11月24日(日) 第6節 近畿大学 27-17 関西学院大学

2019ムロオ関西大学ラグビーAリーグ 第6節

近畿大学 対 関西学院大学

2019年11月24日(日) 14:00キックオフ
グラウンド:布引グリーンスタジアム(布引運動公園陸上競技場)
入場者数:1214人
天候:晴れ/微風
レフリー:八木聖也(関西協会)
アシスタントレフリー:西村純(関西協会) /  大川貴史(関西協会) /  高尾陽平(関西協会)
ムロオ マン・オブ・ザ・マッチ:近畿大学 1紙森陽太
近畿大学 関西学院大学
27 FULL TIME 17
7 前半 17
20 後半 0
詳細
(PDF)

マッチレポート

ここまで2勝3敗の近畿大学、3勝2敗の関西学院大学、大学選手権出場の当確ラインが4勝3敗になりそうなだけにどちらもどうしても負けられない戦いは、11月末とは思えない暖かさの滋賀県東近江市の布引グリーンスタジアムで行われた。

先制は近大、3分に関学陣10m付近のモールからのこぼれ球に9番宇都宮佑介が反応してキャッチし右隅にトライ、12番福山竜斗のゴールも決まり、7-0とする。

近大は良い感じのゲームの入り方でその後も短いバックスラインで攻撃を仕掛けるが、関学はそれにしっかり対応し攻撃を寸断する。
10分に関学は相手陣ラックから左へ展開し14番中孝祐が右隅にトライ、15番奥谷友規がゴールを決め7-7と追いつくと、その後15番奥谷がトライ、前半終了間際には奥谷がPGを決め7-17とリードして終える。

後半も先制したのは近大、3分に12番福山がPGを決め、10-17と点差を詰めると、8分には相手陣ゴール前スクラムを押し込みターンオーバーし4番坂上知志が押さえて17-17と振り出しにもどすと勢いに乗った近大は18分に12番福山がトライ、22-17と逆転に成功。

関学は何度か相手陣で攻撃を仕掛けるが、ミスで攻めきれない。一方の近大はその後14番川井太貴がゴール前左隅に上げられたキックパスをキャッチしトライを重ねて27-17と突き放した。後半に入ってデフェンスを修正した近大が関学をノートライに押さえての勝利であった。

後半のキックでの陣取り合戦や近大陣での残り10分間の攻防など緊張感ある引き締まった一戦であった。

MOMに選ばれたのはスクラム最前列で体を張った近大1番紙森陽太。

近畿大学 中島茂総監督
7年ぶりの選手権出場のためには、今日の一戦に勝利する必要があった。万一、三つ巴になれば得失点差で12点差以上が必要になり、2点差足りないので5位の確立が高いが、まだ次のゲームが残っているので、何とか4勝3敗に持っていかなければならない。
前半のデフェンスで受けてしまったが、後半のデフェンスが出来れば前半にもう1本くらいは取れていたかもしれない、しかし見ごたえのある試合をしてくれた。

MOMインタビュー

フォトギャラリー

■撮影者:清水良枝

■撮影者:KRPU渡辺隆夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

12月14日(土)
清水建設
栗田工業
12月15日(日)
関西学院
38
19
朝日大学
同志社大
17
48
筑波大学


ページ上部へ戻る