1月21日(日) 文の里 31-52 RKUドラゴンズ

DSC_1253
第25回全国クラブラグビーフットボール大会 2回戦
文の里 VS RKUドラゴンズ

2018年1月21日(日) 14:00キックオフ グラウンド:宝が池球技場
文の里 RKUドラゴンズ
31 FULL TIME 52
14 前半 14
17 後半 38
詳細
(TL公式)

マッチレポート

序盤は、RKUがスピード溢れるプレーで文の里を圧倒、6分に文の里陣ゴール前ラックから、SH9釘村→FL7田中と繋ぎ先制T(G成功7-0)文の里も‘カウンターパンチ’を喰らって目が覚めたか、積極的なアタックで前進、17分にRKU陣10m中央ラックから繋いで、左中間にPR1河村が飛び込みT(G成功7-7)。

ブレイクダウンで人数をかけず、ワイドにボールを動かすRKUは、21分文の里陣ゴール前から連続ラック、最後はCTB12米澤がT。(G成功7-14)文の里も負けじとフェイズを重ねるが、RKUも堅いディフェンスで応戦、暫くスコアは動かない。
タックルに綻びが出てきたところを文の里に突かれ出すも、時間は前半ロスタイム。ドロップアウトからのキックを文の里は諦めずに繋ぎ、RKU陣22m中央ラックから、最後はLO4がインゴールに飛び込みT。Gも成功し、14-14と同点で折り返す。

DSC_8230

後半に入り、運動量が落ちた文の里に対し、RKUは相変わらずのワイドアタックで、突き放しにかかる。47分連続ラックからSH9釘村→SO10菊池がT(G成功14-21)とすると、51分,54分,58分と立て続けにトライを重ね、14-38とする。
しかし、ここで諦めないのが、文の里。終盤、意地の3Tを返し‘捲る’も、後半ロスタイムにRKUは、自陣からターンオーバーしたボールをFB22國井→CTB13東と繋いでT(G成功31-52)と、フィットネスを見せつけ最終スコア31-52で準決勝に進出した。

DSC_8477

(文責:廣島 治)

フォトギャラリー

■撮影:KRPU 小川高志


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

Daigaku2018

10月20日(土)
トップチャレンジ1st 第5節
NTTドコモ
九州電力
トップリーグ 第7節
ヤマハ発動機
40
36
リコー
トップリーグ 第7節
トヨタ自動車
豊田自動織機
トップリーグ 第7節
神戸製鋼
48
31
NEC
トップチャレンジ1st 第5節
中国電力
釜石
トップリーグ 第7節
コカ・コーラ
12
50
クボタ
トップリーグ 第7節
Honda
45
26
東芝
10月21日(日)
トップチャレンジリーグ 第5節
栗田工業
マツダ
トップチャレンジリーグ 第5節
三菱重工相模原
近鉄


banner_movie_site

LINE_800

ページ上部へ戻る