1月2日(土) 全国地区対抗大学ラグビー大会 愛知工業大学 69−5 大阪学院大学

WS_L2060

1月2日(土) 第66回全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会 1回戦 愛知工業大学 vs 大阪学院大学

2016年1月2日(土) 13:20キックオフ グラウンド:パロマ瑞穂ラグビー場
レフリー:
アシスタントレフリー:
愛知工業大学 大阪学院大学
69 FULL TIME 5
35 前半 5
34 後半 0
詳細(日本協会)

マッチレポート

 暖かな日差しのなか、大阪学院大学のキックオフによって試合が開始された。序盤から愛知工業大学がボールをキープし相手陣深く攻め込み、試合を優位に運ぶもミスがありなかなか得点には繋がらない。

WS_L2227

大阪学院大学も愛知工業大学の激しいプレッシャーに合い、なかなか相手陣にいけない状態で、前半11分、大阪学院大学の自陣5mスクラムからのキックを愛知工業大学がカウンターアタックをして⑪永田が右にトライ(ゴール成功)。7−0とする。
それからすぐに大阪学院大学も前半15分、連続アタックから⑮吉野が中央にトライ。7−5とする。
その後、大阪学院大学が流れをつかみ、相手陣深くに攻め込む。
しかし、愛知工業大学は自陣5mスクラムからBKが抜け出し、前半20分⑪永田がトライ(ゴール成功)、14−5とする。

その後立て続けに前半22分、愛知工業大学⑦我妻がトライを奪い、ゴールも成功し、21−5とリードする。
大阪学院大学もそれから攻め続けるも、愛知工業大学がブレイクダウンに人数をかけ、ターンオーバーをするなどなかなかトライに繋がらない。
そんななか、前半35分、愛知工業大学はラインアウトからラックを作り、SHがショートサイドを攻め⑮増田がトライ(ゴール成功)。28−5とする。
両者一進一退のプレーをするも大阪学院大学はトライを決めきれない。前半終了間際、愛知工業大学が攻め込み④高岸がトライ(ゴール成功)、35−5と突き放し前半終了。

後半は愛知工業大学のキックオフで試合が始まり、大阪学院大学のノックオンから愛知工業大学は、後半1分、⑩田中がトライ(ゴール成功)、42−5となる。
後半7分にも中央センタースクラムから右に展開、⑪永田がトライ。47−5。
後半11分にもラインアウトのターンオーバーから右に展開し裏にキックを蹴り⑮増田が拾いトライ。52−5。
大阪学院大学も果敢に攻めるも、ブレイクダウンで優位に立つ愛知学院大学からトライが奪えない。
後半20分キックカウンターから相手陣に攻め込みルーズボールを愛知工業大学⑫木村が拾いトライ。57−5。

その後は愛知工業大学が一方的にゲームを展開し、2トライ1ゴールを追加し、69−5で愛知工業大学が勝利し試合終了した。

(文責 石澤 一輝)

フォトギャラリー

組み合わせトーナメント表はこちら