9月18日(日) 関西学院大学 vs 京都産業大学


2022ムロオ関西大学ラグビーAリーグ 第1節
2022年09月18日 15:00 K.O.
入場者数:4268人 天候:くもり/強風
レフリー:須川 貴也(関西協会)
アシスタントレフリー:寺西 亮(関西協会) / 廣瀬 亮治(関西協会) / 杉江 良之(関西協会)
関西学院大学 京都産業大学
19 FULL TIME 69
0 前半 43
19 後半 26
勝点
0-5
詳細(PDF)
プレイヤー・オブ・ザ・マッチ
▶京都産業大学 15北山絢大

メンバー表

▶PDFはこちら
 
関西学院大学
監督小樋山 樹
No.Pos.氏名学年身長体重出身中学・スクール→高校
1PR西村 優希3172108京都市立西陵中学→京都成章
2HO山田 哲平416897東海大仰星高校中→東海大大阪仰星
3PR浅井 海翔4168114枚方市立蹉跎中学→東海大大阪仰星
4LO野矢 健太郎3178103豊中RS→石見智翠館
5LO入江 元気4183103八幡
6FL兪 瑛士317189兵庫県RS→関西学院
7FL稲垣 直希217797帆柱ヤングラガーズ→石見智翠館
8NO.8濱崎 真一3185100兵庫県RS→関西学院
SH坂原 春光416374枚方市立蹉跎中学→東海大大阪仰星
10SO泉谷 尚輝317880河合町立河合第二中学→東海大大阪仰星
11WTB加藤 匠朗317490関西学院中学→関西学院
12CTB本山 峻也417387兵庫県RS→関西学院
13CTB冨岡 周317489芦屋RS→御所実業
14WTB中 俊一朗117680東海大仰星高校中→東海大大阪仰星
15FB武藤 航生117483兵庫県RS→関西学院
16Re.平生 翔大2174107関西学院中学→関西学院
17Re.黄 世邏2180108愛知朝鮮中高級学校→中部大春日丘
18Re.安達 朋樹3165108吹田RS→大阪桐蔭
19Re.川内 悠斗3179103名古屋市立志賀中学→中部大春日丘
20Re.小林 典大1185100京都市立上京中学→京都成章
21Re.金築 達也318181西宮甲東ジュニアRC→報徳学園
22Re.松本 壮馬217287宇摩RS→石見智翠館
23Re.伍々 拓也416574西宮ラグビー少年団→京都成章
京都産業大学
監督廣瀨 佳司
No.Pos.氏名学年身長体重出身中学・スクール→高校
1PR野村 三四郎4176103高杉→西陵
2HO李 淳弘2173100大池→大阪朝鮮
3PR渡辺 龍4175108甲南→甲南
4LOフナキ・ソロモネ2186115トンガカレッジ→目黒学院
5LOラウシー・アサエリ4190113トンガカレッジ→日本航空石川
FL福西 隼杜4178100伊丹RS→報徳学園
7FL松永 壮太朗218791勧修→京都工学院
8NO.8高本 泰伍417290大池→関大北陽
9SH土永 旭217070西陵→光泉カトリック
10SO西仲 隼417281瑞光中学→近畿大学附属
11WTB西浩斗216980熊本ラグビースクール→熊本西
12CTB家村 健太417693ビックブルーJr→流通経済大柏
13CTB高井 良成317682瑞光→関西大北陽
14WTBポルテレ・シオネ1184115トンガカレッジ→目黒学院
15FB北山 絢大417077樟葉→東海大大阪仰星
16Re.梅基 天翔417196WILD BANDITS→高岡第一
17Re.乳井 大士2168103名古屋ラグビースクール→中部大学春日丘
18Re.岩井 陸317699尾道
19Re.日吉 健217897寝屋川第三→大阪産業大学付属
20Re.ヴェア・タモエフォラウ3186118オネハンガ→札幌山の手
21Re.西川 敢太416570四日市Jr.RFC→西陵
22Re.大村 亮介317685茨田北→日本航空石川
23Re.竹下 拓己418088CharmantsRFC→東福岡

マッチレポート

昨季23年ぶりに優勝したメンバーが多く残り今期も期待される京都産業大学と昨年は最下位に沈み今年はその雪辱を果たしたい関西学院大学の一戦、奇しくも昨季の最終戦と同じカードとなった。

京産大はキックオフで関学大陣に攻め込み8分にゴール前ラックから5番ラウシー・アサエリが持ち出してゴールポスト左へトライ。
しかし10番西仲 隼のゴールキックを関学大15番武藤航生が猛チャージして阻む。
今期の関学大の意気込みが感じられたプレーでこの後の展開が楽しみになる。
しかし京産大は13分にラインアウトモールを押し込み2番李 淳弘が右中間に押さえ、今度は10番西仲のゴールも決まり12点差とする。
その後は15番北山絢大が見事なランで3トライをあげ計トライの0-43と大差で前半を終える。

後半に入りどのように修正するのかが注目される関学大だが、5分京産大がゴール前スクラムから右へ展開し13番高井良成が右隅へトライ、ゴールも決まりリードを50点の大台に乗せる。
その後9分、関学大が相手ボールスクラムをターンオーバーし素早く左へ展開し左隅に11番加藤匠朗がようやくトライをあげ5-50とし、ここから関学大の反撃が始まる。
京産大14番ポルテレ・シオネに関学大19番川内悠斗が強烈なタックルに入りノックオンを誘い、その後のスクラムから展開してまたも11番加藤がトライする。
10番泉谷尚輝のゴールも決まり12-50。
18分にはラインアウトモールから18番安達朋樹が押し込みトライ19-50と少し差を縮める。
ここまでの10分間は関学大のペースであったがここから京産大の反撃が始まる。
25分のゴール前スクラムから展開し11番西 浩斗が、36分にはラインアウトモールからの展開で16番梅基天翔、ロスタイムにはラックからターンオーバーしたボールを20番ヴェア・タモエフォラウがダメ押しのトライをあげ、19-69と50点の大差で京産大が初戦を飾った。

POMは3トライをあげた京産大15番北山が選ばれた。

京産大は福西共同キャプテンがプレスカンファレンスで語ったとおり、セットプレーで相手を崩してFW、BK一体となったラグビーで初戦を制した。
一方の関学大は激しいデフェンスで京産大のゴール前の攻撃を阻みゴールを割らせなかった場面や、スクラムを起点に一発で取り切る力があり、またフレッシュな1年生の活躍など今後チームとしての伸びしろを期待させてくれる。
点差は別として楽しく見応えのあるラグビーをしてくれた両チームに感謝したい。

会見レポート

関西学院大学
小樋山樹・監督
本日の試合は京都産業大のプレッシャー、特にセットプレーで前半やられてしまい、こういう結果になったと思う。リーグ戦は始まったばかりで、次に向けてやるべきことをしっかりやって切り替えて頑張りたい。

坂原春光・キャプテン
本日の試合は、京都産業大の強みであるセットプレーで後手に回ってしまった。ラインアウト、スクラムでプレッシャーを受け、そこでスコアされ、相手の強みを出されて、前半特に苦しい展開になりスコアが開いてしまった。初戦が始まったばかりで落ち込むことなく、自分たちの目標に向かって一戦一戦、来週の近畿大戦に向けて頑張っていきたい。

Q:大差の中で収穫は?
小樋山監督
今年こだわろうとしていたディフェンスが、最後の最後まで切れることなかったので次に向けての収穫だと思う。


京都産業大学 廣瀬佳司・監督
開幕戦ということでもあり、関学にはいつも苦しめられていたのでしっかり準備して臨んだ。11トライ取れたことに満足している。後半、いくつかトライを取られる場面があったが、我々のミスで防げるので修正して次回に臨みたい。きょうのパフォーマンスに関しては学生がよく頑張ってくれた。

福西隼杜・キャプテン
開幕戦ということもありこの一戦にかけようと話していた。その通りにいい試合ができた。特に前半はフォワード、バックスとものれて得点することができてよかった。後半、立て続けに点を取られた部分はしっかり修正していこうと思う。

Q:きょうの試合でうまくいった点、うまくいかなかった点は?
廣瀬監督
前半は我々の持ち味であるスクラム、モールでトライを取ることができた。バックスもターンオーバーからボールを大きく動かしてトライをいくつか取るとることができたのでよかった。前半はほぼ完璧だった。相手のキックへの対応やポルテレが持ち込んでノックオンしたり、孤立してターンオーバーを許したりした場面が後半の頭で出てきたので修正していきたい。

同 福西隼杜・キャプテン
前半はほぼ完璧で、フォワード、バックス一体となってアタック、ディフェンスすることができた。後半点を取られたところで、自分たちのミスから崩れていった部分やキーマンの選手を走らせてしまった部分があったので反省するべき。風の影響はあった。

Q:今年はボールを大きく動かすのを意識しているのか?
廣瀬監督
今年というより、スペースにボールを運ぶことは言ってきた。スペースがあればボールを運べるようになってきた。

Q:北山選手のパフォーマンスの評価は
廣瀬監督
アグレッシブなプレーヤーなので、ボールを持って相手としっかり勝負するところを存分に発揮してくれた。

Q:竹下くんとは競争してほしいか
廣瀬監督
両方とも持ち味が違うので、それぞれのいいところを出してほしい。

Q:どういうプレーをしようと臨んだか?結果はどうだったか?
北山絢大選手
タイトな試合になることを想定して1、2週間、チーム全員で準備してきた。エリア取りのところで、相手スタンドオフにいいキッカーがいるので、自分がキック処理をして、チームを引っ張ってエリア取りで敵陣に入るように練習してきた。いい結果が出てうれしい。

Q:自分自身のアタックをどう評価するか?
北山絢大選手
アグレッシブにプレーしハードワークし続けるのを意識している。アタックではアグレッシブにトライを取り切るよう練習してきた。いい結果が出てうれしい。3本目のトライは、裏に蹴ろうとしたが相手のカバーが早かったので一対一で勝負した。


フォトギャラリー

KRPU 萩原康夫

写真の使用を希望される場合は下記のフォームより申請をお願いいたします。
※ただし、日本代表戦の写真の場合はすべて対象外となり、ご使用いただけません。
写真使用申請フォーム