12月26日(土) 第7節 近鉄 20-18 NTTコミュニケーションズ

WS_L0811

12月26日(土) 第7節 近鉄 対 NTTコミュニケーションズ

2015年12月26日(土) 14:00キックオフ グラウンド:パロマ瑞穂ラグビー場
レフリー:塩崎公寿 (日本協会A1)
アシスタントレフリー:河野哲彦 / 北村浩士 / 土屋幸大
近鉄
ライナーズ
NTTコミュニケーションズ
シャイニングアークス
20 FULL TIME 18
10 前半 15
10 後半 3
 勝点
4
詳細(TL公式)  勝点
1

マッチサマリー

風は強いが、暖かい気候の中、風下のシャイニングアークスのキックオフから試合がスタート。風上を利用して、ライナーズがシャイニングアークス陣に入るも、お互いセットプレーのミスや反則があり、一進一退の攻防が続く。
前半14分シャイニングアークス陣25m左中間でライナーズがペナルティショットを狙うが、ゴールポストにあたり不成功。
その後、風下のシャイニングアークスがディフェンスで我慢する時間が続くが、前半17分シャイニングアークスが自陣22m中央でペナルティ。ライナーズ⑩重光のペナルティゴールが決まり、ライナーズが3点を先制する。
次に、流れを掴んだシャイニングアークスは、ランプレーでアタックを継続し、相手陣深く攻め込み、前半23分、ゴール前右中間ラックから②須藤が押し込んでトライ、ゴールも決まり2点追加、シャイニングアークスが3−7と逆転する。

WS_L0201

まだまだシャイニングアークスの勢いは止まらない。
前半28分ラック連取から、チャンスで大外へ展開し、⑦金が左隅にトライ、ゴールは不成功だったが、シャイニングアークスが3−12と得点差を広げる。
その後のキックオフでライナーズは相手陣22m内に入り息を吹き返す。
前半35分、ライナーズがスクラムからサインプレー、⑮高が中央にトライ、ゴールも決まり、10-12とライナーズが2点差に迫る。
前半終了間際38分には、今度はシャイニングアークス⑩エルトンが相手陣25m中央からペナルティゴールを決め、10—15とし前半終了。
前半はシャイニングアークスが風下の中、うまく試合を進めた印象であった。

WS_L0534

後半は風下のライナーズがキックオフからのスタート。
お互い一進一退の攻防が続くが、後半7分、ライナーズ陣10mスクラムでライナーズがコラプシング、そのペナルティをシャイニングアークス⑩エルトンがペナルティゴールを成功させ、シャイニングアークスが10—18とリードを広げる。
ライナーズはボールを保持しながらランプレーとパスプレーで相手陣深くまで迫るが大事なところでミスが起こり、トライに結びつけられない。
その後はお互いにミスと反則があり、なかなか流れを掴めない。
均衡が破れたのは後半21分、勢いはライナーズにありランプレーで相手陣22mに入ったところで、シャイニングアークスがペナルティ。
ライナーズはペナルティゴールを選択し成功、3点を返し、13−18と5点差に迫る。
まだまだライナーズ勢いは止まらない、強い風下の中ランプレーで相手陣5mに迫る。
後半30分、ラック連取から⑮高が右中間にトライ、ゴールも成功し、ライナーズが20—18と逆転に成功する。

WS_L0393

2点を追いかけるシャイニングアークスはボールを継続してアタックするが、ライナーズのディフェンスも激しさを増す。
後半38分、ライナーズ陣10mでライナーズがペナルティ、NTTコム⑮小倉がペナルティゴールを狙うも、失敗。
さらに最後の力を振り絞りアタックするも、ライナーズの激しいディフェンスを破ることができず、ノーサイド。最終スコアは20—18で、ライナーズが勝利した。

WS_L1275

MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)は6タウファ統悦

会見ダイジェスト

NTTコミュニケーションズ ロブ・ペニー ヘッドコーチ
前半はとてもいい内容のゲームができていた。後半に入りスクラムハーフが焦ってしまい判断ミスがあったことが自陣でプレーすることにつながってしまったのではないかと思う。しかし、今年もトップ8に入ることができた点は良かった。あと少しでトップ6も狙えたが落としてしまったことは残念だ。

金ゲームキャプテン
勝てなかったのは、自分たちのミスが原因。前半はいいかたちで折り返せたが、後半のミスが大きかった。そのミスによって自分たちのメンタルもやられてしまった。チームの方向性を持って取り組んだつもりだったが、そのメンタルの弱さが何よりの敗因であった。もっと上にいけるはずだったし、いかなければならなかったが、非常に残念です。幸運にも次がまだあるので修正していきたい。

Q.今後どのようなゲームをするか
ペニーHC
変わらずいいゲームをしていくだけだ。

Q.メンタルの弱さが敗因とおっしゃっていたが
金ゲームキャプテン
不用意なペナルティが多すぎた。自分たちにベクトルが向いていればそんなことはなかった。

近鉄ライナーズ 前田監督
多くの人に感謝したい。前半は動きが鈍く、流れを呼び寄せることができなかった。後半は自分たちで変えていこうとキャプテンを中心にまとまることができた。チームの選手もそうだが、応援してくださったファンに感謝したい。

豊田キャプテン
試合内容は全然ダメだった。特に前半は何もできていなかった。自分たちが何もしていなかったという方が正しいかもしれない。セットプレーをもっと安定させたい。次の相手は今日の出来では勝てない。しっかりと修正していきたい。

Q.いい流れに出来た要因は
前田監督
選手が修正点をしっかりと理解できていたことが大きかった。だが今後強くなってくる相手に対して今日の出来では勝てないため、力を出し切れるようにしたい。

Q.トンプソン選手の容体は
前田監督
まだ確認できていないが、前回の試合で負傷した箇所を再度痛めてしまったようだ。出させられるようサポートしたい。

Q.後半でどう修正したか
豊田キャプテン
前半は本当になにもしていなかった。ダメというより何もできていなかった。アタックの機会をもっとしっかりとっていきたい。今日勝てたことはすごく大きい。ミスもあったが焦らずできていたことが勝利につながった。

(文責:小川智 石澤一行)

フォトギャラリー

2015年12月26日(土) 近鉄対NTTコミュニケーションズ ■撮影:清水良枝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

11月15日(金)
豊田自動織機
マツダ
11月16日(土)
釜石
コカ・コーラ
11月17日(日)
立命館大
京都産業

ページ上部へ戻る