9月22日(土) Honda 29-31 クボタ

ジャパンラグビートップリーグ2018-2019第4節DSC_2799
Honda VS クボタ

2018年9月22日(土) 15:00キックオフ グラウンド:シティライトスタジアム
レフリー:
アシスタントレフリー:
Honda クボタ
29 31
22 前半 17
後半 14
詳細
(TL公式)

 


会見レポート

Honda
ダニー・リー監督

リーグ戦の中で、一番大きなゲームだった。残り3試合厳しい状況になった。コントロールできた時もあったけれど、やってはいけないミスや判断もあった。29対17でゲームを終わらせるべきだった。29対24になって、ペナルティを蹴る機会があったのに、そこで判断ミスをして,自陣でプレッシャーの中プレーをした。クボタがうまくプレーしたこともあるが,自陣で長時間プレーをしたことが敗因であった。長い時間勇気をもってディフェンスできた。70分間はプレーできたが,80分間には届かなかった。最終結果は残念だったが,残り3試合しっかりやっていきたい。

小林主将
ビッグゲームというのは分かっていて、入りはよくペースを握れたが,そのままのペースでいくことができなかった。クボタさんがうまくて、ホンダは自分たちのミスやペナルティによってゲームをコントロールできなかった。しっかりもう一回気持ちを前に向けて,全員でハードワークしていきたい。

DSC_3322


クボタ
フラン・ルディケ ヘッドコーチ

勝利に感謝したい。ホンダはタフな相手だった。80分間戦い続けないといけないことと,相手の圧力を跳ね返してやっていかなければならないことは準備してきた。キャプテンの頑張りに敬意を表したい。前半の大差から立て直してくれた。ヤマハとパナソニックとの接戦を逃したが,今回の勝ちでそれを取り戻した。ハーフタイムでは、前にもこういう経験があるので,自分たちのやってきたことを信じ,お互いを信じて後半に向かおうと話した。前半、DFが乱れスペースができたところを、ホンダはすばらしいチームなのでそういうところを攻められた。後半トライをとられたが、それを取り返していくのがこのチームの特徴だ。

クボタ 立川主将
勝てたという結果はよかったけれど,内容はあまり良くなかった。来週ゲームがないのでしっかりリカバリーしてリコー戦に向けて準備していきたい。試合に関しては,敵陣に入れた後、持ち味のFWがよく努力してくれた。スクラムで相手にプレッシャーをかけ、最後にスコアしてくれ、FWのおかげと思っている。スクラムで押し、バックスがエリアマネジメントして敵陣に入り、FWの勝負でしっかりと勝っていく。前半はそういう機会があまりなかったが、後半はキックとかプレッシャーで敵陣に入ることができ、取り返すことができた。地方開催は今年はあまりないが、チームとして1週間前に啓発活動など協会さんといっしょに取り組めたことなどよかったと思う。

フォトギャラリー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程



関西セブンズ 社会人・クラブの部

1回戦
10:00 中部電力 52-0 三島クラブ
10:20 ユニチカ 17-28 愛知教員クラブ
10:40 JR西日本 24-12 芦屋クラブ
11:00 大阪ガス 24-19 六甲ファイティングブル

2回戦
11:50 三島クラブ 0-52 ユニチカ
12:10 芦屋クラブ 10-36 六甲ファイティングブル

準決勝
12:30 中部電力 24-12 愛知教員クラブ
12:50 JR西日本 26-17 大阪ガス

5位決定戦
14:20 ユニチカ 5-28 六甲ファイティングブル

3位決定戦
14:40 愛知教員クラブ 26-19 大阪ガス

決勝
15:00 中部電力 19-12 JR西日本

関西セブンズ 大学の部

1回戦
10:20 IPU環太平洋大学 31-10関西大学
10:40 大阪体育大学 5-48 摂南大学

2回戦
11:00 近畿大学 31-36 関西学院大学
11:20 京都産業大学 14-19 同志社大学
11:40 天理大学 44-7 IPU環太平洋大学
12:00 摂南大学 31-12 立命館大学

プロップセブンズ
12:30 レッド 19-15 ブルー

準決勝
13:10 天理大学 12-33 関西学院大学
13:30 同志社大学 29-19 摂南大学

エキシビジョンマッチ
14:00 近畿大学 47-19 立命館大学
14:20 京都産業大学 29-7 関西大学
14:40 IPU環太平洋大学 27-5 大阪体育大学

決勝
15:10 関西学院大学 21-26 同志社大学

ページ上部へ戻る