10月10日(土) プレシーズンリーグトーナメント戦 2回戦 NTTドコモ 26-17 リコー

10月10日(土) プレシーズンリーグトーナメント戦 2回戦 NTTドコモ VS. リコー

DSC_6916

2015年10月10日(土) 14:05キックオフ グラウンド:東大阪市花園ラグビー場
レフリー:松岡辰也 (日本協会A)
アシスタントレフリー:真継丈友紀 / 橋脇正典 / 西田雄吉
NTTドコモ
レッドハリケーンズ
リコー
ブラックラムズ
26 FULL TIME 17
14 前半 0
12 後半 17
詳細
(TL公式)

◎マッチレポート

パナソニックワイルドナイツの出場辞退で決勝戦に進んだNTTドコモレッドハリケーンズと、近鉄ライナーズ戦前半を反則の繰り返しでリズムに乗り切れなかったところを後半に修正して逆点で勝ち上がったリコーブラックラムズの対戦。曇り空、弱風の中、ドコモのキックオフで試合が始まった。

開始4分、リコーがゴール前10m右中間で得たFKでスクラムを選択し攻めるもののノットリリースで先制チャンスを逃すと、今度はドコモがフェイズを重ね、リコー陣に何度も攻め入る。迎えた11分、ドコモは自陣10mL中央ラックからNo8ハインリッヒ・ブルソーが相手ディフェンスを振り切り、右LOヴィンピー・ファンデルヴァルトへパス、最後は右FL辻井宏介が中央にトライ。GはSOパエア・ミフィポセチが決めて7-0と先制。主導権を握るかと思われたがその後はフェーズを重ねて何度も攻め込むもののリコーの前に出るディフェンスにジリジリと後退させられる場面が続いた。しかし、反則を繰り返すリコーが32分、SOコリン・ボークがシンビン。数的有利になったドコモは、36分、ゴール前5m左中間PKからNo8ブルソーが素早くタップキックしインゴールに押さえ込み、GもSOパエアが決めて14-0とし前半を終える。

リコーは先制のチャンスを逃し、先週と同じく反則を繰り返してしまったことが悔やまれる。ドコモもボールを繋いで攻めてはいるが、リコーの堅いディフェンスで最後にハンドリングミスを犯すなど、この得点差で折り返すことになった。

後半に入るとリコーが連続攻撃。6分、耐え切れず犯した故意の反則でドコモ左LO杉下暢がシンビンとなる。8分、リコーボールのゴール前5mポスト右スクラムでのドコモの反則がペナルティートライとなる。GもFBピータース・ダニエルが決めて14-7。リコーが反撃を開始する。一方、点差を広げたいドコモは21分、PKからのタッチでゴール前5m左ラインアウトとし、ゴール直前左中間ラックより右FL辻井がもぐり込んでトライ、19-7とドコモがつきはなしにかかる。なおも30分、ゴール前5m右ラインアウトからモールで押し込み右LOヴィンピーが右中間にトライ決め、パエアのGも成功して26-7と更にリードをひろげる。しかし、諦めないリコーは33分、ゴール前5m左ラインアウトから攻め、左FL柳川大樹が左中間にトライ、G不成功で26-12となる。35分、ドコモ右LO川田涼がシンビンになると39分、ゴール前5m中央スクラムから左へ展開し、右WTB㉓小松大祐が左隅にトライ、Gは不成功で26-17と追い上げるが反撃はここまで、ノーサイドとなった。

プレート優勝はドコモの手に。リコーは後半、3トライと追い上げたが前半にチャンスで得点をあげることが出来なかったこととセットプレーの不安定が響いた。ドコモも攻めてはいるが最後のところでハンドリングミスが出てチャンスをつぶしてしまっている。最後まで攻めきれるように修正して挑みたい。シンビンが3枚出るなど両チームの反則の多さが残念だった。レギュラーシーズンには修正して欲しいところ。MOMはNTTドコモレッドハリケーンズSO パエア・ミフィポセチが選ばれた。

(記事:鈴木博之、丸井康充 写真:山口勝一、林美菜子、野口美保)

会見ダイジェスト

リコーブラックラムズ 神鳥裕之監督
このグループで優勝して弾みをつけてレギュラーシーズンに望みたいという気持ちで挑んだが、結果としては相手どうこうでは無く、自分たちのミスでゲームを動かしてしまったところが非常に反省になる。特にセットプレーとかBDでの反則のプレーがまだまだトップリーグ上位を目指すまでには至っていない課題をしっかりみて、残りの期間を有効活用して準備していきたい。

野口真寛キャプテン
今日、応援に来てくださった皆様に感謝したい。選手としてもミスが目立った試合だった。ドコモのプレッシャーが強かった。しっかりと戦いたかったがセットプレーからのミスで自滅してしまった。今日の反省点を重く受け止めて次回戦いたい。

――レフリーとのコミュニケーションとレギュラーシーズンに向けて

野口キャプテン
ラック周りのグレーゾーンについて、キャプテンの仕事としてレフリーとのコミュニケーションは重要なので、いつも以上にとって試合に臨んだ」

神鳥監督
ここ数試合、セットプレーが安定しない。スクラム、ラインアウトの安定が一番の課題。自分たちの反則で苦しい試合が続いているので、チーム内で見解を統一して準備し臨んでいきたい。

NTTドコモレッドハリケーンズ
下沖正博監督
非常にフィジカルの強いリコーに対して勝利できたことが喜び。特に前半は規律をもって戦えたが、後半は乱れて反則が多く、苦しい戦いになってしまった。レギュラーシーズンには改善していきたい。アタックも22mLに入りながらトライを取り切れない局面を残り一か月でしっかり修正していきたい。

泉敬ゲームキャプテン
今日のゲームは、今まで自分たちがやってきたことを出し切ろうと挑んだ。良い部分も悪い部分も多く出てレギュラーシーズンに繋がる試合になった。今日、勝利できたのは全員がハードワークに徹したからで自信になった。これに満足することなく、レギュラーシーズンに向けて準備していきたい」

――攻撃パターンについて

下沖監督
特にボールを大きく動かすゲームプランで挑んだ。リコーの強いディフェンスで前半、なかなかゲインラインを破ることが出来なかった。後半は少しプランを変更して、縦を突いたものの反則などでリズムが取りきれなかった。今後は状況に応じて、幾つかのパターンを準備したい」

――プレマッチシーズンについて

下沖監督
各チームの位置づけがバラバラで難しいシーズンだった。ドコモとしては勝ちに拘りながら(第一優先ではない)、チームとしての課題をゲームすることで洗い出し、レギュラーシーズンにむけて修正するという位置づけで挑んだ。特に今年入った新人がのびのびとプレー出来たので、チームにとって良い影響を与えてくれたプレマッチになった。

(記事:鈴木博之、丸井康充)

フォトギャラリー

2015年10月10日(土) NTTドコモ対リコー ■撮影:林美菜子

2015年10月10日(土) NTTドコモ対リコー ■撮影:山口勝一

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

関西大学春季トーナメント
1回戦
大阪体育大学 12-63 立命館大学

京都産業大学 38-29 近畿大学

天理大学 74-5 摂南大学

同志社大学 69−0 関西学院大学

2回戦
5月19日(日)
14:00K.O.
天理大学 43-12 同志社大学

ページ上部へ戻る