12月10日(日) 第1節 日野自動車 27-10 三菱重工相模原

C01I0269
トップチャレンジリーグ 2ndステージ 第1節
日野自動車 VS. 三菱重工相模原

2017年12月10日(日) 11:30キックオフ グラウンド:三重交通Gスポーツの杜 鈴鹿
日野自動車 三菱重工相模原
27 FULL TIME 10
17 前半 10
10 後半 0
詳細
(PDF)

マッチレポート

風の無い晴天の中、三重交通Gスポーツの杜鈴鹿にてトップチャレンジリーグ2ndステージAグループ第1節が行われた。1stステージ2位の日野自動車レッドドルフィンズ対3位の三菱重工相模原ダイナボアーズとの1戦。2位の日野自動車は1stステージのアドバンテージポイントが2点、3位の三菱重工相模原は1点が与えられている。1位で通過したHonda HEATには3点が与えられており、トップチャレンジリーグ1位自動昇格をかけ、どちらにとっても負けられない重要な1戦となる。
A55W0674
三菱重工相模原のキックオフで試合開始。開始2分早速スコアが動く。日野自動車のハイタックルから三菱重工相模原が敵陣深くでラインアウトを獲得。そこからFWが押し込み②安江がトライ。⑩ホーキンスがGKを決め、三菱重工相模原が主導権を握るかと思われたが日野自動車もすぐさま反撃。9分相手陣地深くまで攻め込み三菱重工相模原のペナルティからラインアウトを獲得。モールを組みそのまま右サイドに⑦佐々木がトライ。⑩クリップスがGKを決め、7-7の同点とする。

C01I0694

次にスコアが動いたのは17分。三菱重工相模原が敵陣22m付近中央でペナルティを得るとPGを選択。⑩ホーキンスが冷静に決めるもその5分後、今度は日野自動車が敵陣22m中央付近でPGを獲得。⑩クリップスが決め、再び10-10の同点とする。両者拮抗したゲーム展開となり、どちらも敵陣深くまで攻め込むも互いに決め手を欠きトライまで結びつかない。しかし29分日野自動車⑮田邊が右サイドを駆け抜け大きくゲインすると、すぐに左に展開し⑩クリップスが中央にトライ。GKも決め17-10とする。またハイタックルのペナルティで三菱重工相模原⑪中濱がシンビンとなる。前半ロスタイム再び日野自動車が敵陣深くまで攻め込むも三菱重工相模原の執念のディフェンスで取り切れずそのまま前半終了となる。
C01I0605
後半出だしも両者拮抗したゲーム展開となる。後半13分には日野自動車がスクラムでペナルティを獲得。敵陣深くでラインアウトを獲得しモールを組むも取り切れない。日野自動車はその後何度もゴール前まで攻め込むも三菱重工相模原がターンオーバー。スコアが動かないまま20分が経過する。試合が動いたのは22分。

C01I0889

三菱重工相模原⑪中濱が故意の反則で2回目のシンビンで退場となり、日野自動車⑫ニコラスがPGを成功させる。25分には日野自動車㉓ギリ-スが自らキックしたボールをインゴールに押さえトライ。数的有利となった日野自動車がたたみかける。終盤三菱重工相模原が意地を見せ敵陣ゴール前まで攻め込む時間帯もあったが取り切れないまま、27-10日野自動車のリードでノーサイドとなった。

C01I0862

勝利した日野自動車はトップチャレンジリーグ1位自動昇格に向けて2ndステージ好スタートを切ることができた。

(文責:伊藤栄紀)

フォトギャラリー

撮影者:KRPU 萩原康夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

NZU2018

STORES800x600

LINE_800

ページ上部へ戻る