1月2日(木) 全国地区対抗大学ラグビー大会 大阪国際大学 15-14 鹿児島大学

第70回全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会 1回戦

大阪国際大学 vs 鹿児島大学

2020年1月2日(木) 9:50キックオフ
グラウンド:パロマ瑞穂ラグビー場
大阪国際大学 鹿児島大学
15 FULL TIME 14
前半
後半
詳細
(日本協会公式)

マッチレポート

例年に比べ暖かい気温のなか、鹿児島大学のキックオフで試合が開始された。
序盤はお互いにミスが目立ち、一進一退の攻防となった。
試合が動いたのは前半13分、鹿児島大学のアタックで大阪国際大学がペナルティー、鹿児島大学が相手陣深くに攻め込む。
トライまであと5mというところまで攻めるが、大阪国際大学のタックルによってノッコン、トライとはならなかった。
しかし、次第に鹿児島大学がコンタクトで優勢に立ち、ゲームの主導権を握っていく。
再び相手陣深くまで攻め込むと、前半23分鹿児島大学⑤中村が中央にトライ、コンバージョンも決まり0−7と先制する。
その後は、大阪国際大学もボールを動かし鹿児島大学のディフェンスのギャップをついていき、テリトリーで優位に立つ。
前半32分、ビックゲインから素早くボールを動かし、①今若が中央右に飛び込みトライ、コンバージョンも成功し、7−7と試合を振り出しに戻す。
同点になってからは再び鹿児島大学が見せ場を作り、トライまであと一歩というところまで迫るも、大阪国際大学が粘り、前半を7−7で折り返す。

後半は互いにキックを使い相手陣に攻め込むも、ディフェンスが粘り主導権を握れないまま時間が過ぎる。
試合が動いたのは後半21分。ビックゲインからパスを回し、⑪嶋田が左にトライ、12−7と逆転する。
その後も一進一退の攻防が続いたが、後半32分大阪国際大学は22mライン中央からペナルティーゴールを決め、15−7と鹿児島大学を引き離す。
しかし鹿児島大学も反撃し、後半36分、⑪岩崎が左サイドからビックゲインし中央にトライ、コンバージョンも成功し、15−14と巻き返す。
最後は鹿児島大学が必死にアタックするも、大阪国際大学が守り切り試合終了。
大阪国際大学が勝利した。

(文責 石澤一輝)

フォトギャラリー

■撮影者:清水良枝

主要試合日程

2月22日(土)
NEC
11:30K.O.

12
26
リコー
日野
14:00K.O.

14
69
サントリー
三菱重工
ヤマハ発動機
トヨタ自動車
クボタ
キヤノン
11:45K.O.

22
10
宗像サニックス
NTTドコモ
14:00K.O.

3
40
パナソニック
Honda
13:00K.O.

13
14
NTTコム
2月23日(日)
神戸製鋼
東芝

ページ上部へ戻る