1月4日(金) 全国地区対抗大学ラグビー大会 名古屋学院大学 26−20 大阪国際大学

第69回全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会 準決勝名古屋学院大学 vs 大阪国際大学

2019年1月4日(金) 14:00キックオフ
グラウンド:パロマ瑞穂ラグビー場
名古屋学院大学 大阪国際大学
26 FULL TIME 20
7 前半 12
19 後半 8
詳細
(日本協会公式)

マッチレポート

穏やかな冬空の下、名古屋学院大学のキックオフで試合が始まった。
名古屋学院大学は、グラウンドを大きく使い、左右へボールを展開する。対して大阪国際大学は、縦への強さで前進を図る。
お互い持ち味を出し、相手ゴール前まで前進するも、決め手を欠きしばらく膠着状態が続いた。

05-1-IMG_1390試合が動いたのは前半27分。
大阪国際大学は、連続攻撃で着実に前進し、バックスへ展開すると、⑫立石が抜け出し、⑭高田に繋いでトライ。0−5と先制した。
大阪国際大学は、前半32分にも、力強いフォワードの突破でゴール前まで攻め込むと、最後は⑬的場にわたりトライ、ゴールも決まり、0−12と差を広げた。

04-1-IMG_1358
反撃に出たい名古屋学院大学は、終了間際の前半40分、相手のキックから⑮鈴木がカウンターで相手を次々とかわしながら70mを走り切りトライ、ゴールも決まり7−12とした。そのまま前半が終了。

後半は名古屋学院大学が勢いを取り戻す。
後半5分、中盤からのバックス展開で大きく抜け出すと、⑪吉川が飛び込みトライ(ゴール成功)、14−12と逆転する。
さらに後半15分には、相手ペナルティからキックでゴール前まで前進すると、ラインアウトモールから⑨牧山が持ち出し、⑮鈴木に繋ぎトライ、19−12と追加点をあげた。
勢いに乗った名古屋学院大学は直後の後半17分、自陣からバックスへ展開すると、⑮鈴木が大きくゲイン、パスを繋ぎ、最後は⑬海野がトライ(ゴール成功)、26−12とさらに差を広げた。

23-1-IMG_1792
これ以上離されたくない大阪国際大学は、縦への強さを生かした連続攻撃でゴール前まで攻め込むと、後半23分、⑧下がラックサイドを力でこじ開けトライ、26−17と差を縮めた。
さらに大阪国際大学は、中盤で得たペナルティからゴールを決め、26−20と迫る。
残り時間が少なくなる中、逆転を狙う大阪国際大学は、ボールを獲得すると怒涛の攻撃でゴール前まで迫るも、名古屋学院大学の必死のディフェンスで、得点まで至らない。
そのままノーサイドとなり、前年度優勝校の名古屋学院大学が接戦をものにした。

33-1-IMG_2172

(文責 山下岳)

フォトギャラリー

■撮影者:清水良枝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

9月14日(土)
ムロオ2019関西大学A
関西学院
立命館大
ムロオ2019関西大学A
近畿大学
京都産業
9月15日(日)
ムロオ2019関西大学A
大阪体育
同志社大
ムロオ2019関西大学A
天理大学
摂南大学

ページ上部へ戻る