョシュアと3トライを重ね、61−14と大きくリードを広げる。

意地を見せたいヴォルテクスは自陣から果敢に攻撃し、後半40分、自陣から左サイドをパスワークで駆け抜け㉑中尾がトライ(コンバージョン成功)、さらに、後半42分、パスを受けた⑪磯田がステップで相手をかわし走りきりトライ(コンバージョン成功)と追い上げる。コンバージョンを決めたところで、ゲームはノーサイド、61−28とシャトルズは快勝で初戦を飾った。

(文責:品野 いっせい)

 

フォトギャラリー

KRPU 清水良枝