10月3日(日) 天理大学 vs 関西大学

メンバー表 マッチレポート フォトギャラリー

2021ムロオ関西大学Aリーグ 第2節
2021年10月03日 14:00 KO
入場者数:0人 天候:晴れ/無風
レフリー:山口 明良(関西協会)
アシスタントレフリー:須川 貴也(関西協会) / 田村 智章(関西協会) / 天羽 吾路(関西協会)
天理大学 関西大学
69 FULL TIME 21
33 前半 7
36 後半 14
詳細(PDF)
プレイヤー・オブ・ザ・マッチ
▶天理大学 11内村祐介

メンバー表

▶PDFはこちら
 
天理大学
監督小松 節夫
Pos.氏名学年身長体重出身中学・スクール→高校
1PR高橋 虎太郎4177110報徳学園中→報徳学園
HO佐藤 康417096ニシカンJrラグビースクール→天理
3PR松野 楓舞1167100松山聖陵
4LOナイバルワガ セタ318898将軍野中→秋田工業
5LOパトリック・ヴァカタ1189115トンガカレッジ→日本航空石川
6FL服部 航大417798小坂中→天理
7FL亀沖 泰輝4184100尼崎ラグビースクール→市立尼崎
8NO.8山村 勝悟3178100長瀬中→天理
9SH藤原 健之朗116870ノーサイドJRS→日本航空石川
10SO筒口 允之117080長崎ラグビースクール→長崎南山
11WTB内村 祐介416575天理中→天理
12CTB間森 涼太318190水陽中→神戸科学技術
13CTB高部 勇417083加古川RS→天理
14WTBマナセ・ハビリ2175100トゥポウカレッジ→高知中央
15FB江本 洸志417378大池中→日本航空石川
16Re.谷口 永遠3173103大池中→関大北陽
17Re.三木 陽平317095若狭
18Re.岩室 勇汰4181110巽中→柏原
19Re.鄭 兆毅2185105正徳中→竹園
20Re.永井 響418195勝山中→天理
21Re.北條 拓郎217277南信州Jrラグビースクール→天理
22Re.前川 風雅217180OTJRS→天理
23Re.本田 飛翔218085天理中→天理
関西大学
監督森 拓郎
Pos.氏名学年身長体重出身中学・スクール→高校
1PR宮内 慶大1175105つくしヤングラガーズ→東福岡
2HO今井 虎太郎3174100天理中→尾道
3PR細矢 一颯2173102蹉跎中→関大北陽
4LO篠田 昂征118392徳島城東
5LO栗本 勘司418196報徳学園
6FL雨谷 陸椰2180100高槻RS→常翔学園
7FL千原 拓真417688長野市少年少女RS→中部大春日丘
8NO.8池原 自恩318094関大一
9SH溝渕 元気216974蹉跎中→大産大附属
SO高桑 基生416878大阪RS→常翔学園
11WTB木村 一信417884勝山中→天理
12CTB立石 和馬117585つくしヤングラガーズ→東福岡
13CTB工藤 広和417080原中→東福岡
14WTB三宅 伶317377芦屋RS→関大北陽
15FB山村 英毅317082交野一中/大阪RS→関大北陽
16Re.垣本 大斗217095枚岡中→石見智翠館
17Re.朝倉 貫太4177102國學院久我山中→國學院大久我山
18Re.志水 孝吉217298岬中→東海大大阪仰星
19Re.中薗 拓海218096茨田北中→関大北陽
20Re.山本 大輝417190菫中→常翔学園
21Re.湫 叶太216768東海大仰星中→東海大大阪仰星
22Re.石田 航希317175関大一中→関大一
23Re.藤原 悠417887伊丹RS→大阪桐蔭

マッチレポート

前年度学生王者、初戦(第1節)を近畿大学に敗れリーグ連勝を32で止められた天理大学と、同志社大学との初戦を落とした関西大学との1敗同士の一戦。

天理大のキックオフで始まった。
前節はトライが一つとゴールラインが遠かった天理大。一方、必勝に向けて最初の得点が欲しい関大。


3分、最初にスコアしたのは天理大だった。関大のエリア狙いのキックからカウンターアタック、自陣10M付近からWTB⑭マナセ・ハビリが個人技で走り切り右中間にトライ、ゴールはSO⑩筒口允之がきっちり決める。(7-0)
8分にも天理大が中央付近のラインアウトから左に展開し、NO8⑧山村勝悟がクラッシュ。⑩筒口からWYB⑪内村祐介に飛ばしパス、チーム一の俊足で50Mを走り切り左隅にトライ(ゴール成功)。(14-0)

12分には、敵陣22M付近のラックから出たボールを⑩筒口が⑪内村にキックパス、見事にキャッチし左隅に飛び込む。(19-0)
ここまで、天理大はテンポの良い攻撃で大外のWTBでトライを3つ挙げた。

24分、少し天理大のテンポがダウンし、関大はこの試合はじめてゴール前に迫る。FWが執拗にラックサイドを攻め続け、最後はSH⑨溝渕元気がゴールポスト横に飛び込む(ゴールはCTB⑬工藤広和が決める)。(19-7)
この後、26分に⑪内村が、33分にも⑭ハビリの両翼WTBがトライ(それぞれゴールも成功)し、天理大が大きくリードして前半を終える。(33-7)

後半も開始早々2分に、天理大⑪内村が本日4本目のトライ(ゴール成功)でさらにリードを広げる。(40-7)
関大も、5分に⑨溝渕が、24分にCTB⑫立石和馬がトライ(それぞれゴール成功)を返すも、天理大は後半だけで6本のトライを奪い大差でゲームを終了する。(69-21)

プレイヤーオブザマッチには、本日4本のトライを決めた韋駄天WTB⑪内村祐介が選出された。

会見レポート

関西大学
森拓郎監督
前節は、同志社さんからブレークダウンの厳しさを教えてもらったゲームだった。そこを修正してチャレンジしたかったが、立ち上がりで天理大学さんの圧力を受けてしまい、後手後手になってしまったかな。それで、デイフェンスの方も機能せず負けてしまったというゲームになってしまいました。

高桑基生ゲームキャプテン
入りの部分で天理大学さんの力強いボールキャリーに対して、関大のプレシャーデイフェンスが機能しなかった。天理大学さんの強みを非常に活かされた試合だった。アタックに関しては、後半の最後の方に自分たちの形で勢いのあるアタックができたかなと感じているので、次節以降、強みのアタックを活かして見ていて楽しいラグビーを目指したいと考えています。

Q.前に出るデイフェンスは関大がこだわってきたところだが、今後の修正点は?
森監督
セットスピードを速くすることを春の時点からやってきたが、上がることだけでは外が不利になるので、上がる上がれないを見極め、そしてコミュニケーションをしっかり取って組織的にデイフェンスしたかったが、今日は外の方でラインブレークされたという印象です。

Q.次の関学戦は今後の展開上、大きな分岐点になると思うが?また、意気込みは?
高桑ゲームキャプテン
勝つために必要なこととしては、自分たちが負けている中でもどれだけラグビーを楽しめるかということであるかと思っています。次戦に向けて修正点を整理し、直向きに取り組んでいきたいと思っています。
また、関学戦はただのリーグ戦ではなく、伝統ある定期戦ということなので、「勝つ」ということを第一目標に試合に向けて準備したいと思います。

森監督
リーグ戦での戦績とか一切関係なく、関関戦ということでしっかり勝ちにいく準備をしたいと思います。 


天理大学
小松節夫監督
開幕戦での負けを受けて、チームとしてこの2週間立て直そうと学生を中心に頑張ってやってくれました。その結果が今日の試合に出たのかなという気がします。失点も多かったので反省点も多いが、まずは勝てて良かった。このゲームをきっかけにさらに関西リーグでもしっかりと勝ち切れるように頑張っていきたい。

佐藤康キャプテン
近大さんに負けて、いろいろ(雰囲気であったり、声かけであったり)と変えようという思いで、下のチームも含め全体で変えることができたのと、勝てたということは大きい(次につながる)と思うので、この勢いに乗って引き続きいきたいと思います。

Q.この2週間、キャプテンとして一番意識したことは?また、学生のみでどのようなミーテイングを行ったのか?
佐藤キャプテン
やっぱりあの負けは大きかったですし、試合を通して元気がなかったということで、チームの雰囲気を変えていこうということ、寮での私生活を含めて変えていかないといけないということでいろいろ話し合いました。4回生を中心に自分たちで進んで掃除をしたりとか、できることをやっていこうということでやってきました。

Q.服部選手や山村選手の復帰があったが?
小松監督
FWでは昨年出ていた選手が4人残っているが、服部と山村が復帰したことでチームには安定感と勢いをもたらしてくれたと思います。

Q.2週間前、6シーズンぶりに負けた、その重みは?
小松監督
負けた重みは感じていない。ただ、敗因に対し、しっかり自分たちが向き合って、ここからチームの雰囲気とか状態をどう上げていくかを考えてこの2週間を過ごしました。

佐藤キャプテン
負けた重みというよりも、負けた原因は自分たちにあったということで、何が足りなったのか、何がダメなのかをしっかりとミーテイングで話し合って、この試合を準備してきました。

Q.本日活躍した内村選手の起用については?
小松監督
彼はとにかくフィニッシャーなので、近大戦は1トライしか取れなかったなかで、トライを獲ってくれることを期待して、また、開幕戦は就職活動で出れなかった。今日はその分まで含めて頑張ってくれたと思っています。

内村祐介選手
本日はいい形(大勝)で終われたので、次の試合につなげていきたいと思っています。 

Q.今シーズンに向けて磨いてきたことや自分の武器は?
内村選手
足の速さが武器なので、ステップであったり(新ルールへの対応も含めて)キックの練習もさせてもらっています。今日は大勝ということで終われたが、まだまだバックスでのミスやチームでの細かいミスも多かったので、そこの修正をこれからも行っていきたいと思っています。

Q.今日はWTBで仕留める形が多かったが、その分析は?
内村選手
FWでのブレイクが多くあった。そこで外が余る状況を作れたので、自分がボールを呼ばさせてもらって、こういう形になったと思っています。

Q.昨年度大学選手権の決勝(早稲田大学戦)はメンバー外であったが?
内村 選手
準決勝(明治大戦)は出れたが、決勝で出れなかった悔しさを忘れずにこれまでやってきました。


フォトギャラリー

萩原康夫


渡辺隆夫

写真の使用を希望される場合は下記のフォームより申請をお願いいたします。
写真使用申請フォーム