11月30日(日) 第7節 天理大学 59-7 大阪体育大学

AK2_1142-14-11-30-関西大学Aリーグ
関西大学Aリーグ 第7節

2014年11月30日(日) 13:00キックオフ グラウンド:天理教親里競技場 入場者数:ー 天候:ー
レフリー:ー
アシスタントレフリー:ー
天理大学 大阪体育大学
59 FULL TIME 7
40 前半 0
19 後半 7
詳細(PDF)

◎マッチサマリー
関西大学Aリーグも最終節、快晴に恵まれた天理親里競技場で天理大学と大阪体育大学の試合が行われた。3勝3敗で一つでも上位を狙う天理大と僅差で試合を落としているが、入れ替え戦までに立て直したい大体大の試合。

大体大の⑮前川雄のキックオフで試合が始まった。開始早々の2分、天理大が自陣10mから相手選手をタックル倒しボールを奪った⑬ジョシュアケレビが独走し、左中間に先制トライ、ゴールも⑩キャプテン斎藤遼太郎が成功し7-0とする。

4分に再び天理大が自陣22mラックから展開し、フォワードから⑨藤原恵太、⑩斎藤から⑫白井竜馬に繋ぎ最後は⑮東口剛士が中央にトライ、ゴールも⑩斎藤が成功し、14-0。攻撃の手を緩めない天理大は得意の展開ラグビーでその後、4トライ3ゴールを決め、40-0とし前半が終了。

後半4分に天理大は自陣からの連続攻撃でゴール前2mから⑨藤原がラックサイドを潜り込みトライ、ゴール不成功45-0。意地を見せたい大体大は14分、ゴール前スクラムからサイドを攻め最後は⑥荒田強志が右中間に初トライ、ゴールも⑩門田卓也が成功し45-7とする。

リズムを掴んだ大体大は相手陣で攻め続けたが、天理大の厚いディフェンスを突破出来ず、33分には逆に天理大が自陣から⑲フィシブナトゥイアキが抜け出しフォローした⑪森川稔之が中央にトライ、ゴールも⑩斎藤が成功し52-7とリードを再び拡げる。

35分に天理大はラックから途中出場した佐川敦希が抜け出し、⑰白隆周がライン沿いを走り込み左中間にトライ、ゴールも⑬ジョシュアケレビが成功し、59-7として、ノーサイド。天理大は大学選手権に向けて攻守にわたり立て直しができた試合だった、一方大体大は入替戦となるが強力フォワードを全面に出し、Aリーグの意地を見せる戦いに期待したい。MOMには、先制トライと攻守に活躍した⑬ジョシュアケレビが選ばれた。

(記事:玉川育夫 写真:長谷川昭男 広報担当:北畑幸二)