11月13日(日) 第5節 天理大学 53−21 立命館大学

20161113kda5toshf020
2016ムロオ関西大学ラグビーAリーグ 第5節
天理大学 VS. 立命館大学

2016年11月13日(日) 14:00キックオフ グラウンド:天理親里競技場 入場者数:1,645人 天候:晴れ/無風
レフリー:木村陽介 (日本協会A2)
アシスタントレフリー:小出兼司(関西協会) / 福岡直己(関西協会) / 佐藤祥仁(関西協会)
ムロオ マン・オブ・ザ・マッチ:天理大学 10後藤大輔
天理大学 立命館大学
53 FULL TIME 21
17 前半
36 後半 14
詳細(PDF)

マッチレポート

ここまで圧倒的なスピードとゲームメイクで、全試合危なげなく勝ち進んできた天理大学と、4戦を終えて2勝2敗と苦しい戦いを強いられている立命館大学の一戦。
前半絶え間ないアタックを仕掛ける天理大に対し、根気よくディフェンスした立命館が密集から反撃して食い下がる。後半は天理大がテンポアップ。強力なFWから供給されたボールが自慢のBK陣に渡ると、グラウンドを縦横無尽に走りきり最終的には53−21と、天理大学の圧勝となった。

キックオフからエンジン全開の天理大はテンポよく攻め、10後藤が右へスライドして走ると立命館のディフェンスにギャップができる。裏へ出て、外の14久保へ。あっと言う間にトライを奪う。Gは失敗し5-0。

その後、お互いキックを多用し、ゲームは落ち着いた流れに。

17分、敵陣22m内でマイボールラインアウトを得た天理大は、ここからも展開し中央ゴールポスト前でラックを形成。2フェイズ後左へ回して、11井関が左隅に飛び込んでトライ。Gは失敗し、10−0とする。

20161113kda5toshf023

これで天理大のペースかと思われたが、26分に立命館が1本返す。セットプレーでリズムをつかむと、キックでボールを敵陣深くへ。追いかけた14別府がさらにインゴールまで蹴り込んでトライを奪う。G成功で10-7と追いすがる。

20161113kda5toshf012

流れが悪くなった天理大だったが、キーマンたちが個々の能力で一気に立て直す。30分、リスタートから敵陣に攻め込むと15ケレビがハンドオフで粘りスペースを作る。内に走り込んだ14久保がフリーでボールをもらい、トライを奪うと17-7。このまま前半が終了する。

後半最初のトライを奪ったチームが、ゲームの主導権を握ると予想される中、取ってきたのは天理大。後半2分、22m内のマイボールラインアウトからモールを形成。左右にドライブしながら、2藤浪がおさえてトライ。Gは失敗するも22-7。

その後、9分に立命館、13分に天理大、20分に立命館、25分に天理大と交互にトライを奪い合い34−21。緊迫した試合となるが、勝敗を決定づけたのは後半30分。天理大は素早いアタックで攻め上がり、残り22m付近で12王子から外の14久保に山なりのロングパス。これが通って、トライを奪い試合を決めた。Gは失敗し39−21。

その後も天理大は33分と41分にもトライ。53−21で圧勝した。
マン・オブ・ザ・マッチには、試合を通してうまくコントロールし続けた10後藤大輔が選ばれた。

20161113kda5toshf005

フォトギャラリー

2016年11月13日(日) 天理大学 対 立命館大学 撮影:古田浩

oudanmaku_ol

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

10月14日(土)
豊田自動織機
コカ・コーラ
ヤマハ発動機
NTTコム
Honda
中部電力
大阪府警
JR西日本
神戸製鋼
パナソニック

京都産業
関西大学
立命館大
同志社大
10月15日(日)
近鉄
10
37
リコー
トヨタ自動車
31
32
サントリー
中国電力
7
48
三菱重工相模原
宗像サニックス
22
24
キヤノン

関西学院
近畿大学
天理大学

LINE_800

10月22日(日)
立命館大
12
:
00
京都産業
関西大学
14
:
00
同志社大学
ページ上部へ戻る