10月22日(土) 1stステージ第4節 中部電力 7-66 NTTドコモ

c01i0016
トップウェストAリーグ 1stステージ 第4節
中部電力 VS. NTTドコモ

2016年10月22日(土) 11:00キックオフ グラウンド:三重交通Gスポーツの杜鈴鹿
中部電力 NTTドコモ
7 FULL TIME 66
0 前半 33
7 後半 33
勝点
0
詳細
(PDF)
勝点
5

マッチレポート

中部電力のキックオフで試合がスタート。NTTはSOリアン・フィルヨーンを中心にゲームを優位に進めていく。前半7分、敵陣ゴール前10mラックから右に出たボールをフィルヨーンがDFラインを破りトライを決めた。一方、中電はなかなかブレイクダウンを制することができず、ラックでのペナルティーが目立った。前半は終始NTTがゲームの流れをつかみ、連続的に得点を重ねていった。
前半は33-0とNTTリードで終了した。

後半はスタートから立て続けにNTTがトライをとる。後半開始直後のキックオフボールを、WTBジョセファ・リリダムが華麗にキャッチ。そこからスピーディな展開で一気にトライまでもっていった。その後もNTTはFWとBKの統率のとれた攻撃を継続し、リードを広げていった。

c01i0197

しかし試合終盤、中電も粘りをみせた。後半36分、中電は敵陣ゴール前5mの左ラインアウトからモールを形成。中電はそこから粘り強くラックサイドでの攻撃を仕掛ける。NTTも必死のDFをみせるが、最後は途中交代で入った右PR山森達也がトライを決めた。一矢報いた中電であったが、これがこのゲームでの唯一のトライとなった。試合は66-7とNTTが勝利した。

a55w1547

一試合を通じてNTTがスクラム、モール、ブレイクダウンとあらゆる場面で中電を圧倒し、ゲームを有利に進めた。一方中電は、ブレイクダウンで激しいファイトをみせるものの、NTTに地力の差を見せつけられた結果となった。

(文責:水谷真也 伊藤栄紀 広報担当:徳岡毅也)

フォトギャラリー

2016年10月22日(土) 中部電力 対 NTTドコモ 撮影:木原豊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

LINE_800

8月26日(土)
NTTドコモ
クボタ
豊田自動織機
19
:
00
ヤマハ発動機
トヨタ自動車
17
:
00
近鉄
神戸製鋼
サニックス

8月18日(金)
神戸製鋼
NTTドコモ
近鉄
豊田自動織機
トヨタ自動車
ヤマハ発動機

—>

ページ上部へ戻る