10月20日(土) トップチャレンジ1 第5節 NTTドコモ 79-0 九州電力

トップチャレンジリーグ 1stステージ 第5節20181020-DSC_2470
NTTドコモ VS 九州電力

2018年10月20日(土) 11:30キックオフ
グラウンド:万博記念競技場
NTTドコモ 九州電力
79 FULL TIME
50 前半
29 後半
詳細(PDF)

マッチレポート

メインスタンドに立つと左から右へ北よりの強風が吹く万博記念競技場で開かれたトップチャレンジ第5節。リーグトップを行く近鉄に勝ち点1の差で追うNTTドコモレッドハリケーンズと、ここまで勝ち点4と上位に勝って上昇のきっかけをつかみたい九州電力キュウデンヴォルテクスの対戦となった。

20181020-DSC_0018

試合は風上に位置した九電のキックオフで始まった。いきなりの4分。九電のノックオンから敵陣に入ったドコモ。PKでタッチから右ラインアウトでモールを形成して、最後は2番フッカー緑川昌樹が押さえて幸先よく先制。9分にも相手パスのインターセプトから相手陣で試合を進め、やはり右ラインアウトからのモールを押しこんで、緑川がトライを奪った。緑川はこの試合3トライ。

20181020-DSC_0933

その後も12、19、22、26、31、33分とノーホイッスルトライや強烈な縦攻撃などで6トライを決めて前半は50-0で終えた。

20181020-DSC_0221

後半に入ってもドコモの勢いは止まらない。5分、ドコモは相手ゴール前20m左中間スクラムから更に左へ展開し最後はポイントゲッター・左ウイング11番久内崇史が押さえた。このトライを皮切りに、4トライを上げて終わってみれば79-0と圧勝した。何とか1トライでも返して意地を見せたい九電も終了近く、ドコモ陣で試合を進めたが決定力を欠いたこととドコモの固いディフェンスを崩すことができず無念のノートライに終わった。

20181020-DSC_1989


会見レポート

NTTドコモ
マイケル・ブリューワー ヘッドコーチ

勝てると思っている試合だからこそ油断をしないよう、全員が自分の力を出し切ることに集中しないといけない試合だった。今日はそれができていて、良いテンポでのプレーにつながってトライを重ねることができた。キックオフのレシーブと、後半、疲れてきたときのラックへのアクションが遅れていたことが、今後の課題として残った。

九州電力
川嵜拓生 監督

コンタクトの差で劣勢を余儀なくされたが、それよりもマイボールでの継続で工夫が必要であった。(ミスが多かったが)相手のプレッシャーがかかる中でもミスをしないで継続をしないといけない。次節からの課題だ。

(文責:大阪府協会 丸井康充)


フォトギャラリー

撮影者:KRPU 山口勝一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

98koukou_shinsei_bana_800X482

12月15日(土)
トップリーグ順位決定戦
コカ・コーラ
31
36
豊田自動織機
トップリーグ順位決定戦
日野
34
37
宗像サニックス
トップリーグ順位決定戦
東芝
31
18
キヤノン
トップリーグ順位決定戦
NEC
24
30
Honda
3地域チャレンジマッチ
中部電力
7
59
清水建設
12月16日(日)
大学選手権3回戦
慶應義塾大学
京都産業大学
大学選手権3回戦
立命館大学
明治大学

ページ上部へ戻る