10月3日(土) プレシーズンリーグトーナメント戦 1回戦 サントリー 23-21 東芝

10月3日(土) プレシーズンリーグトーナメント戦 1回戦 サントリー VS. 東芝

DSC_1759

2015年10月3日(土) 12:00キックオフ グラウンド:東大阪市花園ラグビー場
レフリー:久保修平 (日本協会A)
アシスタントレフリー:梶原晃久 / 落田佳宏 / 米谷大助
サントリー
サンゴリアス
東芝
ブレイブルーパス
23 FULL TIME 21
13 前半 7
10 後半 14
詳細
(TL公式)

◎マッチレポート

ジャパンラグビートップリーグ2015プレシーズンリーグもいよいよトーナメント戦に突入。各プールを1位通過した実力派チームによるカップ戦に期待が高まる。プールBで近鉄、ヤマハ発動機、コカ・コーラを破ったサントリーとプールDでリコー、キヤノン、豊田自動織機を撃破した東芝とのセミ・ファイナル。昨年度この両チームはセカンドステージで対戦し、32-16とサントリーがWTB中づるのハットトリック(3トライ)、さらに東芝を1トライに抑え退けている。プレシーズンリーグとはいえ、レギュラーシーズンでもグループAで対戦するだけに勝って弾みをつけたい両チーム。会場は花園と所を変えた「府中ダービー」は、トップリーグ開幕を待ち望んだ3,000人近い観衆の見守る中、サントリーのキックオフで幕を開けた。

開始直後から両チームとも非常によくボールを動かす。特にサントリーはポイントでFWが執拗にラッシュをかけるが、東芝も強力FWが必死の防御でサントリーの攻撃を凌ぐ。試合が動いたのは前半14分、東芝のオフサイドで得たゴール前20mポスト左のPGをサントリーCTB中村亮士が難なく決めて3-0と先制した。その後サントリーは接点での攻防を避け、ボールを大きく動かし始める。続く24、28分にはBKに展開して、サントリー左WTB江見翔太、CTB村田大志が連続トライを挙げ13-0。ゲームが一方的になるかと思われた。しかしここから東芝FW陣が逆襲。前半終了間際の37分、ゴール前右中間のモールをサントリーが堪えきれずに崩して東芝にPTを許す。このプレーサントリー№8西川征克がシンビンに。13-7とサントリーがリードして前半を終えた。

後半もBKに大きく展開するサントリーと、あくまでもFWにこだわる東芝と対照的なゲーム展開で推移。サントリーは8分に自陣からBKに展開し、最後はインド出身の左LOリシュケシュ・ペンゼが中央にトライ、20-7と再び東芝を突き放しにかかる。しかしまたしてもここから東芝FW陣が奮起。14分に22mL左中間のスクラムを優位にコントロールしBKに展開しボールを左WTB大島脩平がポスト左に抑えて20-14と逆襲を開始する。さらに東芝は33分、ゴール直前の中央ラックより左LO梶川喬介が持ち出してポスト左にトライ、途中から本来のSHに回った小川高廣のGも決まって20-21と遂に逆転。そしてゲームは既にノーサイド・ホーンの鳴ったロスタイム突入し、東芝がこのまま逃げ切るかと思われたが10mL付近で痛恨のハンドを犯す。50m近いロングPGをサントリーCTB宮本啓希が慎重に決めて23-21と再逆転でノーサイド。シーソーゲームを制したサントリーがファイナル進出を決めた。

伝統の「府中ダービー」は、両チーム合わせて10名を超すメンバーをRWCに送り込んでいるにも関わらず、セミファイナルにふさわしい非常に質の高いゲーム展開であった。MOMは先制トライを挙げてチームを勢いづけたサントリーWTB江見翔太に贈られた。

 DSC_9776

会見ダイジェスト

東芝ブレイブルーパス
冨岡鉄平監督
良い準備をして試合に臨んだつもりだが、まだまだゲームでやるべきことができなかったことが全て。また今年はRED Wallというチームスローガンを掲げている中で、RED3つの意味の真価が問われるチームになっていかなければいけないと改めて実感した。責任を果たすこと、忍耐強く80分戦うこと、そして規律を守ること、この3つができなければこのような試合になるという良い教訓をもらうことができた。また、我々がリミットにしているペナルティ回数を78分以降に超えてしまい、相手に最後ペナルティ・ショットを決められるという厳しい試合を、プレシーズンに経験できたことは非常に良かった。切り替え、修正して次週の3位決定戦に臨みたい。

森田佳寿キャプテン
監督の話のとおりチームの未熟さが出た試合だった。次のトーナメント2試合目にはこの1週間でしっかり見直して臨み、今日得た経験とトップリーグが始まるまでの時間を使って成長していきたい。頑張る。

サントリーサンゴリアス
アンディ・フレンドヘッドコーチ
最終的にファイナルに進出できるチャンスを得ることができた。今日のゲームからは80分間諦めずにプレイし続けなければいけないことがよく理解できた。

村田大志ゲーム・キャプテン
ファイナルに進出できてとても嬉しい。次も頑張りたいと思う。

――レギュラーシーズンに向けての課題、目標は?

フレンドヘッドコーチ
W杯に行っているメンバー達が戻ってきて、自分たちの目指す形に向けて、どのように上手く混ぜ合わせることができるかがポイント。残ったメンバーがとてもレベルアップしており、戻ったメンバーがそれについていかなければならないような状況である。

村田大志ゲーム・キャプテン
まずは来週のファイナルに勝って、ジャパンメンバーを迎えられるような形にしたい。

(記事:石川悟、丸井康充 写真:山口勝一、林美菜子)

フォトギャラリー

2015年10月3日(土) サントリー対東芝 ■撮影:山口勝一

2015年10月3日(土) サントリー対東芝 ■撮影:林美菜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程


関西大学春季トーナメント

YoutubeLIVE配信!

7月14日(日)
関西大学春季T
同志社大
35
19
立命館大
天理大学
54
12
京都産業

ページ上部へ戻る