10月14日(土) Honda 155-0 中部電力

A55W5647
トップチャレンジリーグ2017-2018 1stステージ
Honda VS. 中部電力

2017年10月14日(土) 13:00キックオフ グラウンド:ホンダアクティブランド
Honda 中部電力
155 FULL TIME 0
87 前半 0
68 後半 0
詳細
(PDF)

マッチレポート

9月より始まったトップチャレンジリーグ、開幕から3連勝で勢いに乗るHondaがホームのHondaアクティブランドで中部電力と対戦。中部電力は開幕から九州電力、日野自動車、三菱重工相模原と3戦とも勝ち星を逃し、勝ち点を取れていない状況での4戦目となる。

A55W5482

雨が降り肌寒い天候の中、Hondaのキックオフで試合開始。試合開始からHondaがスクラムを圧倒。前半4分、そのスクラムに耐え切れなくなった中部電力のFWがコラプシングの反則を起こし、ペナルティーキックを獲得。ラインウアウトからモールを押し込みHonda②天野が先制のトライを決めた。その後Hondaは、⑤スナイマン、⑧トマシらFW勢を起点に攻撃を続け、⑩デブレチェニ、⑪生方、⑭レメキ、⑮トゥアのバックス勢が中部電力陣を縦横無尽に駆け回り、数分間隔でトライを量産。前半を87-0で折り返した。

A55W5608

Hondaは前半の勢いのまま、後半1分、中部電力陣内でラックをターンオーバーし、㉓尾又が右サイドにトライを奪う。中部電力は早々にトライを奪われたが、ディフェンスで相手のミスを誘うなどして粘りをみせ、Hondaの攻撃のリズムを乱す。Hondaがトライを奪うペースは遅くなったものの、後半20分Honda⑫朴がラインブレイクし、⑧トマシがトライを奪ったのを皮切りに、⑩デブレチェニ、⑭レメキらを起点に前半のペースを取り戻しトライを奪い続けた。後半27分中部電力は相手のキックオフサイドからペナルティを獲得。ラインアウトで攻撃のチャンスを得たが、それがノットストレートとなりチャンスを活かすことはできなかった。

C01I0651

終始一貫してHondaがゲームを支配し続けたままノーサイド。難しい角度のコンバージョンをも含め、87%という高確率で成功させた⑫朴のゴールの成果もあり、Hondaは155-0という大差でトップチャレンジリーグ4勝目を手に入れた。

(文責:石川・福森、広報担当:山中)

中部電力

フォトギャラリー

撮影者:萩原康夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

11月19日(日)
立命館大
摂南大学
天理大学
京都産業
関西大学
関西学院
近畿大学
同志社大学

LINE_800

ページ上部へ戻る