1月2日(水) 全国地区対抗大学ラグビー大会 名古屋学院大学 76-31 札幌大学

第69回全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会 1回戦IMG_2529名古屋学院大学 vs 札幌大学

2019年1月2日(水) 13:20キックオフ
グラウンド:パロマ瑞穂ラグビー場
名古屋学院大学 札幌大学
76 FULL TIME 31
34 前半
42 後半 26
詳細
(日本協会公式)

マッチレポート

名古屋学院大学のキックオフで開始された。
前半2分、名古屋学院大学は素早く展開しゴール前まで攻め込むと、連続攻撃から最後は④竹内が飛び込みトライ、開始早々に5-0と先制した。
さらに前半4分、名古屋学院大学はスピードのある攻撃でボールを展開すると、⑮鈴木が抜け出しトライ、コンバージョンも成功し、12-0とした。
勢いに乗る名古屋学院大学は、前半12分、フォワードの強さを生かし、ゴール前のスクラムを押し込み⑧宮城がトライ、17-0と差を広げた。
その後も名古屋学院大学ペースで試合が進み、前半15分に⑮鈴木がトライ、前半28分にも⑧宮城がトライ(コンバージョン成功)を、さらに前半33分、⑫新宅がトライをあげ、34-0とした。
追いつきたい札幌大学は、前半終了間際の37分、相手の反則からキックでゴール前まで前進すると、ラインアウトモールを押し込み、②古谷がトライ、34-5と得点をあげた。
そして、そのまま前半が終了した。

後半も名古屋学院大学のペースで始まり、開始早々の1分⑮鈴木、4分に⑫新宅と立て続けにバックスがトライ(コンバージョン成功)をあげ、48-5とした。
反撃したい札幌大学は、後半8分、中盤からのバックス展開で抜け出すと、次々とパスを繋ぎ、⑪萩原が走り切りトライ、48-10とした。
しかし、名古屋学院大学の勢いは衰えず、後半13分⑭征矢野、16分に⑬海野と連続トライ(コンバージョン成功)、62-10と差を広げた。
後半21分に札幌大学⑧加藤がトライ(コンバージョン成功)をあげると、名古屋学院大学は後半27分に⑮鈴木が、さらに、後半30分には、⑭征矢野がトライ(すべてコンバージョン成功)し、互いにトライを奪い合う展開となり、76-17となる。
その後、札幌大学も意地を見せ、後半36分に⑨澤田が、後半40分に⑦細田とトライ(コンバージョン成功)重ねるも、ディフェンスで粘りきれず、最後は76-31で試合終了。
前年度優勝の名古屋学院大学が危なげなく勝利した。

 (文責 山下岳)

フォトギャラリー

■撮影者:清水良枝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程



関西セブンズ 社会人・クラブの部

1回戦
10:00 中部電力 52-0 三島クラブ
10:20 ユニチカ 17-28 愛知教員クラブ
10:40 JR西日本 24-12 芦屋クラブ
11:00 大阪ガス 24-19 六甲ファイティングブル

2回戦
11:50 三島クラブ 0-52 ユニチカ
12:10 芦屋クラブ 10-36 六甲ファイティングブル

準決勝
12:30 中部電力 24-12 愛知教員クラブ
12:50 JR西日本 26-17 大阪ガス

5位決定戦
14:20 ユニチカ 5-28 六甲ファイティングブル

3位決定戦
14:40 愛知教員クラブ 26-19 大阪ガス

決勝
15:00 中部電力 19-12 JR西日本

関西セブンズ 大学の部

1回戦
10:20 IPU環太平洋大学 31-10関西大学
10:40 大阪体育大学 5-48 摂南大学

2回戦
11:00 近畿大学 31-36 関西学院大学
11:20 京都産業大学 14-19 同志社大学
11:40 天理大学 44-7 IPU環太平洋大学
12:00 摂南大学 31-12 立命館大学

プロップセブンズ
12:30 レッド 19-15 ブルー

準決勝
13:10 天理大学 12-33 関西学院大学
13:30 同志社大学 29-19 摂南大学

エキシビジョンマッチ
14:00 近畿大学 47-19 立命館大学
14:20 京都産業大学 29-7 関西大学
14:40 IPU環太平洋大学 27-5 大阪体育大学

決勝
15:10 関西学院大学 21-26 同志社大学

ページ上部へ戻る