1月21日(日) 文の里 31-52 RKUドラゴンズ

DSC_1253
第25回全国クラブラグビーフットボール大会 2回戦
文の里 VS RKUドラゴンズ

2018年1月21日(日) 14:00キックオフ グラウンド:宝が池球技場
文の里 RKUドラゴンズ
31 FULL TIME 52
14 前半 14
17 後半 38
詳細
(TL公式)

マッチレポート

序盤は、RKUがスピード溢れるプレーで文の里を圧倒、6分に文の里陣ゴール前ラックから、SH9釘村→FL7田中と繋ぎ先制T(G成功7-0)文の里も‘カウンターパンチ’を喰らって目が覚めたか、積極的なアタックで前進、17分にRKU陣10m中央ラックから繋いで、左中間にPR1河村が飛び込みT(G成功7-7)。

ブレイクダウンで人数をかけず、ワイドにボールを動かすRKUは、21分文の里陣ゴール前から連続ラック、最後はCTB12米澤がT。(G成功7-14)文の里も負けじとフェイズを重ねるが、RKUも堅いディフェンスで応戦、暫くスコアは動かない。
タックルに綻びが出てきたところを文の里に突かれ出すも、時間は前半ロスタイム。ドロップアウトからのキックを文の里は諦めずに繋ぎ、RKU陣22m中央ラックから、最後はLO4がインゴールに飛び込みT。Gも成功し、14-14と同点で折り返す。

DSC_8230

後半に入り、運動量が落ちた文の里に対し、RKUは相変わらずのワイドアタックで、突き放しにかかる。47分連続ラックからSH9釘村→SO10菊池がT(G成功14-21)とすると、51分,54分,58分と立て続けにトライを重ね、14-38とする。
しかし、ここで諦めないのが、文の里。終盤、意地の3Tを返し‘捲る’も、後半ロスタイムにRKUは、自陣からターンオーバーしたボールをFB22國井→CTB13東と繋いでT(G成功31-52)と、フィットネスを見せつけ最終スコア31-52で準決勝に進出した。

DSC_8477

(文責:廣島 治)

フォトギャラリー

■撮影:KRPU 小川高志


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

koukou97top

LINE_800

ページ上部へ戻る