1月9日(金) 第45回全国高等専門学校ラグビーフットボール大会 仙台高専・名取 50-0 奈良工業高専

1月9日(金) 第45回全国高等専門学校ラグビーフットボール大会 仙台高専・名取 対 奈良工業高専

2015年1月9日(金) 13:00キックオフ グラウンド:神戸総合運動公園ユニバー記念競技場補助グラウンド
レフリー:河野哲彦
アシスタントレフリー:岡田欣久 / 坂平誠 / 落田佳宏
仙台高専・名取 奈良工業高専
50 FULL TIME 0
28 前半  0
22 後半  0
 詳細(日本協会)

◎レポート
寒風吹き荒む、曇天の神戸ユニバー競技場補助グラウンドでの決勝戦は、風下に位置した奈良高専の先蹴でゲーム開始。開始早々、攻守に出足鋭いプレッシャーをかけ続ける仙台高専は、4分奈良高専ゴール前のモールを押し込みNO.8原がT(G成功7-0)。劣勢の奈良高専も次第にボールが繋がるようになるが、肝心な場面でノックオンやキックミス等ケアレスミスが続き、リズムに乗れない。膠着状態に陥るかと思われた17分、仙台高専はラインアタックから揺さぶり、最後はFB15遠藤が、相手DF間を巧みにすり抜けT(G成功14-0)。セットプレーでも優勢となった仙台高専は22分、連続ラックからHO2尾形が左中間にT(G成功21-0)。26分にはWTB11簡野がT(G成功28-0)と、前半で大量リードを奪う。

後半、風上に立った奈良高専だが、キックを巧く使えず、相手陣深く攻め込めない。45分奈良高専陣ゴール前ブレイクダウンでのこぼれ球を、仙台高専PR3末永が拾って走り切り、右隅にT(G不成功33-0)。奈良高専も幾度と無く相手陣ゴール前まで迫るが、仙台高専の堅守にゴールを割れない。一方の仙台高専は55分FL6氏家、60分LO5笹木、69分にはPR3末永→SO10清野と繋いでT、最終スコア50-0の完勝で仙台高専・名取が2年連続12回目の優勝を飾った。決勝戦を観る限り、フィットネスに関しては点差程の実力差は無かったが、要所での集中力で仙台高専・名取に一日の長があった。

(両校監督コメント)
○ 仙台高等専門学校 柴田尚都 監督
素直にうれしい、「いつでもどこでも100%」といい続けていたので、そのとおりやってくれた、優勝もプロセスの一つなので、いつもグランドで練習しているように気負いもなくプレーしてくれた。昨年度から2名しか抜けていなくて、言い換えれば2年間同じチームで強化してきたようなもので、それが結果に出たとも思う。

○ 奈良工業高等専門学校 森弘暢 監督
うちがやろうとしていた展開ラグビーをさせてもらえなかった、相手はフィジカルが強いのはわかっていたが、それに加えて予想以上にDFが前に上がってきた。フィジカル面を鍛えなおして、基本からやり直して来年に向けてやっていく。

(記事:廣島治、北畑幸二 写真:北畑幸二 広報担当:廣島治)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

9月14日(土)
ムロオ2019関西大学A
関西学院
立命館大
ムロオ2019関西大学A
近畿大学
京都産業
9月15日(日)
ムロオ2019関西大学A
大阪体育
同志社大
ムロオ2019関西大学A
天理大学
摂南大学

ページ上部へ戻る