12月3日(土) 近畿大学 vs 京都産業大学

入場者数:5583人 天候:晴れ/微風
レフリー:米倉 陽平(関西協会)
アシスタントレフリー:杉戸 大樹(関西協会) / 横下 隼(関西協会) / 杉江 良之(関西協会)
近畿大学 京都産業大学
18 FULL TIME 39
13 前半 15
5 後半 24
勝点
0-5
詳細(PDF)
プレイヤー・オブ・ザ・マッチ
▶京都産業大学 5アサエリ・ラウシ

メンバー表

▶PDFはこちら
 
近畿大学
監督神本 健司
No.Pos.氏名学年身長体重出身中学・スクール→高校
1PR池田 真人4171100ヤマハRS→中部大春日丘
2HO平沼 泰成317094北陵中→中部大春日丘
3PR稲場 巧2175108生駒ラグビークラブ→近大附属
4LO駒井 凌太218498兵庫RS→天理
5LO甲斐 登生4183107石切中→石見智翠館
FL中村 健志417596英田中→近大附属
7FL岩本 圭伸217888東生野中→常翔学園
8NO.8古寺 直希217196喜連中→石見智翠館
9SH田原 慶人416368石切中→石見智翠館
10SO半田 裕己317285四条畷中→天理
11WTB三島 琳久417591宝塚RS→大阪桐蔭
12CTB森元 翔紀416985伊丹RS→報徳学園
13CTB藤岡 竜也218494金岡北中→浪速
14WTB植田 和磨217683明石ジュニアRS→報徳学園
15FB阿曽 有馬217585各務原RS→中部大春日丘
16Re.宮﨑 賢輝417093長与ヤングラガーズ→長崎南山
17Re.弓部 智希117397城南中→石見智翠館
18Re.楠本 唯陽4178105シーカラグビーアカデミー→熊野
19Re.楠 大輝118394石切中→日本航空石川
20Re.松井 那智4180101小阪中→石見智翠館
21Re.福山 太陽317381大池中→滋賀学園
22Re.嶋 竜輝217686石切中→日本航空石川
23Re.高城 圭雄417278大阪RS→摂津
京都産業大学
監督廣瀨 佳司
No.Pos.氏名学年身長体重出身中学・スクール→高校
1PR野村 三四郎4176103高杉→西陵
2HO李 淳弘2173100大池→大阪朝鮮
3PR渡辺 龍4175108甲南→甲南
4LO堤田 京太郎4180100枚岡→大阪桐蔭
5LOアサエリ・ラウシ4190113トンガカレッジ→日本航空石川
FL福西 隼杜4178100伊丹RS→報徳学園
7FL松永 壮太朗218791勧修→京都工学院
8NO.8高本 泰伍417290大池→関大北陽
9SH土永 旭217070西陵→光泉カトリック
10SO西仲 隼417281瑞光→近畿大学附属
11WTB西 浩斗216980熊本RFC→熊本西
12CTB家村 健太417693ビックブルージュニア→流経大柏
13CTB高井 良成317682瑞光→関大北陽
14WTBシオネ・ポルテレ1184115トンガカレッジ→目黒学院
15FB北山 絢大417077樟葉→東海大仰星
16Re.梅基 天翔4175100WILD BANDITS→高岡第一
17Re.乳井 大士2168103名古屋RS→中部大学春日丘
18Re.川口 新太2185127宝塚RFC→東海大仰星
19Re.三木 皓正317494西陵→京都成章
20Re.ヴェア・タモエフォラウ3186118オネハンガ→札幌山の手
21Re.西川 敢太416570四日市Jr.RFC→西陵
22Re.藤本 凌聖217285鈴鹿RS→朝明
23Re.辻野 隼大217682長吉西→京都成章

マッチレポート

曇り空、ゆるやかな風が吹く、第1グラウンド第2試合は、全勝優勝を目指す京都産業大学と、前節まで3位、第1試合の結果から、勝ち点1をあげれば大学選手権出場が決まる近畿大学の試合となった。

前半2分、近大のキックオフからの攻防で、京産大がノットリリースザボールのペナルティー。
近大は、ペナルティーキックを選択、⑩半田が相手陣22m外側左中間から決め、30と先制する。

京産大は、ラックでの近大のオーバーザトップのペナルティーからキックで前進、相手陣22m内側左ラインアウトから、フェーズを重ねゴール前5mへ、近大がオフサイドのペナルティー。
京産大は、ペナルティーキックを選択し、⑩西仲が決め、前半7分、3-3とふりだしに戻す。

近大は、相手陣でゲームを進め、前半10分と前半19分に、ほぼ同じ位置、相手陣10内側中央付近のペナルティーキックの機会を得るが、ゴールポスト左に外れ追加点が奪えない。

すると、京産大は、自陣10m内側左中間、ファーストスクラムから優位に立つスクラムで、近大のコラプシングのペナルティーからキック前進、さらに、続く攻撃のなかで、近大のノットロールアウェイのペナルティーからキックで、さらに前進し、相手陣ゴール前5m左ラインアウトとなる。

前半26分、京産大は、そのラインアウトからモールからラックでの2回目のフェーズで④堤田が左中間へトライ、83とする。

近大は、キックオフ再開での攻防で⑨田原のハイパントでゴール前へ、京産大はそのボールをキャッチし前進を図るもノットリリースザボールのペナルティー、近大は、ペナルティーキックを選択、⑩半田が相手陣22m内側正面から確実に決め、前半29分、68と追随する。

さらに、近大は、相手陣ゴール前10m付近左の京産大のラインアウトのボールを獲得すると、ゴール前5mでフェーズを重ね、選手の負傷対応でレフリーが試合を止める。

再開となった、前半34分、近大の相手陣ゴール前5m中央でのスクラムから⑧古寺が右へ持ち出しゴール前へ、ラックが形成されると、そこから素早く⑦岩本が持ち出しトライ、⑩半田のコンバージョンも成功し、138と逆転する。

京産大は、前半36分に、相手陣10m内側左ラインアウトからの一連の攻撃のなかで、⑫家村がインゴール左隅を目がけてグラバーキック、⑪西が近大ディフェンスと競り合いながら、そのボールを先に抑えトライ、⑩西中のコンバージョンも成功する。

1513で前半終了、京産大が2点リードで折り返す。

後半、京産大のキックオフで再開。

近大がエリア獲得を目指し蹴ったロングキックのボールのバウンドは、キック処理で最後尾にいた⑤アサエリ・ラウシへ行くかと思ったところ、バウンドは戻り気味となり、⑨土永が戻りながらバウンドに合わせボールをキャッチすると、素早く縦に走り込んできた⑤アサエリ・ラウシへパス、相手ディフェンスの間を、低いタックルを避けながら、走り切り左中間へトライ、後半開始早々、2013とリードを拡げる。

近大は、京産大のペナルティーからキックで前進、後半4分すぎ、相手陣22m内側右ラインアウトにてノットストレートでチャンスを活かせない。

京産大は、相手のハイパントを確実にマイボールとすると、今度は、自陣22m右中間から10m右中間を目がけて⑨土永がハイパント、近大ディフェンスの間にボールが落ちるとバウンドは、相手陣10m目がけて大きくバウンド。そのボールを近大が自陣側へタップし、さらにバウンドすると、そのボールを京産大⑤アサエリ・ラウシが拾い上げ、近大ディフェンスを引きつけながら、相手陣22m中央で、右中間走る⑭シオネ・ポルテレへロングパス。
⑭シオネ・ポルテレは、ディフェンスを一人かわし右隅へトライ、後半11分、京産大は2513とさらにリードを拡げる。

大学選手権出場に向けて、京産大に7点差以内の差の試合としたい近大あったが、ハンドリングエラー、スクラムでのコラプシングで、決定的な機会を創れない。

京産大は、後半23分、相手陣22m外側右ラインアウトから、モールを形成しゴール前でラックとなり、FWでフェーズを重ねる、近大の必死のディフェンスを、最後は④堤田がかいくぐりトライ(コンバージョン成功)、3313とする。

近大は、後半34分すぎに、相手ペナルティーからキックで前進、ゴール前5m左ラインアウトで痛恨のノックオン。

京産大は、この自陣ゴール前5mスクラムから、⑩西仲は、インゴールで⑭シオネ・ポルテレへパス。⑭シオネ・ポルテレは相手でディフェンスをかわし、スピードに乗ると恵まれた体を活かし、右タッチライン沿い、相手ディフェンスを次々と弾き飛ばし、相手陣10m内側でラックとなる。
そのラックから⑨土永は、素早くBKへ展開、大きくスペース空いたスペース、⑬高井にパスが渡ると、縦にスペースを走り切り、ゴール中央へトライ(コンバージョン成功)、後半36分、3913とする。

最後まで諦めない近大。自陣10m内側右中間のスクラムから攻める。京産大のペナルティー、ノット10メートルを誘い、キックで前進し、相手陣22内側左ラインアウトでは、BK2人を残し、13人でモールを形成、押し込むと、京産大はたまらずコラプシングのペナルティー。
近大はキックで、相手陣ゴール前5m左のラインアウトとすると、再度、13人でモールを押し込み、㉑福山がトライ、後半46分、1839とした。

京都産業大学は2連覇を達成。プレイヤーズオブザマッチには、⑤アサエリ・ラウシ選手が選ばれた。

会見の様子


フォトギャラリー

■KRPU 渡辺隆夫

■KRPU 萩原康夫
写真の使用を希望される場合は下記のフォームより申請をお願いいたします。
※ただし、日本代表戦の写真の場合はすべて対象外となり、ご使用いただけません。
写真使用申請フォーム