10月6日(土) Honda 12-41 パナソニック

ジャパンラグビートップリーグ2018-2019DSC_5498第5節 Honda VS パナソニック

2018年10月6日(土) 13:00キックオフ グラウンド:西京極陸上競技場兼球技場
レフリー:
アシスタントレフリー:
Honda パナソニック
12 41
12 前半 19
後半 22
詳細
(TL公式)

会見レポート

ホンダ ダニー・リー ヘッドコーチ
常に厳しいゲームだった。前向きな気持ちで臨んだが、私達はスロースタートで反応も悪い。その後盛り返しハーフタイムではいい位置にいると思った。
後半はパナソニックからかなりのプレッシャーがかかった。セットピースもラインスピードでも、私たちのリアクションが遅れた。それがゆえにミスをした。ミスをひき起こされた。
非常に厳しいが、学べることも多い。

小林亮太 キャプテン
前半の最初はペナルティで流れが掴めなかった。その後の流れは悪くなかったと思う。後半、風上なのでエリアを取ろうとしたが、やらせてもらえなかった。
点差はついたものの、やるべきことをすればトップチームにも戦えることがわかった。
これを80分間通せるようにしたい。
IMG_0854
Q.後半に差をつけられたが、前後半でパナソニックの攻めは変わったか?
小林キャプテン

変わったところはそうなかったと思う。パナソニックが前半に比べ、後半にしっかりプレーをしてきたという印象。

Q.反則が多かったが、原因は
小林キャプテン
私達のペナルティはほとんどがオフサイド。接点で食い込まれているからだ。練習から「50cm下がろう」と言っているが、徹底できなかった。ディシプリンの問題だと思う。

Q.具智元選手が試合に出ていないが
リー ヘッドコーチ
トップリーグが始まる1週前にけがをしてリハビリ中。さらに前回、タイトヘッドに2人めのけが人が出た。非常に厳しい状態。リーグ戦の間はこの体制で戦わなかればならないかも。


パナソニック ロビー・ディーンズ ヘッドコーチ
改善点は多いが、ボーナスポイントを取れたことは素晴らしい。下釜優次をトップリーグデビューに送り込めたことに満足している。短い時間だったが、いいパフォーマンスだった。

坂手淳史 ゲームキャプテン
ベストを見せようと挑んだ。前半はミスから失点する難しい展開だったが、後半はディフェンスから試合を作り直すことができた。
IMG_0858-001
Q.後半最初から集中力が見られたが、気をつけたいことはなにか
坂手 ゲームキャプテン

1人めのタックルを特に心がけた。前半、レメキ選手などに押されていたので、しっかり止めようと。

Q.スクラムも良かったように感じたが
坂手 ゲームキャプテン

前半は個々に行こうとして、バラバラになっていた。後半に改善できたと思う。

Q.蒸し暑く、急な豪雨にも見舞われた。天候の影響はあったか
坂手 ゲームキャプテン

ミスは多くなった。でもそれはお互い様。集中力を持ってプレーできたのが、点差を開けられた要因。

Q.野口竜司選手がトップリーグ初トライを上げたが、評価を
ディーンズ ヘッドコーチ

…気づいてなかった(笑)
彼は試合を通してエナジーを投入してくれ、素晴らしい。今日彼がやったことすべてがポジティブだ。

(文責:関西ラグビーフットボール協会 広報委員会)

フォトギャラリー

KRPU 渡辺隆夫


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

9月14日(土)
ムロオ2019関西大学A
関西学院
立命館大
ムロオ2019関西大学A
近畿大学
京都産業
9月15日(日)
ムロオ2019関西大学A
大阪体育
同志社大
ムロオ2019関西大学A
天理大学
摂南大学

ページ上部へ戻る