2月18日(日) 六甲ファイティングブル 10−25 北海道バーバリアンズ

IMG_1037
第25回全国クラブラグビーフットボール大会 決勝
六甲ファイティングブル VS 北海道バーバリアンズ

2018年2月18日(日) 12:00キックオフ グラウンド:パロマ瑞穂ラグビー場
六甲ファイティングブル 北海道バーバリアンズ
10 FULL TIME 25
0 前半 6
10 後半 19
詳細
(日本協会公式)

マッチレポート

風が強く気温は低いが、最近にない好天の中、風下の北海道バーバリアンズのキックオフで試合は開始された。
IMG_0209
両チームとも固いディフェンスで一進一退の攻防が続くが、前半17分、相手陣左中間22mライン付近のPKを得た北海道は、⑪平川がPGを決め3点を先取した。
その後も膠着した状況が続いたが、前半25分、六甲はゴール前5mでハイタックルのPKを得て絶好の得点機を迎えた。
IMG_0341
六甲はPGを狙わずスクラムを選択し、スクラムサイドを攻撃。しかし、ノッコン。北海道にボールを奪われ得点には至らなかった。
前半30分過ぎから北海道が敵陣で連続攻撃を仕掛けるも、六甲は素晴らしいタックル、ジャッカル繰り返し北海道の得点を阻んでいたが、前半38分たまらず反則。
IMG_0227
⑪平川がPKを決め3点を追加し、0-6となる。
両チームとも、これまでのこの大会で見られなかったようなハードタックルを随所に連発し、緊張感を持ったこの試合は、僅差のまま前半を終えた。
IMG_0461
後半開始早々、北海道は試合を優位に進め、ゴール前左5mライン付近でPKを得る。
北海道は、スクラムを選択し、六甲にやや押されたものの、⑧→⑨と繋ぎ⑨君島が左隅に両チーム最初のトライを挙げた。
ゴールは成功しなかったものの北海道は貴重な追加点を獲得し、0-11となる。
IMG_0813
その後も一進一退が続くが、北海道は、後半19分敵陣10mライン付近から⑨君島が左へチップキック、ゴール前で⑧ジョセが拾い左中間にトライ、⑪平川のゴールも決まり、0-18とリードを広げた。
さらに、北海道は、前半23分キックのカウンターから⑮が大きくゲイン、最後は⑤サミュニルが右中間にトライ、ゴールも⑪平川が決め、0-25とし、試合を決定づけた。
IMG_0956
一方、諦めない六甲は、終了間際に⑪三木、⑬村尾と連続トライし、10-25と最後の意地を見せた。
IMG_1196
六甲は、素晴らしいディフェンスを最後まで続けていたが、攻撃に決め手を欠いたこと、北海道は、数少ない得点機を確実に決めたことが、両チームの雌雄を分けた。
攻守にバランスが取れた北海道バーバリアンズは、常にリードを保ち、二連覇を達成した。
IMG_1358

(文責:大野 恭典)

フォトギャラリー

■撮影:清水良枝


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

Jamboree2018

7月1日(日)
大学春季T 決勝
天理大学
同志社大学
6月23日(土)
日本代表
日本代表
28
0
ジョージア代表
6月16日(土)
日本代表
日本代表
22
25
イタリア代表
6月2日(土)
大学春季T 2回戦
天理大学
関西学院大学
5月27日(日)
大学春季T 2回戦
京都ラグビー祭
同志社大学
42
12
京都産業大学
5月27日(日)
大学春季T 1回戦
関西大学
関西学院大学
5月27日(日)
Spring Carnival IN NARA
天理大学
24
17
明治大学
5月20日(日)
大学春季T 1回戦
近畿大学
京都産業大学
5月12日(土)
大学春季T 1回戦
天理大学
大阪体育大学
5月5日(日・祝)
大学春季T 1回戦
同志社大学
33
17
立命館大学
5月3日(木・祝)
ムロオpresents
NZU
関西学生代表

LINE_800

ページ上部へ戻る