12月21日(日) 2nd・第4節 豊田自動織機 46−14 宗像サニックス

HR5V069412月21日(日) 2nd・第4節 豊田自動織機 vs 宗像サニックス

2014年12月21日(日) 11:40キックオフ グラウンド:名古屋市瑞穂公園ラグビー場
レフリー:原田隆司 (日本協会A)
アシスタントレフリー:近藤栄作 / 木村正彦 / 中村圭児
豊田自動織機
シャトルズ
宗像サニックス
ブルース
46 FULL TIME 14
24 前半 0
22 後半 14
 勝点
5
詳細(TL公式)  勝点
0

◎レポート
暖かい日差しが降り注ぎ、強い風の残る冬晴れの中、ブルースのキックオフで試合開始。立ち上がり、ブルースはゴール前まで攻め込み、ラインアウトモールで前進を試みるもミスでトライは奪えなかった。

その後、ブルース陣でゲームが進み、前半10分、シャトルズが連続攻撃から⑩ジェラードが左中間にトライ。ゴールも成功し、7-0とする。その後のキックオフからシャトルズが展開し、ブルース陣でゲームを進め、前半30分、シャトルズがPGで3点を加え、10-0とする。前半34分⑥バツベイ、前半36分には⑩ジェラードとトライを重ねゴールも成功し、24-0となる。その後、ブルースがキックオフのボールを確保し、ゴール前まで攻め込むもペナルティでスコアすることができず、24-0で前半を終えた。

後半に入り、2分にシャトルズが⑨梅田のトライで先制する。ブルースは後半6分に連続攻撃から中央に23ヘスケスがトライ、ゴールも成功し、31-7となり、流れを掴みかけるも、後半9分に不行跡によるシンビンで一人を欠きリズムに乗り切れない。

すると、後半19分、シャトルズはペナルティからラインアウトモールで④岡崎がトライ、ゴール成功で36-7となる。後半22分、シャトルズの攻撃をブルース23ヘスケスがインターセプト、80mを独走し、右中間にトライ。ゴールも成功し、36-14となる。その後は、シャトルズが攻め続けて得点を重ね、46-14でシャトルズがセカンドステージ初勝利を納めた。

(会見ダイジェスト)
○サニックス 藤井監督
前半の出来が悪かった。降格を避けるために,これから1週間頑張りたい。

田村主将
前半のスコアの差が後半響いた。残り3試合すべて福岡で試合ができるので,残留を決めたい。

Q;ファーストステージと同じ対戦であったが,何か対策は?
A;(監督)外国人選手対策を考えた。そして,アタックをしっかりできるような準備をした。

Q;後半に1本返した後に続かなかったが?
A;(監督)その後にまた相手に流れをやってしまったのが失敗だった。

Q;次の試合に向けての修正点は?
A;(監督)この前2試合は前半がよく,今日は前半がダメだった。前後半両方ともしっかりできるようにしたい。

○豊田自動織機 丹生HC
地元の試合で,多くのファンに観戦してもらえて感謝している。その中で勝てて良かったが,勝因はボールキープができたことと,粘り強いディフェンスができたことだ。サニックスもブレイクダウンの入りなど素晴らしく,得点ほどの差はなかった。残りの試合すべて勝ちたい。

梅田主将
負けたら終わりの状況の中で,勝ててうれしい。アタックは自分たちのリズムでできた。ミスから攻められたのはきつかったが,我慢できたのが勝因。

Q;FWのプレッシャーがよかったが, FW戦については?
A;(HC)スクラムでのプレッシャーがよかった。ラインアウトも安定していた。

Q;この試合の反省材料は?
A;(HC)ブレイクダウンのところを修正したい。ボールキャリアに対する2人目のサポートが遅かったので,球出しが悪くなった。

(記事::水野竜太 大林直之 写真:清水良枝 広報担当:進藤剛)

主要試合日程

ページ上部へ戻る