11月15日(日) 関西学院大学 52-31 摂南大学

2020ムロオ関西大学ラグビーAリーグ 第2節
2020年11月15日 12:00 KO
入場者数:734人 天候:晴れ/微風
レフリー:船岡克広 (関西協会)
アシスタントレフリー:西村純 (関西協会) / 神村英理 (関西協会) / 植森建次 (関西協会)
関西学院大学 摂南大学
52 FULL TIME 31
19 前半 10
33 後半 21
詳細 (PDF)
プレイヤー・オブ・ザ・マッチ
▶関西学院大学 1田畑司

マッチレポート

秋晴れの日曜日、ユニバー記念競技場にて、関西学院大学のKOで試合スタート。

最初のトライは関西学院大学。前半14分摂南大学のペナルティーにより関学がラインアウトからモールで押し込み右中間へ1番田畑のトライ。15番奥谷がキックを決め7-0と関学が先制。
先制を許した後、前半18分、摂南大学が敵陣22mラインから9番三田村がディフェンスのギャップをつきゴール中央へトライ。13番ヴィリアミ・ツイドラキがゴールを決め、7-7と同点に追いつく。
前半22分、摂南のスクラムペナルティーにより関学ラインアウトからそのまま中央へ押し込み2番竹内が右へトライ。ゴール不成功12-7
前半30分先ほどの同じ攻め方で関学が連続トライ。2番竹内がトライを決め、ゴール成功19-7。
前半42分関学ペナルティーから摂南の13番ツイドラキがPGを成功させ、19-10で前半を折り返す。

後半最初のトライはまたしても関西学院大学。後半2分、関学が敵陣22m付近ラインアウトよりモールで押し込み9番橋詰がトライ。ゴール成功26-10。
後半5分マイボールラインアウトから右へ展開。12番東がディフェンスラインを突破し、9番三田村が中央へトライ。ゴール成功26-17。
後半10分摂南の連続トライ。中央付近ラインアウトから左へ展開。ディフェンスラインを10番山田が切り裂き12番東へパス。そのまま独走し中央へトライ。ゴール成功26-24。
2点差まで迫られた関学は後半15分。摂南のスクラムペナルティーから5m付近ラインアウトでラックを形成。少しずつ前進し8番松田が中央へトライ。ゴール成功33-24。
後半29分関学マイボールスクラムから21番佐藤が持ち出しそのままゴール中央へトライ。ゴール成功40-24。
後半36分関学が敵陣ゴール前スクラムを押し込み20番上條が右中間へトライ。ゴール不成功45-24
後半40分関学19番江野がバックスラインのボールをインターセプトする。18番齊藤へ繋ぎゴールに迫り、摂南の反則により、認定トライとなる。52-24と突き放す。 後半43分摂南が敵陣22m付近スクラムよりすばやいラックで前進し、最後は13番ツイドラキがトライ。ゴールも成功させ52-31とするが、反撃及ばずノーサイドとなった。

POMは関西学院大学 1番田畑司。
関西学院大学FW陣がゲームの主導権を引き寄せ続けた。

試合後コメント

摂南大学 瀬川監督
大学選手権に勝ち残っていくためには勝たなければならない試合だったが、結果が出ず残念だ。しかし、来週近畿大学との試合が控えているため、この一週間が摂南大学の真価が問われる期間になると思う。今日の結果を真摯に受け止め、次週に備えたい。

摂南大学 三田村キャプテン
試合前は良い雰囲気で練習ができていた。チーム一丸となることができていた。今日は敗戦してしまったが、チームが何かをつかみ始めていると感じた。これが続けば勝ちに結び付くと思う。

Q.今日の試合を振り返って、スクラムの課題についてどう思うか。

瀬川監督
今日の敗因はスクラムでのペナルティーからの失点だととらえている。スクラムに関しては8人全員で押していくことが大切なので、その点を修正したい。今シーズン、ディフェンスに関しては成長していると感じているので、次戦ではセットプレーの安定を目指したい。


関西学院大学 小樋山監督
今日の試合において、摂南大学の必死なプレーや勢いに押されてしまう場面があり、試合の流れがつかめず最後まで苦しめられた。

関西学院大学 竹内キャプテン
勝利できたことはとても嬉しい。しかし、相手のプレッシャーによるミスやディフェンスで抜かれる場面があったので、それらは今後詰めていかなければならない。FWで圧倒できたことが今日の勝因だと考えている。

Q.チームとしてスクラムにフォーカスしてきたのか、今日のゲームプランとして注力したのか。
竹内キャプテン
チームとしてスクラムにはこだわってきた。

Q.新型コロナウイルス感染拡大により練習時間等が制限されてきたと思うが、どういった工夫をしてきたのか。
竹内キャプテン
FWだけでオンライントレーニングをしたり、一対一の姿勢など、基礎の部分は継続して行っていた。その積み重ねが練習再開時のまとまりにつながったと思っている。

フォトギャラリー

KRPU 萩原康夫


KRPU 坂田勇三


ダイジェスト