9月2日(土) 第3節 宗像サニックス 14-35 リコー


トップリーグ2017-2018 第3節
宗像サニックス VS. リコー

2017年9月2日(土) 15:00キックオフ グラウンド:維新百年記念公園陸上競技場
宗像サニックス リコー
14 FULL TIME 35
前半 19
後半 16
詳細
(TL公式)

会見レポート

宗像サニックス
藤井雄一郎監督
去年はここで良いゲームができたので、今年もそのようなゲームをしたかった。前半の入りは良かったが、自分たちのペナルティーで13人になってしまった。ペナルティーの中身も毎週、レフェリーによってルールが少し違うので、その辺を検証しながら、次のゲームに備えたい。

- リコーをどのように崩すプランだった?
アタックで、外側のスペースをつく手段を少し変えて臨んだ。最初はうまくいったが、途中から反則でプランが潰れてしまった。

星本泰憲ゲームキャプテン
ペナルティーをしてはいけないエリアで犯してしまい、チャンスが潰れた。
攻め込んでもペナルティーでエリアを返され、苦しい試合になってしまった。

- スクラムでのプレッシャーは?
最初の2~3本は、ブルースにとって組みづらいスクラムだったが、何本か組むうちに、少しづつ修正はしていけた。試合は今後も続くので、スクラムの入りは締めてかかりたい。

1G1A9451

リコー
神鳥裕之監督
本日はありがとうございました。今日は勝って5ポイントが取れ、最低限の結果としては嬉しいが、内容的には反省の多い試合だった。試合の入りに、サニックスさんにアタックをさせてしまい、後手になり、また激しいディフェンスにうまく対処できなかった。勝って反省すると共に、次週のヤマハ戦に向けてしっかり準備したい。

- RWCキャンプ地誘致もしている山口県でのゲーム、盛り上がりを感じたか?
グラウンドコンディションもとても良く、たくさんの方が応援してくださり、良い雰囲気の中でゲームをさせてもらえた。環境もとても良かった。

山本昌太ゲームキャプテン
山口県でのゲームは、とても良い雰囲気の中でプレーすることができた。
結果は5ポイント取って勝てたことだけがプラス。トップ4を目指しているチームとしてはまだまだなので、今日の試合内容をしっかり反省して、次週のヤマハ戦に向けて準備したい。本日はありがとうございました。

- 相手がシンビンで13名になった時は?
ゲームプラン通り、まずは相手のエリアに入ることを考えた。今日はフォワードが、モールで取ろうと強い気持ちを持っていて、ペナルティーをもらってもモールプッシュで、良いコミュニケーションが取れた。

1G1A9459

(文責:山口県ラグビーフットボール協会 宮地竜史)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

Daigaku2018

10月20日(土)
トップチャレンジ1st 第5節
NTTドコモ
九州電力
トップリーグ 第7節
ヤマハ発動機
40
36
リコー
トップリーグ 第7節
トヨタ自動車
豊田自動織機
トップリーグ 第7節
神戸製鋼
48
31
NEC
トップチャレンジ1st 第5節
中国電力
釜石
トップリーグ 第7節
コカ・コーラ
12
50
クボタ
トップリーグ 第7節
Honda
45
26
東芝
10月21日(日)
トップチャレンジリーグ 第5節
栗田工業
マツダ
トップチャレンジリーグ 第5節
三菱重工相模原
近鉄


banner_movie_site

LINE_800

ページ上部へ戻る