12月20日(日) トップチャレンジ2第2節 中部電力 17-31 九州電力

トップチャレンジ2 第2節 中部電力 VS 九州電力

2015年12月20日(日) 13:00キックオフ グラウンド:パロマ瑞穂ラグビー場
レフリー:工藤隆太 (日本協会A1)
アシスタントレフリー:大槻卓 / 浅田幸臣 / 吉田庸平
中部電力 九州電力
キューデンヴォルテクス
17 FULL TIME 31
7 前半 12
10 後半 19
詳細
(TL公式)

マッチレポート

雲ひとつない快晴の下、パロマ瑞穂ラグビー場にてトップチャレンジシリーズ2、第2節が中部電力のキックオフで試合開始。
前半4分、中部電力は敵陣10mライン付近でペナルティを獲得するもゴール成功せず。しかしながら、その後も巧みなキックを多用し敵陣で試合を進め、右サイドラインアウトよりモールを押し込み前半8分、③山森(達)が右隅にトライ(ゴール成功)、先制する。

その後、前半10分過ぎより今度は九州電力が敵陣でFW、BK一体となった連続攻撃でチャンスをつかみ、最後は⑪磯田が快足を生かして、前半12分左隅へトライ(ゴール失敗)。

一進一退の攻防がしばらく続いたが前半36分、九州電力が敵陣、左サイドラックから右への積極的な展開後、再度左へ展開し、⑪磯田が突破、⑥中村がフォローし中央へトライ(ゴール成功)。前半は7-12で九州電力がリードして終了。

後半も激しいタックルの応酬で互いにボールを奪い合う展開。
後半6分に九州電力が自陣22mセンターでノットロールアウェイの反則をおかし、中部電力がPGを成功。10-12と2点差に迫る。
しかし、後半19分、中部電力SO⑩高山が中央付近で蹴ったボールを九州電力がチャージし、⑪磯田がキャッチ。そのまま独走し左中間へトライ(ゴール成功)、10-19 と再び突き放す。

後半20分過ぎよりは、中部電力が敵陣で積極的にゲームを進め、後半25分、インゴールで九州電力のキックをチャージし、⑧古屋が押さえトライ(ゴール成功)。
17-19と2点差に詰め寄り、勝負の行く先が再びわからぬ展開になったと思われたが、直後の後半28分、九州電力が敵陣でFW、BK一体となる連続攻撃をしかけ、⑬下釜がトライ(ゴール成功)、17-26とする。

後半40分終了間際にも⑰松永が右中間にダメ押しトライで17-31とし、勝利をおさめ、トップチャレンジ1への進出を決定した。

(マッチレポート 笠木邦彦)

フォトギャラリー

主要試合日程

ページ上部へ戻る