10月12日(日) 1st・第6節 宗像サニックス 21-59 東芝

20141012Hiroshima
トップリーグ 1stステージ・第6節 宗像サニックス VS 東芝

2014年10月12日(日) 14:06キックオフ グラウンド:コカ・コーラウエスト広島スタジアム 入場者数:3106人 天候:くもり / 弱風
レフリー:戸田京介
アシスタントレフリー:塩崎公寿 / 吉川浩司 / 緒方耕(関西協会)
宗像サニックス ブルース 東芝 ブレイブルーパス
21 FULL TIME 59
 0 前半 31
 21 後半 28
 勝点
0
  勝点
5

◎レポート

8月、広島市を襲った大雨土砂災害。試合に先立ち犠牲者の冥福を祈り黙祷が捧げられた。台風19号接近の影響か、冷たい風がセンターポールに掲げられた半旗を揺らす中、東芝のキックオフで開始された。開始直後いきなりゲームが動く。サニックスが敵陣10mのラックから左に展開したボールを、東芝左CTBリチャード・カフイがインターセプト。50m独走トライで先制。(G成功)その後も東芝は13分、20分と敵陣に攻め込み、パスを繋いでトライを重ね、2本とも難しい角度のGKをSH小川高廣が確実に決めてリードを広げる。風上のサニックスはロングキックで敵陣深く攻め込むも、密集での反則やミスなどで主導権を奪えず。象徴的なシーンは前半33分サニックス、自陣で得たPKから敵陣深くタッチを狙うもノータッチ。キャッチした東芝は自陣22mからカウンターを仕掛け敵陣ゴール前に迫り、ラックからパスを繋いで左WTB吉田大樹がトライ。前半終了間際にも敵陣ゴール前でボールを支配した東芝が、ドライビングモールで押し込むかと思いきや一転、SH小川がオープンサイドへロングパス。右CTB仙波智裕→FBクーパ・ブーナと繋いで最後は右WTB松延泰樹が右隅へトライ。「前半はパーフェクト」(冨岡ヘッドコーチ)の言葉通り31-0で折り返した。

サイドが変わった後半、風上に立った東芝は開始直後、敵陣22mL右タッチライン際でこぼれたボールを12リチャードが拾ってディフェンス3人をステップでかわすと、最後は11吉田に渡ってトライ。後半も東芝のペースかと思われた。7分、サニックスは自陣からカウンターでバックスが繋ぎながら大きくゲインし、相手ゴール直前まで左CTBロビンスブライスが持ち込む。一旦は相手ディフェンスに止められたものの、フォーローしてきた右CTB高山国哲に何とか繋いで初トライ。(G成功)息を吹き返したか、サニックスは自陣からまたもやパスを繋いで相手ゴール前まで迫り2次3次とボールをキープ。しかしあと一歩で東芝に奪われ、逆にカウンターから左WTB吉田の独走を許しトライを奪われる。アタックもディフェンスもラインがバラバラになった感のあるサニックスは時おり23カーン・ヘスケスが抜け出すも、後が続かずゲインできない苦しい展開を強いられた。「後半の後半、失速した」(冨岡デッドコーチ)東芝はゴール前まで攻め込みながら、浮いたボールをサニックス23カーンがキャッチしそのまま単独で80mを走り抜いてのトライを奪われる。「らしさ」が出せないままのサニックスだったが35分、自陣10mLモールから右タッチ際をNo8新井信善が抜け出し、SH濱里耕平→右WTBアンドリュー・エブリンハムへ外・内・内とつないで意地のトライを奪った。終了のホーンが鳴り響き、残り1プレーとなってから東芝11吉田が自らのパントキックをキャッチしてそのままダメ押しのトライでノーサイドとなった。マン・オブ・ザ・マッチは東芝リーチ・マイケル選手。

記者会見レポート

宗像サニックスブルース 藤井雄一郎部長兼監督
「東芝の強いラグビーにやられた。後半何とか巻き返したが、前半の差が試合を決めた。1stステージ最終節は若い選手に経験を積ませて、いい形で終わりたい。」

田村衛土キャプテン
「コンテストしてきたときのプレッシャーに対応できていない。ブレイクダウン、ターンオーバーなど反応が遅かった。最終節は全て出し切って、2ndステージに向けて頑張りたい。」

東芝ブレイブルーパス 冨岡鉄平ヘッドコーチ
「2週間のオフで時間が空いたが、相手に関係なくしっかりとした戦いをしたいと思っていた。ボールを繋ぐラグビーを目指したが前半はそれができていたと思う。選手も意識してやってくれたので満足。1stステージ最終戦は星取りとか関係なく、開幕戦からやってきたアタッキングラグビー、東芝のアイデンティテーを示したい。」

リーチ・マイケルゲームキャプテン
「前半、選手の気持ちが入っていてよかった。後半20分過ぎ、自分たちのラグビーができなかった。原因はリーダーシップの不明確さ。誰がやるのかわからなくなったこと。しかしながら選手一人一人課題ははっきりしているので、最終節のヤマハ戦に向けてしっかり準備して状態よく臨みたい。」

◎フォトギャラリー

 


(広島県協会 西原利典)

[table “40” not found /]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程



関西セブンズ 社会人・クラブの部

1回戦
10:00 中部電力 52-0 三島クラブ
10:20 ユニチカ 17-28 愛知教員クラブ
10:40 JR西日本 24-12 芦屋クラブ
11:00 大阪ガス 24-19 六甲ファイティングブル

2回戦
11:50 三島クラブ 0-52 ユニチカ
12:10 芦屋クラブ 10-36 六甲ファイティングブル

準決勝
12:30 中部電力 24-12 愛知教員クラブ
12:50 JR西日本 26-17 大阪ガス

5位決定戦
14:20 ユニチカ 5-28 六甲ファイティングブル

3位決定戦
14:40 愛知教員クラブ 26-19 大阪ガス

決勝
15:00 中部電力 19-12 JR西日本

関西セブンズ 大学の部

1回戦
10:20 IPU環太平洋大学 31-10関西大学
10:40 大阪体育大学 5-48 摂南大学

2回戦
11:00 近畿大学 31-36 関西学院大学
11:20 京都産業大学 14-19 同志社大学
11:40 天理大学 44-7 IPU環太平洋大学
12:00 摂南大学 31-12 立命館大学

プロップセブンズ
12:30 レッド 19-15 ブルー

準決勝
13:10 天理大学 12-33 関西学院大学
13:30 同志社大学 29-19 摂南大学

エキシビジョンマッチ
14:00 近畿大学 47-19 立命館大学
14:20 京都産業大学 29-7 関西大学
14:40 IPU環太平洋大学 27-5 大阪体育大学

決勝
15:10 関西学院大学 21-26 同志社大学

ページ上部へ戻る