11月18日(日) 第6節 同志社大学 31-24 大阪体育大学

2018ムロオ関西大学ラグビーAリーグ 第6節DSC_9077同志社大学 対 大阪体育大学

2018年11月18日(日) 12:00キックオフ
グラウンド:神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
入場者数:1474人
天候:晴れ/無風
レフリー:木村正彦(関西協会)
アシスタントレフリー:落田佳宏(関西協会) / 竹内洸貴(関西協会) / 坂平誠(関西協会)
ムロオ マン・オブ・ザ・マッチ:同志社大学 14高野蓮
同志社大学 大阪体育大学
31 FULL TIME 24
17 前半 12
14 後半 12
詳細
(PDF)

マッチレポート

2018ムロウ関西大学ラグビーAリーグは早くも終盤の第六節を迎えた。前々節・前節と2連勝で2勝3敗とした同志社大学と前節にAリーグ復帰後待望の勝ち星を挙げ1勝4敗とした大阪体育大学。大学選手権出場に望みをつなげるためにも必勝の同大、入替戦を避けるためにもどうしても勝ちたい大体大の一戦。

良好なコンディションのなか、大体大のキックオフで始まった。
序盤、同大が何度か敵陣22Mの中に入るが、ラインアウトのミスなどでチャンスをものにできない状況が続いた。
スコアが動いたのは12分だった。同大はゴール前10M付近ラインアウトから左に展開、ゴール前でラックを形成、今度は右に展開し、⑫永富晨太郎が右サイドラインギリギリにキックパス、⑭髙野蓮がキャッチし右隅に走り込みトライ、5-0と先制する。

DSC_3154

23分、今度は大体大、ゴール前5Mマイボールスクラムを何度か組み直し、コラプシングで得たペナルティアドバンテージを得るや否や⑧本庄拓真が持ち出し、最後は①中島悠太がゴールポスト中央に押さえ込む、⑮中山敦喜がゴールを決め、5-7と逆転。

DSC_3339

その後すぐの25分、大体大敵陣10M付近のラックから⑨赤堀風雅から走り込んできた④山本剣士にパス、40Mほど走り切り、右中間にトライ5-12と差を広げる。
しかし、同大は33分、ゴール前15M付近のラインアウトから右に左に展開し、⑨人羅奎太郎からパスを受けた⑫永富が2人を引き付け、⑭髙野にオフロードパス、そのまま右隅に飛び込みトライ。10-12と点差を詰める。
前半の最後はロスタイム42分、ゴール前センタースクラムから展開したボールを今度は⑫永富自らが個人技で敵をかわし右中間にトライ、⑮安田卓平がゴールを決め17-12と逆転に成功し、前半を終える。

DSC_3588

後半先制は、大体大だった。7分、④山本の突破をきっかけに敵陣22M中央付近のラックから⑨赤堀、⑩高未來、⑪田中晴哉へとパスを通す、22Mほど走り切って左隅に滑り込み17-17と同点に追いつく。
10分、今度は同大、ゴール前ラックから左へ展開し、最後はルーキー⑪和田悠一郎が左中間に回り込んでトライ、⑮安田のゴールが成功し24-17とまた勝ち越す。
しかし21分、今度は大体大がゴール前ラックから右に展開、⑫山下真之介がゴールポスト右へトライ、⑮中山がゴールを決め、24-24と同点に追いつく。
どちらに勝利の女神が…。33分、同大はインパクトプレイヤーとして入ったNO.8⑳ファイアラガ望サムエルがゴール前10M付近のラインアウトからそのまま力づくで持ち出し、左中間に押さえ込み、FB㉓南野仁がゴールをきっちり決め31-24と逃げ切った。

DSC_9207

MOMには、本日2トライとチームの勝利に貢献した⑭髙野蓮が選ばれた。

DSC_9271

試合後キャプテンインタビュー

フォトギャラリー

■撮影者:KRPU 渡辺隆夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

2月2日(土)
日仏ラグビーチャリティーマッチ
TL選抜
クレルモン

ページ上部へ戻る