11月30日(日) 第7節 関西学院大学 33-13 京都産業大学

AS3I4318

関西大学Aリーグ 第7節

2014年11月30日(日) 14:00キックオフ グラウンド:京都市宝が池公園運動施設球技場 入場者数:3280 天候:晴れ/無風
レフリー:落田佳宏
アシスタントレフリー:杉戸大樹 中嶋拓哉 川道雄太
関西学院大学 京都産業大学
33 FULL TIME 13
12 前半 6
21 後半 7
詳細(PDF)

◎マッチサマリー

開幕6連勝の関西学院大学とこれまで5勝1敗の京都産業大学との優勝を決する一戦。多くのファンが見守るなか、快晴の宝が池球技場にて14時関学大のキックオフでゲームが開始した。序盤、京産大はエリアをしっかり確保し相手陣で反則を誘う展開、10分にゴール前15m右中間でPGを狙うが、残念ながら失敗。しかし、13分にゴール前15mほぼ中央のPGを⑭森田慎也が決め、0-3と先制する。

京産大の固いDFになかなか相手陣深く入り込めない関学大だが、17分22m付近まで攻め込んだところで相手のラインオフサイドを誘い、アドバンテージの合間に⑩清水晶大がインゴールへ長身の⑬金尚浩に合わせてハイパント、転がったイーブンボールを⑤原田陽平が押えてトライ、5-3と逆転に成功する。この後もエリア、ボール支配とも京産大が上回るが、関学大の組織DFに阻まれゴールラインは割ることができない。

一方の関学大は少ないチャンスをものにする。25分に相手陣ゴール前左L0でモールを押し込みキャプテン⑦鈴木将大が右中間にトライ、⑨山戸椋介がゴールを決め12-3と引き離す。その後29分に京産大⑭森田がPGを決め12-6となり、そのまま前半を終える。

 

後半、ビハインドの京産大は何としても先に点が欲しいところだが、逆に関学大が7分に⑧徳永祥尭のビッグゲインのあと相手陣22mラックから出た球を走りこんできた⑭中井剛毅に⑩清水が内に返し、⑭中井が走り切って左中間にトライ。11分には⑬金のビッグゲインからチャンスをつくり、ゴール前10m左中間ラックから出たボールを、⑨山戸からこれも走りこんできた⑪中野涼にショートパス、一人引きずってゴールポスト下にトライ。17分には⑩清水が30mを超えるロングパスを大外の⑭中井に通し、そのまま走り切ってトライ、すべてゴールも決まり33-6と引き離す。

だが、京産大も意地を見せる。27分にFW・BK一体となって右に左にミスなくパスをつなぎ11フェーズ重ねたところで⑧高田薫平がゴールポスト下に飛び込みトライ、33-13と迫るがスコアが動いたのはここまで、この後両校とも一進一退の攻防を見せたがノー・サイド。関学大の5年ぶり10回目の優勝が決まった。

MOMには、前節に引き続き、司令塔として多彩な攻撃を仕掛けた⑩清水が選ばれた。シーズン前予想に反して大健闘しリーグを盛り上げた京産大の基本に忠実な愚直なラグビーに対して敬意を表したい。また、一戦一戦を戦うごとに攻守に安定感が増してきた関学大、チームとしての一体感を感じた。両校の大学選手権での活躍を期待する。

 

【関西学院大学 野中孝介 監督】

タフな試合になることを予想していた。前半は京産大の素晴らしいDFの前に苦しみ自分たちのテンポの速い展開をさせてもらえなかったが、ハーフタイムで修正し後半テンポを上げ勝利できたことは本当によかった。全勝優勝と言う高い目標を掲げ、それを成し遂げた学生たちは本当に素晴らしく誇りに思う。大学選手権では関西代表として恥じないプレー、そしてテンポの速いラグビーで全国の皆さんに勇気と感動を与えるようなプレーをしたい。

 

【関西学院大学 鈴木将大 キャプテン】

5年ぶり関西制覇、それも全勝で果たすことができて非常に嬉しい。この結果は部員全員が一人も下を向かず、目標に向かって「ひとつ」になって進んだ結果だと思う。また、5年間のOBの想いが詰まった優勝であると思う。大学選手権でも目の前の試合に集中し、このチームで一日でも長くラグビーができるよう一戦一戦を頑張っていきたい。本日は本当にありがとうございました。

 

(記事:高橋茂治 写真:小巻真司 広報担当:酒井達博)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要試合日程

関西大学春季トーナメント
1回戦
大阪体育大学 12-63 立命館大学

京都産業大学 38-29 近畿大学

天理大学 74-5 摂南大学

同志社大学 69−0 関西学院大学

2回戦
5月19日(日)
14:00K.O.
天理大学 43-12 同志社大学

ページ上部へ戻る