12月12日(土) 第5節 トヨタ自動車 34−3 NEC

WS_L1528-001

12月12日(土) 第5節 トヨタ自動車 対 NEC

2015年12月12日(土) 13:00キックオフ グラウンド:豊田スタジアム
サム・グローブ=ホワイト(スコットランド協会)
アシスタントレフリー:谷口かずひと / 木村陽介 / 中村圭児
トヨタ自動車
ヴェルブリッツ
NEC
グリーンロケッツ
34 FULL TIME 3
3 前半 3
31 後半 0
 勝点
5
詳細
(TL公式)
 勝点
0

マッチサマリー

 暖かな冬の陽射しの下、グリーンロケッツのキックオフで試合開始。序盤からお互いに積極的にボールを動かす。先制したのはグリーンロケッツ。前半7分、⑩ウェブがPGを成功させる。

WS_L0627-001

その後はグリーンロケッツの一人一人が一歩でも前に出ようという意識をもった攻撃を繰り返す。
それに対してヴェルブリッツもFW・BK一体となった連続攻撃で応酬し、お互い一歩も引かない展開に。そのような中で、次にスコアが動いたのは前半24分。シンビンで一人少ない状況の中でヴェルブリッツがよく攻め、PKを獲得し、⑩文字が確実にPGを決め同点に。

WS_L0642-001

その後はヴェルブリッツの攻めと、グリーンロケッツの反則が目立つ展開になるが、お互いに得点をあげることができず、3-3の同点で前半終了。

後半はヴェルブリッツが開始直後から果敢に攻め、後半3分に⑩文字のPG成功で均衡を破る。

WS_L1215-001

その後はグリーンロケッツのタックルが甘くなったところを、ヴェルブリッツが⑲レナルドをはじめとしたFW陣の縦突破を中心とした攻撃を仕掛けることで、一方的な展開に。10分、18分、24分、33分の4トライ(4ゴール)をすべてFWがあげ、34-3のスコアで快勝した。

WS_L1627-001

マン・オブ・ザ・マッチはトヨタ自動車 8番安藤泰洋

会見ダイジェスト

NEC 相沢総監督
強いトヨタにしっかり準備をしてきた。前半は良い内容だった。しかし、後半のペナルティが多く自陣にくぎ付けになってしまった。
しかし、NECの良いところも出ていたので、これを80分間出していけるように頑張る。

滝澤キャプテン
素晴らしい環境でラグビーをできたことに感謝したい。良いところ悪いところあるが、連敗しているチームのラグビーになってしまった。
前半は良かったが、最後に離されてしまった。

トヨタヴェルブリッツ 菅原監督
NECの粘り強いアタックとディフェンスに前半はリズムに乗れなかった。
後半は選手が仕事を果たし、ボールキープをしながら、相手にプレッシャーをかけることができた。次の試合に向けてしっかり準備したい。

滑川キャプテン
たくさんのお客さんに囲まれて良い環境でラグビーをすることができた。
前半はNECの粘り強いアタックとディフェンスに苦しんだが、後半は点差をつけることができた。
一つ一つのプレーにしっかりと集中することができた。

Q.谷口選手の様子は?
菅原監督
まだ様子は聞いていない。次の試合もあるので、しっかり治療と準備をさせたい。

Q.後半4トライの要因は?
菅原監督
前半はラインブレイクできたが、サポートが遅かったりした。
後半は選手が責任を果たすプレーができた。

Q.ディフェンスで相手をノートライに抑えた要因は?
菅原監督
ディフェンスの強化をしてきたこと。引き続き強化していきたい。

(文責:大林直之 小川智)

フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程


関西大学春季トーナメント
1回戦
同志社大学 69−0 関西学院大学

ページ上部へ戻る