12月21日(日) 2nd・第4節 トヨタ自動車 29-44 東芝

HR5V2130
12月21日(日) 2nd・第4節 トヨタ自動車 vs 東芝

2014年12月21日(日) 14:00キックオフ グラウンド:名古屋市瑞穂公園ラグビー場
レフリー:加藤真也 (日本協会A1)
アシスタントレフリー:松本剛 / 関谷惇大 / 木村正彦
トヨタ自動車
ヴェルブリッツ
東芝
ブレイブルーパス
29 FULL TIME 44
19 前半 13
10 後半 31
 勝点
1
詳細
(TL公式)
 勝点
5

◎レポート
午後になり、気温も上昇し、昨日の寒さを忘れるような気候の中、ブレイブルーパスのキックオフからスタート、前半7分まではお互いに激しい体の当てあいが続きこう着状態。

前半7分、ヴェルブリッツの反則からブレイブルーパスがPGを狙うも失敗、その直後に再びヴェルブリッツの反則からブレイブルーパスがPGを選択し今度は成功、3点を先取。その後も激しい試合が続くが、前半13分、ヴェルブリッツの大きな展開からWTB⑭彦坂匡がブレイブルーパスDFを切り裂き中央付近にトライ、ゴールも成功させヴェルブリッツが7—3と逆転。

前半20分、ブレイブルーパスはヴェルブリッツ陣に入り、優勢だったスクラムでプレッシャーをかけ、ヴェルブリッツの反則を誘い、ペナルティートライを獲得、ゴールも成功、ブレイブルーパスが7—10で逆転する。その後はヴェルブリッツの攻撃が継続するも、反則からチャンスを失っていたが、後半30分、BKのアタックから、速いテンポでボールを動かし、⑮竹田が右隅にトライ、ゴールは失敗し12—10とヴェルブリッツが再び逆転。

前半37分、負傷者もでる激しいコンタクトの連続の中、ヴェルブリッツが自陣で反則、ブレイブルーパスがPGを選択、難なく成功させ12−13とさらに逆転する。そして前半終了間近、ヴェルブリッツの速いテンポのアタックがブレイブルーパスのDFを崩し、WTB⑭彦坂匡が個人技で抜き去り中央付近いトライ、ゴールも成功させ19—13で逆転し、前半が終了した。

後半スタート直後、風下のブレイブルーパスが必死に自陣から脱出しようとするも、うまく脱出できず、ヴェルブリッツが逆にチャンスを活かし、2分に⑫マッキンタイアがトライ、ゴールも成功させ26—13とブレイブルーパスを突き放した。

その後は、ヴェルブリッツの反則の連続から自らピンチを招き、逆にブレイブルーパスはそのチャンスを活かし、後半9分にトライを獲得、ゴールも成功させ26−20とブレイブルーパスが追いすがる。再びヴェルブリッツの反則の連続から、ブレイブルーパスは相手陣ラインアウトを獲得、モールを形成し、押し込み⑥リーチがトライ、ゴールも成功させ、ついに後半15分、26−27とブレイブルーパスが逆転する。

後半17分、ヴェルブリッツもブレイブルーパスの反則からPGを選択し、成功させ29—27と再び逆転するも、ブレイブルーパスの勢いは止まらず、ヴェルブリッツは苦しくなり、後半22分反則をする。ブレイブルーパスはPGを選択し29—30とする。

一進一退の攻防がは続くが、ヴェルブリッツの反則は続き、ピンチを招く、ブレイブルーパスの勢いはさらに上がり、後半29分にトライを獲得、ゴールも成功させ29—37とヴェルブリッツを突き放した。後半37分には、ブレイブルーパスは前半から優勢に組んでいたスクラムでとどめのトライを獲得、ゴールも決め29—44とし試合終了。

お互いにコンタクトの激しい互角の試合を繰り広げたが、反則の分だけヴェルブリッツが苦しい試合となった。MOMは、東芝①三上正貴。

(会見ダイジェスト)
○トヨタ 廣瀬監督
先週キャノンに勝って、上位チームの対決にモチベーション高く臨むことができた。東芝さんとは今年もフィジカルの対決になると予想していた。前半はプラン通り進められ、風上の後半もプラン通りに進めたかったが、相手が強かった。ただ、半分以上はゲームを支配していたので、次戦でもトヨタらしさをだして望みたいと思う。

文字ゲームキャプテン
前半はプラン通りいったがが、後半はペナルティの多さやセットプレーの不安定さから崩れてしまった。次は自分たちのラグビーを前後半通して続けたいと思う。

Q;FWのできはどうか。」
A;(監督) スクラム以外は良かった。

Q;「ゲームプランはどのようなものか。」
A;(監督)フィジカルでダイレクトに勝負し、スペースを突こうとした。

Q;「選手交代についてはどうか。」
A;(監督)後半追い上げるために、イエーツの突破に期待し起用した。また、デイゼルは負傷交代。

○東芝 富岡監督
今日は勉強になった。日本代表のキャプテンのマイケルがゲームキャプテンとして帰ってきて、80分間戦ってくれた。彼のおかげで勝利をたぐり寄せることができた。ただ、ミスから自滅した場面もあったので、今後の試合はミスなく戦っていきたい。

リーチゲームキャプテン
先週サントリーに負けたが、1週間良い準備ができた。ただ、前半の立ち上がりに問題があったが、後半はスイッチが入りやるべき事が徹底できた。今後はスイッチの入れ方を考え、次のキャノン戦の準備をしていきたい。

Q;「リーチ選手を復帰戦でゲームキャプテンとして出場させた意図は。」
A;(監督)マイケルは日本代表のキャプテンですので、チームにではプレーに集中してもらいたいという考えがある。だが、今回はサントリー戦に負けた後の試合だったので、チームをまとめるアクセントになってほしいと思い、任せた。

Q;「森田選手の状態はどうか。」
A;(監督)今の状況を認め、できることを精一杯やってほしいと思う。

(記事:竹越浩司 山下岳 写真:清水良枝 広報担当:進藤剛)

主要試合日程

ページ上部へ戻る