SEINAN ラグビーマガジンCUP 関西ミニ・ラグビー交流大会2022 supported by Canterbury 特設サイト

SEINAN ラグビーマガジンCUP関西ミニ・ラグビー大会 supported by Canterbury
2022年2021年2020年(中止)2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年


概要 出場チーム 対戦表・結果


概要

大会名
SEINANラグビーマガジンCUP 関西ミニ・ラグビー交流大会2022 supported by Canterbury

主催
関西ラグビーフットボール協会

後援
(公財)日本ラグビーフットボール協会

共催
(株)ベースボール・マガジン社「ラグビーマガジン」

主管
関西ラグビーフットボール協会U12普及育成委員会、大阪府ラグビーフットボール協会普及育成委員会

特別協賛
(株)青南商事

協賛
(株)ゴールドウイン「カンタベリー」

日程・会場
令和4年10月29日(土)J-GREEN堺

※ 本大会は、新型コロナウイルスの感染状況を勘案し、参加者の感染予防、安全確保を最優先するため観客は無観客とする。ただし、特例として出場選手を送迎する保護者(1選手1名まで)はチーム管理の下で認める。

出場チーム紹介

01.生野ラグビースクール(大阪府)
コロナ禍で練習や交流会など、思うようにラグビーができなかったので出場できて本当に楽しみです。女子が多いチームですが思いっきりラグビーをたのしみます!

02.同志社ジュニアラグビーフットボールクラブ(京都府)
同志社小学校の児童のみ、およそ50名の部員で活動しています。同志社小学校6年生男子児童の約1/3がDJRCに所属しています。キャプテンを中心にチームのことを選手みんなで話し合って決め、コーチに伝える文化があります。男女問わず仲が良いです。選手一人ひとりが「チームで掲げる大きな目標」に結びつくように、「自分自身の目標達成」を目指して全力で大会に臨みます。

03.大阪ラグビースクール(大阪府)
私たち6年生は、昨年より守口RSとの合同チームを組んで活動をしております。今大会は、
普段なかなか活動を共に出来ない5年生とのタッグを組み挑みます。6月に初めてタッグを組
んで出場した、関西ミニ・ラグビージャンボリー交流大会では思うような結果が残せませんでしたが、今回は2度目となり、両学年が『ONE TEAM』となることを目標に、前回より成長した
姿を見せてくれるか非常に楽しみです。

04.宝塚ラグビースクール(兵庫県)
勝ち負けよりもチームが一丸となり全員で楽しみたい。いつもは対戦しない他都府県とのチームと試合をすることもこの大会の楽しみの一つ。全員ラグビーでがんばります。

05.京都プログレR.F.C(京都府)
京都プログレRFCは「Enjoy Rugby」のもと、勝利だけにこだわることなく、みんなでラグビーを楽しみ、将来もラグビーを続けてもらえるよう、園児から大人までラグビーを楽しんでいます。6年では自主性や判断力を磨き、個性を生かし、ボールを動かながらスペースを攻略できるラグビーを目指し活動しています。

06.生駒少年ラグビークラブ(奈良県)
ラグビーが好き!をコンセプトにひとり一人がチーム目標と、自分の目標達成に向けて毎試合を大事に取り組んでます。体の大きい子、小さい子など関係なくお互いをリスペクト試合ながら充実した試合を目指します!!

07.兵庫県ラグビースクール(兵庫県)
本年度は、3年ぶりに夏合宿を行う事ができ、子供達の結束力は一段と高くなりました。少しずつですが子供達が積み上げてきたものが形となって試合に出てくる様になりました。6年生になり主体性が増した今、今大会でどんな化学反応を見せてくれるのか楽しみでなりません。同世代のラガーと交流する事により素晴らしい経験をさせて頂きチームとしてまた1歩前進したいと思います。大会開催誠に有難うございます。

08.堺ラグビースクール(大阪府)
昨年一昨年とコロナ禍で満足に練習ができませんでしたが、今年に入りようやく継続した練習ができるようになりました。ブランクを補うべく学年が一体となり練習に取り組んできた成果をこの試合で発揮できればと思っています。対戦相手の皆様、よろしくお願いいたします。

09.芦屋ラグビースクール(兵庫県)
「芦屋ラグビースクール FANTASTICS」です。ラグビースクールは、プレイヤーの裾野を広げることが一番の目的と考えています。中学校でもラグビーを続けたくなるよう総勢50名の大所帯で練習、試合を楽しんでいます。小学校1年生からのチームモットー「愛と勇気のタックル!友情のフォロー!」で走り回ります。

10.大和郡山市少年少女ラグビースクール(奈良県)
大和郡山市少年少女ラグビースクールは、1985年より「大和郡山市」と「大和郡山市ラグビーフットボール協会」が共催で運営するスクールです。コロナ禍によって試合機会に恵まれなかった子供達ですが、子供達からの「ぜひ出場したい!」と要望を受け申し込みを行いました。
大舞台ではありますが日頃の練習成果を発揮し、勝ち負けに関係なく、このような舞台で試合ができることに感謝し、精一杯力を出し切りたいと思います。

11.枚方ラグビースクール(大阪府)
ラグビーができることに感謝の気持ちと全員で勝つを抱負にSEINAN ラグビーマガジンCUP 関西ミニ・ラグビー交流大会に参加させていただきます。展開・スペース・継続を目標に、スキルフルゲームを目指し、チーム全員でラグビーをしっかり楽しみたいと思います。

12.甲子園チビッ子ラガーズクラブ(兵庫県)
我々のチームは何事にも「challenge」を合言葉に男の子も女の子も自分の力を発揮できるチームです。この大会を通じて自分たちの力を試してほしいです。

13.みなとラグビークラブ(大阪府)
「強いカラダとココロを育てる」をモットーに選手はもちろん保護者、コーチ共々毎週土曜日に活動しています。6年生全員で決めた学年テーマは「チームで勝つ」。ひとりひとりが支え励まし合いながら個人はもちろんチームとしても成長を目指すためにキャプテン、副キャプテンは決めておらず全員がリーダーとして日々プレーしています。当選の喜びと試合に感謝し本大会も選手、保護者、コーチ共に成長します。

14.神戸中央少年ラグビークラブ(兵庫県)
神戸市立兵庫大開小学校を拠点とした地域スポーツクラブです。コロナに負けず元気に練習に励んでいます。チーム一丸となって頑張ります。

15.八尾ラグビースクール(大阪府)
八尾ラグビースクールはラグビーを通じてスポーツの楽しさ、即ち勝敗にこだわらず、 全力を尽くして頑張った満足感や創意工夫し克服することから生まれる楽しさを子供たちに味わってもらいたいと考えております。
チームメイトと共に素晴らしい試合ができるよう楽しみたいと思います。

16.加古川ラグビースクール(兵庫県)
常に前に出るラグビーでどんな相手にもチャレンジするチームです。普段、対戦できないチームとの戦いを楽しみにしています。

17.吹田ラグビースクール(大阪府)
吹田ラグビースクールのジャージは黄色と黒、希望と団結を意味しており、シンボルマークの『たけのこ』は真っ直ぐにすくすく伸びて欲しいという子供達への思いの象徴です。今年の6年生は総勢31名、『ALL OUT』を合言葉に毎週末の練習に取り組んでいます。ラグビーを出来る事に感謝し、思いっきり楽しみたいと思います。

18.東大阪KINDAIクラブラグビースクール(大阪府)
全ての試合で全力でプレーし相手を圧倒することを目標にしています。練習では一生懸命に粘り強くプレーし、試合では特にアタックを中心に一歩でも前進した体を張ったプレーを心がけています。素晴らしい結果を残せるようメンバー全員で頑張ります!

19.伊川ラグビークラブ(兵庫県)
当チームは5年・6年生混合で、チーム結成からまだ数ヶ月の未成熟なチームです。身体が小さく未熟なプレーヤーが多いですが、スピード感のある頭脳プレーが持ち味のチームです。伊川伝統の「絆」魂で組織力を存分に発揮し全力プレーで挑みます!

20.守口ラグビースクール(大阪府)
地元密着のチームで小さいころから一緒にラグビーをし、仲の良さはどこのチームにも負けません。チーム一丸 one team で勝利を目指します。

21.北神戸ラグビークラブ(兵庫県)
小学校の最終学年になり、一つでも多く勝てるように、少しでも多く楽しめるように頑張っていります。体の小さい子も多いですが、それでも気持ちで負けず頑張っています。今大会も最後まで楽しみたいと思います!

22.姫路ラグビースクール(兵庫県)
他府県のチームと交流できる貴重な機会であり、自分たちの実力を試すとともに、ラグビーを楽しみたいと思います。

23.川西市ラグビースクール(兵庫県)
毎週末、個性溢れるメンバーで、ラグビーを楽しみながら活動しています。練習や試合を重ねるたびに、「自分たちでもできるんだ!」という気持ちが芽生え、チーム力も上がってきています。この大会に参加できることに感謝し、色んなチームとの交流を通して、さらに成長したいと思います!

24.天王山ラグビースクール(大阪府)
天王山RSは、創立45年目を迎えた伝統あるチームです。島本RSから地域を代表するチーム名に変更しました。ラグビーを通して仲間との協調性を大事にすることを学び、心身ともに健全な児童の育成を目指しています。

25.京都北ラグビースクール(京都府)
1979年に創立された当スクールは、京都市内北部を中心に活動しております。6年生は在籍13名、今回のエントリーは11名です。6年生はラグビーが大好きな選手ばかりです。残り少ない最終学年という事もあり、貴重な他府県との交流戦に選手達のモチベーションも高まっている事を感じています。自分を信じ、仲間達を信じ、ラグビーを楽しんで最高の思い出にしてもらいたいと思います!

26.草津ラグビースクール(滋賀県)
チームワークがとてもよく、粘り強いディフェンスとブレイクダウンのファイト、ボールを大きく動かしたりスペースにボールを蹴り込む自由なアタックも強みです。普段対戦機会のない他府県のチームとゲームができることを子供たちは皆楽しみにしています。

27.四日市ジュニアラグビーフットボールクラブ(三重県)
サイズ・スピードともに抜きんでた選手はいませんが、基本に忠実かつ丁寧なプレーを心掛けています。今大会を通じ関西強豪チームから少しでも成長のヒントになることを学んで帰りたいと思います。

対戦表・結果


対戦表のダウンロードはこちら(PDF)