10月2日(日) 第2節 摂南大学 7-92 同志社大学

dsc_85962016ムロオ関西大学ラグビーAリーグ 第2節
摂南大学 VS. 同志社大学

2016年10月2日(日) 14:00キックオフ グラウンド:東大阪市花園ラグビー場第1グラウンド 入場者数:4,778人 天候:晴れ/無風
レフリー:カールハンコックス
アシスタントレフリー:丸山智一 / 山本篤志 / 西本武史
ムロオ マン・オブ・ザ・マッチ:同志社大学 15﨑口銀二朗
摂南大学 同志社大学
FULL TIME 92
前半 42
後半 50
詳細
(PDF)

マッチレポート

dsc_2431

選手入場。連覇を狙う同志社大学と、初勝利をかけて挑む摂南大学。

摂南大学は開幕戦で天理大学に零封負けの大敗を喫し、巻返しを図る一戦。一方、昨年度優勝の同志社大学は、京都産業大学をロスタイムに逆転勝利し、シーズン連覇を目指す試合となった。

同志社のキックオフで前半が開始される。摂南は同志社の早い仕掛けに接点でのサポートが追い付かず、早くも3分、同志社FB崎口銀次朗に先制トライを許す。GもSO永富健太郎が決め0-7と同志社はさい先のよいスタートとなった。

yamaguchi-06

同志社のコンタクトに摂南は押されてしまう。

同志社は攻撃の手を緩めることなく、12分にCTB永富晨太郎が、18分にはFB崎口が2本目を、21分には右WTB安田卓平がトライを挙げ、ゴールもすべてSO永富が決めここまでで0-28と前半の序盤で大差をつける。
摂南は劣勢を挽回すべく、反則を得て同志社陣内ゴール前まで迫るがノッコンなどで攻撃のリズムがつかめない。この後、同志社は39分SH大越元気、43分左LO堀部直壮がトライ。ゴールも成功し0-42の大差で前半を折り返す。同志社が忠実にコンタクトポイントにフォロープレヤーが素早く寄り得点を重ねた。
一方、摂南は、同志社のアタックにディフェンス陣のサポートが一歩後れ、チームの持ち味を出すことなく、前半で試合の趨勢が決まってしまう展開となった。

dsc_7952

留学生を中心としたアタックをしっかり止める同志社ディフェンス。

後半も同志社は攻撃の手を緩めることなく、いきなりの3分左FL丸山尚城、6分HO中尾湧馬、17分右FL野中翔平、24分には入れ替わった17番左PR趙隆泰、30分にも入れ替わった23番SO氏家柊太がトライを上げ、後半30分までにトライの山を築き得点も0-73となった。

一矢を報いたい摂南は33分20m左LOから右展開、SH→SO→右CTB藤井雄大とつなぎ藤井が今シーズン、チーム初トライを挙げる。ゴールも22番永井卓馬が決め7-73とするがここまで。終わってみれば7-92の今シーズン最多得点で14トライの同志社が連勝。一方の摂南は元気なく連敗となった。

dsc_9187

なんとか1トライを狙う摂南をしっかり止める同志社。

同志社大学はプレヤーに疲労感が見られず、フィジカル、フィットネスともに強みを十分に活かし、戦術的にも洗練された試合を見せてくれた。リーグ連覇を目指し意気込みが感じられる一戦であった。
一方の摂南大学には、昨年度まで見られたような、留学生プレヤーの突破力を活かしたチーム作りでゲームメイキングし初勝利を目指してほしい。

dsc_9280
(記事:山林右二、丸井康充)

フォトギャラリー

2016年10月2日(日) 摂南大学 対 同志社大学 撮影:渡辺隆夫

2016年10月2日(日) 摂南大学 対 同志社大学 撮影:山口勝一


oudanmaku_ol

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

LINE_800

8月18日(金)
神戸製鋼
NTTドコモ
近鉄
豊田自動織機
トヨタ自動車
ヤマハ発電機
ページ上部へ戻る