8月30日(土) 1st・第2節 豊田自動織機 31-14 宗像サニックス

HR5V3275

トップリーグ 1stステージ・第2節 豊田自動織機 VS 宗像サニックス

2014年8月30日(土) 16:40キックオフ グラウンド:豊田スタジアム 入場者数:4,826人 天候:晴れ
レフリー:藤内有己 (日本協会A1)
アシスタントレフリー:谷口かずひと / 木村陽介 / 藤塚光浩
豊田自動織機
シャトルズ
宗像サニックス
ブルース
31 試合前 14
17 前半 14
14 後半 0

 

◎レポート
 前半は、織機が相手ラインアウトからのトライで先行するが、サニックスがそれに追いつく展開で、結果は共に2T/G.を挙げ、わずかに1PG差の17-14で織機がリードして折り返す。

 後半も拮抗した試合展開ではあったが、終わってみると、織機はペナルティー・トライを含めて、前半と同じ2T/Gを挙げ、ボーナスポイントもゲットする。一方のサニックスは、無得点に押さえこまれ、結果は31—14で織機がシーズン初勝利を挙げた。両チームともに健闘したが、勝負所でのシャトルズの力強さが光った試合となった。

 試合後の会見で、勝利監督の織機丹生監督は、前後半通しての我慢強いDFを勝因として挙げた。

 MOMは、織機⑬坂井克行。

◎フォトギャラリー

 


(レポート:愛知県協会竹腰浩司、今田祐太 写真:  広報担当:進藤剛)

 [table “23” not found /]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程


関西大学春季トーナメント

YoutubeLIVE配信!

7月14日(日)
関西大学春季T
同志社大
35
19
立命館大
天理大学
54
12
京都産業

ページ上部へ戻る