ジャパンラグビートップチャレンジリーグ2017−2018順位決定方法

  • 2017-7-20

【順位決定】
リーグ戦の各チームの順位は次の方法により決定する。
なお、2ndステージ終了後の総合順位は2ndステージのAグループが総合1位~4位となり、Bグループが総合5~8位となる。

1.順位の決定にあたり勝ち点制を採用し、全試合終了時点で勝ち点の多い順に順位決定を行う。各試合の勝ち点は、勝ち4点、引分2点、負け0点とする。

2.ボーナス点として以下の勝ち点を与える。
①負けても7点差以内ならば、勝ち点1を追加。
②勝敗に関係なく3トライ差以上獲得したチームに、勝ち点1を追加。

3.1stステージ、2ndステージ、それぞれ全試合終了時点で勝ち点が同じの場合、次の各号の順序により  順位を決定する。
①勝利数の多いチームを上位とする。
②リーグ戦全試合の得失点差の多いチームから上位とする。
③当該チーム同士の試合で、勝ち点の多いチームを上位とする。
④3チーム以上が同じ勝ち点の場合、当該チーム同士の得失点差の多いチームから上位とする。
⑤リーグ戦全試合の総トライ数が多いチームを上位とする(ただし不戦勝などの理由で対象試合数が少ない場合はトライ数を当初予定の試合数に換算して比較する)。
⑥リーグ戦全試合のトライ後のゴール数が多いチームを上位とする。
*ペナルティートライはゴール成功とカウントする。
⑦当該チームで抽選を実施。

4.棄権(不戦敗)チームの取扱いと勝ち点等について。
①棄権(不戦敗)チームは、勝ち点0、相手チームは勝ち点5とする。
②棄権(不戦敗)チームについては通常通り記録は残すが、勝ち点が並んだ場合、当該チーム間のうち最下位扱いとする。

5.2ndステージのアドバンテージポイントの付与について1stステージの結果により、下記の通り2ndステージにアドバンテージポイントを付与する。
*1stステージ順位
1位・・・・・3点
2位・・・・・2点
3位・・・・・1点
4位・・・・・0点

5位・・・・・3点
6位・・・・・2点
7位・・・・・1点
8位・・・・・0点

以上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

10月14日(土)
豊田自動織機
コカ・コーラ
ヤマハ発動機
NTTコム
Honda
中部電力
大阪府警
JR西日本
神戸製鋼
パナソニック

京都産業
関西大学
立命館大
同志社大
10月15日(日)
近鉄
10
37
リコー
トヨタ自動車
31
32
サントリー
中国電力
7
48
三菱重工相模原
宗像サニックス
22
24
キヤノン

関西学院
近畿大学
天理大学

LINE_800

10月22日(日)
立命館大
12
:
00
京都産業
関西大学
14
:
00
同志社大学
ページ上部へ戻る