10月14日(土) Honda 155-0 中部電力

A55W5647
トップチャレンジリーグ2017-2018 1stステージ
Honda VS. 中部電力

2017年10月14日(土) 13:00キックオフ グラウンド:ホンダアクティブランド
Honda 中部電力
155 FULL TIME 0
87 前半 0
68 後半 0
詳細
(PDF)

マッチレポート

9月より始まったトップチャレンジリーグ、開幕から3連勝で勢いに乗るHondaがホームのHondaアクティブランドで中部電力と対戦。中部電力は開幕から九州電力、日野自動車、三菱重工相模原と3戦とも勝ち星を逃し、勝ち点を取れていない状況での4戦目となる。

A55W5482

雨が降り肌寒い天候の中、Hondaのキックオフで試合開始。試合開始からHondaがスクラムを圧倒。前半4分、そのスクラムに耐え切れなくなった中部電力のFWがコラプシングの反則を起こし、ペナルティーキックを獲得。ラインウアウトからモールを押し込みHonda②天野が先制のトライを決めた。その後Hondaは、⑤スナイマン、⑧トマシらFW勢を起点に攻撃を続け、⑩デブレチェニ、⑪生方、⑭レメキ、⑮トゥアのバックス勢が中部電力陣を縦横無尽に駆け回り、数分間隔でトライを量産。前半を87-0で折り返した。

A55W5608

Hondaは前半の勢いのまま、後半1分、中部電力陣内でラックをターンオーバーし、㉓尾又が右サイドにトライを奪う。中部電力は早々にトライを奪われたが、ディフェンスで相手のミスを誘うなどして粘りをみせ、Hondaの攻撃のリズムを乱す。Hondaがトライを奪うペースは遅くなったものの、後半20分Honda⑫朴がラインブレイクし、⑧トマシがトライを奪ったのを皮切りに、⑩デブレチェニ、⑭レメキらを起点に前半のペースを取り戻しトライを奪い続けた。後半27分中部電力は相手のキックオフサイドからペナルティを獲得。ラインアウトで攻撃のチャンスを得たが、それがノットストレートとなりチャンスを活かすことはできなかった。

C01I0651

終始一貫してHondaがゲームを支配し続けたままノーサイド。難しい角度のコンバージョンをも含め、87%という高確率で成功させた⑫朴のゴールの成果もあり、Hondaは155-0という大差でトップチャレンジリーグ4勝目を手に入れた。

(文責:石川・福森、広報担当:山中)

中部電力

フォトギャラリー

撮影者:萩原康夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

Daigaku2018

10月20日(土)
トップチャレンジ1st 第5節
NTTドコモ
九州電力
トップリーグ 第7節
ヤマハ発動機
40
36
リコー
トップリーグ 第7節
トヨタ自動車
豊田自動織機
トップリーグ 第7節
神戸製鋼
48
31
NEC
トップチャレンジ1st 第5節
中国電力
釜石
トップリーグ 第7節
コカ・コーラ
12
50
クボタ
トップリーグ 第7節
Honda
45
26
東芝
10月21日(日)
トップチャレンジリーグ 第5節
栗田工業
マツダ
トップチャレンジリーグ 第5節
三菱重工相模原
近鉄


banner_movie_site

LINE_800

ページ上部へ戻る