2月8日(日) 第52回日本選手権 慶応大学 7-76 神戸製鋼

WS_L2340

2月8日(日) 第52回日本選手権 神戸製鋼 対 慶応大学

2015年2月8日(日) 11:45キックオフ グラウンド:名古屋市瑞穂公園ラグビー場
レフリー:塩崎公寿
アシスタントレフリー:大槻卓 / 木村陽介 / 吉田庸平
慶應義塾大学 神戸製鋼
コベルコスティーラーズ
7 FULL TIME 76
 7 前半 28
 0 後半 48
詳細(TL公式)

◎レポート
小雨も降り、二月らしい気候の中、神戸製鋼のキックオフで試合がスタート。スタートから神戸製鋼のパワープレーが慶應大を圧倒し、前半3分にラインアウトとスクラムから⑧マット・バンリーベンがトライ、ゴールも成功させて7-0とした。その後7分間はお互いにキックでエリアを取り合うゲーム展開となる。

しかし、やはり神戸製鋼のDF圧力は強く、慶應大は前に出られず、前半10分に不用意なロングパスをパスカットされ、神戸製鋼にトライを献上、神戸製鋼はゴールも成功させ14-0した。神戸製鋼は攻撃でも個々の前に出る力の差を見せつけショートパス、オフロードをつなぎ、前半14分に④安井がトライ、ゴールも成功させ21-0とした。慶應大もDFで奮闘するも、コンタクトで圧倒する神戸製鋼が自由にボールを使い、慶應大を翻弄、前半31分にキック処理からトライ、ゴールも成功させ28-0とした。慶應大もしつこいDFで神戸製鋼の反則を誘い、キックで相手陣に入り、ラインアウトのサインプレーからFWが抜けて中央にトライ、ゴールも成功させ、7-28とし前半が終了した。

後半開始3分、神戸製鋼がDFの圧力から慶應大の反則を誘い、FWの勢いでトライ、7-33と後半開始早々に慶應大を突き放した。神戸製鋼はその後、後半6分に④安井がトライし、7-38とすると、後半10分にもBKがDFを崩して23トニシオ・バイフがトライ、ゴールも成功させ7-45とした。

後半17分、慶應大は低いタックルで神戸製鋼の前進をしつこく止めるが、じりじりと前進され、神戸製鋼がトライを奪う、ゴールも成功させ7-52。続けて後半19分にもキックパスを⑭山下がダイレクトにキャッチをしてトライ、7-57とした。さらに、神戸製鋼は後半23分、BKのDFブレイクからトライ、ゴールも成功させ7-64とした。神戸製鋼は後半30分にはモールで押し込みトライ、ゴールも成功させ7-71、後半40分、果敢に攻める慶應大のミスボールを神戸製鋼が拾い、そのまま走りきりダメ押しのトライで、7-76と神戸製鋼が快勝した。

(会見ダイジェスト)
慶應大義塾大学 和田康二 監督
大学では4チームしか出場することができない、日本選手権に出場できたことを嬉しく思う。1年前に神戸製鋼さんに100対0で負けたことを思い出す。この1年間は特にディフェンスに力を入れてきた。ゲーム前に低く鋭いタックルで挑戦しようと確認した。今日のゲームでも成果が出ている場面があった。このチームは本当にファイトしてくれた。後輩達にも素晴らしいものを残してくれたことに感謝したい。

木原健裕 キャプテン
チームは練習を重ねるたびに一つになっていった。日本選手権に向けて本当に素晴らしい準備ができたと思う。自分としては出場できずに、もどかしい部分もあったがチームを信じて声をかけ続けた。最高のチームだった。

神戸製鋼コベルコスティーラーズ ニコラス・ホルテン ヘッドコーチ代行
12トライのパフォーマンスには満足している。ただ、チームとしての100%ではないので次に向けて課題を修正していきたい。特にアタックでは前に仕掛けることができていなかった。ハングリーな選手をどんどん起用してチームの底上げをする。

橋本大輝 キャプテン
前半は自分達のミスが多くて前にでることができなかった。相手のディフェンスも早くてプレッシャーはあったが、それでもミスが多かったことを反省したい。後半には修正できていたが、次の戦いに向けてしっかり準備したい。ヤマハに負けてからの2週間では全員がアグレッシブにプレーしよう、自分たちのラグビーをしようと確認してきた。

(記事:竹腰浩司、植村元統 写真:清水良枝 広報担当:進藤剛)

主要試合日程

ページ上部へ戻る