4月26日(日) 第9回関西ラグビーまつり ニュージーランド学生代表 40-19 関西学生代表

4月26日(日) 第9回関西ラグビーまつり ニュージーランド学生代表 対 関西学生代表

2015年4月26日(日) 14:00キックオフ グラウンド:東大阪市花園ラグビー場
レフリー:橋元教明
アシスタントレフリー:久保修平 / 吉川浩司 / 原田隆司
ニュージーランド
学生代表
関西学生代表
40 FULL TIME 19
17 前半 14
23 後半 5
詳細(PDF)

◎マッチサマリー
東大阪花園ラグビー場において、ニュージーランド学生代表(NZU)を迎え、関西学生代表(関西学生)との一戦。NZUのハカの後、午後2時、関西学生のキックオフで試合は始まった。序盤、予想どおりNZUが攻め込む。

だが、関西学生が気迫のタックルで凌ぐ。この展開が暫らく続くが、ゲームが動いたのは10分、先制トライは関西学生だった。相手陣10m付近から⑩清水昌大(関学大)がラインブレイクし⑬下良好純(京産大)がゲイン、ゴール前右中間でラックを形成し、⑨大越元気(同大)から⑫トンガ モセセ(天理大)にパスし右中間にトライ。⑪森田慎也がゴールを決め0-7と先制。

20分にNZU⑮ブロック フーパーがPGを決め3-7とするが、22分には、関西学生が相手陣22m付近での相手ノックオンのボールを確保、⑨大越からラックサイドに走りこんできた⑩清水にトスし右中間に飛び込みトライ。⑪森田がゴールも決め3-14とリードを拡げる。関西学生の奮闘にスタンドも大いに盛り上がるが、NZUもエンジンがかかってきた。28分ゴール前20m右中間ラックから⑨ジャック ストラットン、⑩エレ エナリ、NO8⑲ウェトゥ ダグラス、⑪テウィヒ ライトと繋ぎ左隅にトライ。ゴールも決まり10-14。

この点差で前半が終了するかもと思われたが、終了間際の39分にゴール前15m右中間ラックから、先ほどと同じような形でボールを繋ぎ、⑪ライトが2つ目のトライ、ゴールも決まり17-14の僅差で前半が終了する。

10分間のハーフタイムを挟んで、後半はNZUのキックオフでリスタート。最初の大切な10分間、主導権を握ったのはNZUの方であった、攻め込んだところで相手ペナルティーを誘い、1分にゴール前25m右中間のPGを難なく決め、20-14とリードを拡げる。

 

関西学生キャプテン⑥田淵慎理(同大→近鉄)を筆頭に体を張ったタックルなど、好ゲームが続くなか、11分には、関西学生がゴール前ラインアウトモールから⑧セコナ トプイがゴールに飛び込みトライ。20-19と点差を詰めるが、ここからはNZUも力の差を見せつけてくる。ここでリザーブの選手を全員投入してきた。特にSO㉑マット ファデスのスピードとうまさは秀逸であった。14分にはPG、22分と28分、そして40分にトライを追加し、結果40-19でNZUの勝利となった。

(大西健 関西学生代表監督コメント)
FWが頑張ればいいゲームになると思っていたがその通りになった。密集でFWががんばりBKにつないでくれ、見せ場やチャンスを作ることができ、いいゲームができた。選手はプライドをもって戦い、勝ち負けを超えて自信にあふれた様子だった。打倒関東、そして関西復権に向けてやっていきたい、このゲームが良いはずみになればいいと思う。

記事:高橋茂治、北畑幸二 写真:山口勝一、野口美保 広報担当:村島博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

kekka

6月16日(土)
日本代表
日本代表
22
25
イタリア代表
6月2日(土)
大学春季T 2回戦
天理大学
関西学院大学
5月27日(日)
大学春季T 2回戦
京都ラグビー祭
同志社大学
42
12
京都産業大学
5月27日(日)
大学春季T 1回戦
関西大学
関西学院大学
5月27日(日)
Spring Carnival IN NARA
天理大学
24
17
明治大学
5月20日(日)
大学春季T 1回戦
近畿大学
京都産業大学
5月12日(土)
大学春季T 1回戦
天理大学
大阪体育大学
5月5日(日・祝)
大学春季T 1回戦
同志社大学
33
17
立命館大学
5月3日(木・祝)
ムロオpresents
NZU
関西学生代表

LINE_800

ページ上部へ戻る