9月19日(土) プレシーズンリーグ 第3節 豊田自動織機 22−31 東芝

WS_L0195
9月19日(土) プレシーズンリーグ 第3節 豊田自動織機 VS. 東芝

2015年9月19日(土) 16:40キックオフ グラウンド:パロマ瑞穂ラグビー場
レフリー:立川誠道 (日本協会A1)
アシスタントレフリー:谷口かずひと / 木村陽介 / 藤塚光浩
豊田自動織機
シャトルズ
東芝
ブレイブルーパス
22 FULL TIME 31
10 前半 19
12 後半 12
勝点
1
詳細
(TL公式)
勝点
5

◎マッチレポート

スタジアムに秋を感じさせるコンディションの中、ブレイブルーパスの風下からのキックオフでゲームが開始された。

強風を利用して地域を進めたいシャトルズであったが、先制したのはブレイブルーパス。前半2分、キックカウンターから前進、相手陣ペナルティーを得るとタッチキックでゴール前のラインアウトを獲得、そのままモールで押し込み⑥山本紘がトライ、0-5とした。

対するシャトルズもすぐさま反撃、バックスに展開し前進、最後は左中間に⑧クリスが飛び込みトライ、5-5とした。

その後もお互いが強い圧力を掛け合う攻防の中、相手ゴール前に地域を進めたブレイブルーパスは前半12分、ペナルティーを得るとスクラムを選択、再三押し込んだ後バックスに展開、⑬ニコラスが抜け出しゴール中央にトライ(ゴール成功)、5-12とした。

優勢にゲームを進めるブレイブルーパスは前半17分、キックカウンターからシャトルズの防御の隙をつき展開、最後は⑭松延が左中間に飛び込みトライ(ゴール成功)、5-19とリードを広げた。

 

その後、双方ハンドリーグエラーなど細かなミスが続く。それでも前半36分、ゴール前のラインアウトを得たシャトルズはラインアウトモールを形成、巧みに揺さぶり④藤井が抜け出しトライ、10-19とスコアが拮抗して前半が終了した。

 後半風上に立ったブレイブルーパスはキックで地域の前進を試みるもキックの精度が上がらず、中盤での攻防が続く。双方戦術的入れ替えでリズム、テンポの変化を試み始めるが、ゲームの展開はやや膠着してゆく。

それでも自力に勝るブレイブルーパスは後半20分、ゴール前のラインアウトを獲得、前半から優位に立つラインアウトをモールで前進、最後はペナルティートライ(ゴール成功)で10-26と引き離す。

さらに後半26分、キックカウンターよりバックスが前進、巧みにゴールを継続し⑮夏井が左中間にトライ、10-31と勝利に近づく。

対するシャトルズも積極的にボールを継続しトライをうかがう。後半31分、今度はシャトルズFWがラインアウトモールを形成、前半同様巧みに揺さぶりながら前進、⑦竹内が飛び込みトライ(ゴール成功)、17-31と意地を見せる。さらに後半39分、FW・BK一体となった連続攻撃で⑭赤石が左中間にトライ、22-31とスコアを縮めるが、ゲームはそのままブレイブルーパスが勝利を収めた。

会見ダイジェスト

豊田自動織機シャトルズ
丹生ヘッドコーチ

 リコー戦の反省を生かして、フィジカルで勝負をして勢いをつけたいと思っていたが、逆にプレッシャーをかけられてミスをさせられた。ボールキープやパスキャッチの部分でミスが出てしまった。

 後半は、前半のミスを修正しようとして臨んだ。後半については今シーズン一番の出来だったと思う。それだけに前半が悔やまれる。

松岡キャプテン

 フィジカルでプレッシャーをかけられてミスが出てしまった。しかし、チームメイトの良い所がいくつか見られたので嬉しく思う。ミスのあった部分を修正していきたい。

東芝ブレイブルーパス
冨岡監督

 前節までに2試合戦って、選手たちも疲れている中で、集中して試合をすることができた。けが人も戻ってきて、良い緊張感を保てている。

次の順位決定戦やトップリーグに向けて良い準備をしていきたい。

森田キャプテン

 1位で通過できて嬉しく思う。ゲームで、練習の積み重ねの中での甘さが出てしまった。2週間後の順位決定戦へ向けて、修正していきたい。

(記事:早坂一成 写真:清水良枝 広報担当:進藤剛)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程


関西大学春季トーナメント

YoutubeLIVE配信!

7月14日(日)
関西大学春季T
同志社大
35
19
立命館大
天理大学
54
12
京都産業

ページ上部へ戻る